04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

とどまることなかれ

2017/02/08
新年に書こうと思っていた記事が、今頃になってしまいました。

そこで立つ春に寄せてということにして書かせていただきます。
恋愛・結婚とはあまり関係ありません。
春にもあまり関係ございません(笑)


苦しんでいる人たちの中には、「逃げるのは悪いこと」と思っている人がいます。
けっこうな確率でいます。

とくにモラハラだのパワハラだの受けている人達です。
被害者の人たちは基本まじめなので、極限まで耐えてしまったりします。

日本の教育の問題もあると思いますよ。
あるべき姿を要求され、それに従うように教育されます。
自分の頭で考えず、上の言うことに従うことを求められます。
そういう子供がいい子、です。
人と違うことをしたり、反発する子は悪い子、です。

そういう教育を受けた私達日本人は、つい、極限まで
そうあるべきと求められる場所に
とどまってしまうのです。

パワハラを受けている職場や
モラハラを受けている家庭などに。

理由としては
まず1つめ。世間体が悪いから。
そして2つめ。新しいところでやっていく自信がないから。
あるいは今以上によくなる自信がないから。

1.世間体と、2.悲観。

この2つを見ると、日本の教育の賜物だな~と思いますね。

日本人は本当に世間の価値観に従順です。そして悲観的。
その根本にあるのは、自分への自信のなさです。

日本の教育は、自己否定感を植え付ける傾向があります。
そのままのあなたじゃだめ、もっと頑張らなくてはだめ、と。
つまりありのままの自分を否定することをベースにしています。

だから、今の場所を捨てて新しいところに羽ばたく自信も持てません。
もっと違う世界があって、そこでも自分はやっていけるのだという
心理学的に言うと、自己効力感(やれるという気持ち)が育てられていないのです。

だから自分の健康や、下手すると命までも犠牲にして
良い会社や高収入の夫のもとにとどまろうとします。

もちろん、驕らないこと、謙虚さは美徳の一つです。
でも、自分を苦しめている場所から逃げられない自信のなさは
謙虚というのとは違いますよね。

私は、逃げられない人に足りないのは、自信ではなくて
勇気だと思います。

自信は、確かに長年の成育歴(親の態度)や教育の結果ですから
すぐに身につくとは思いません。

しかし、勇気、ならばそれよりもっと短い時間で身につくはずです。

いわゆる、清水の舞台から飛び降りる。
バンジージャンプでもいいです。(笑)

これはある種、一瞬の勇気です。

エイヤッ

というやつです。

別の言葉で言うと、決断、です。

自信がなくても勇気は出せる。

自信がなくても決断はできます。
(とにかく決めてしまう)

1.世間体がなんだっていうんだ、と思う勇気
2.なんとかなるさと飛び出す勇気

今極限まで来ているのに逃げ出せないと思っている人
世間体悲観、この2つと戦っていただきたいですね。

必要なのは勇気であって自信ではありません。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
11:19 人の心理 | コメント(1) | トラックバック(0)

結婚相手の選び方2

2016/12/16
大変ごぶさたしておりました。最近の挨拶といえばこればっかりですね。
それでも読んでいただいてる方がいるのは有難いことです。

これも前も書いたかな?というような内容ですが
結婚相手の選び方その2です。


よく、結婚相手は、冷静に頭で考えて選びましょう、と言われます。
その場の感情(パッション)に流されるのではなく
一生ともに生きていくパートナーとして冷静に。

パッションで選ぶと失敗しやすい。
これもまた真実です。
情熱はいつか消えます。

このことがあまりにも明らかなので、冒頭の説が信憑性を増します。
つまり、情熱は冷めるのだから、それ以外を冷静に判断するのが正しい、
と言われるわけです。

冷静な判断は、もちろん必要な場合もあります。
愛しているからといって無収入の男性はどうか、とか。

しかし私はその「冷静な判断」というものもかなり疑っています。

例をあげます。
(特定されないように書いています)

情熱はいつか冷める、だから、自分や家庭を大事してくれる人
ということを最優先して、「優しい人」を選んで結婚したA子さん。

ところが、結婚してみると優しいというより優柔不断なだけで
家事は彼女がどんどんやってしまうものだから任せきりで感謝の言葉もないのです。
結局唯一の魅力だった「優しさ」は消え去り、今は、なぜこの人を選んでしまったのか
という自問自答の毎日です。

優しさは、お付き合いの間だけの彼の演出だったのかもしれません。
また、A子さんが、彼の優しさを結婚後は引き出すことができなかったという側面もあります。
なぜなら、A子さんは好きという感情がなく結婚したものですから
相手から一方的に優しさを与えられることを求め
求められるだけの彼は、優しさを出し惜しみするようになり悪循環に陥ったというわけです。

彼女は家事は立派に完璧にやりました。
だからこそ、彼の態度が許せなかったのです。

話はそれますが、家事をきちんとやりたい女性が間違っていることが一つあります。
それは「家事を立派にこなしていれば良き妻として夫から大事にされる」という考え方です。

・家事は完璧だけれどもいつも不機嫌な妻
・家事は完璧ではないがいつも笑顔の妻

どちらがよいでしょうか?
夫の気持ちがわかりにくいなら、妻を母親に置き換えてもいいかもしれません。
あなたが子供なら、どちらのお母さんに家にいて欲しいですか?


話がそれましたがA子さんの話に戻ります。

もし彼女も、彼への情熱があったら
二人の生活そのものに喜びを見出したでしょうし
思いやりを求めるだけでなく与えることもできたのではないでしょうか。

まあ、本来の性格にもよりますが、
あまり好きでない相手と結婚した場合、相手に思いやりを持ちにくくなり
そのくせ相手には多くを求め、結果として関係がうまく行かなくなります。

性格で選んだから大丈夫、と思っても意外な落とし穴があるものです。


もう一つの例。
経済的条件で夫を選び、専業主婦になったB子さん。

年収が高いと思って結婚したのに、夫に家計を管理されて
渡される生活費はごくわずか。
ちょっとした買い物にも夫の許可がいり
使いすぎるとイヤミを言われる。
などなど。

これもよくあることですが、お金を持っているからといって
お金におおらかとは限りません。
お金持ちが非常な吝嗇家という場合も少なくありません。

それに、生活の豊かさと、経済の豊かさは必ずしも比例しません。

頭で冷静に選んだとしても、その条件が期待外れのことがあります。


もちろん、パッションで選んで失敗することもあるでしょう。

今回は、頭で選んでも失敗することがあります、という例でした。

頭で選んでも、パッションで選んでもダメならどうしたらよいか!
男を見る目がない、と思う人はどうしたらよいか!

最近の私の答えの一つは、ありきたりですが、幸せな結婚をしている
自分よりできれば10歳以上年上の同性に相談しなさい、ということです。
できるだけ、はっきりと物を言ってくれる人がいいと思います。
多くの場合、誰かに相談したところで、お茶を濁されて終わりですが
まれに親切な人が辛辣な意見を言ってくれます。
自信がない人は、辛辣な意見を言ってくれる人を大事にしたほうがよいでしょう。

クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


00:27 婚活 | コメント(5) | トラックバック(0)

恋人から妻になるには

2016/09/16
前回の記事を読んで、恋人から、妻になれない、という場合について
書いてほしいという要望がありましたので、ちょっと考えてみます。

ここでも何回か個別にお答えしてみたり、書いてきたような気もしますが
今改めて考えてみると、友達から恋人になるよりも
恋人から妻になるほうが確率的には高いと思います。

未婚の人にしてみれば、結婚のハードルはあまりにも高い。

だから恋人から妻へ、というのは果てしない道のように思えるでしょう。

しかし、可能性として、こんな数字で考えてみてください。
科学的根拠はないですが(笑)

片思いをしている女性100人 Aグループ
恋人がいる女性100人 Bグループ

がいたとします。
Aグループで片思いが成就する可能性と
Bグループで結婚が成立する可能性と
どちらが高いと思いますか?

直感的に、Bグループだと思いませんか?

ないところから恋愛感情を生み出すことはできません。
恋愛感情は人の意志でどうこうできるものではないからです。
ところが、結婚はどうですか。
これは人が決断すればできるものです。

つまりAは自然のものを求め
Bは人工的なものを求めているのです。
Bのほうが、自然発生的なものより期待できませんか。

恋人になるより妻になるほうが簡単そうだとわかったところで
恋人にはなれたあなたが、なぜ妻にはなれないか。
ハードルが高いか。

いくつか理由があると思います。

1つには、もともと結婚を前提としないような付き合いだった。

・男性の年齢(若い頃はどうしてもこうなります)
・男性のタイプ(とっかえひっかえするようなタイプ)
・男性の愛情がそれほどない

このいずれかであれば、自分も結婚を意識しないで付き合うしかないでしょう。
まあそれでも付き合っていくうちに結婚へ転ぶ可能性もゼロではないと思いますが。


2つには、付き合っていって結婚したいと思わせるほどの魅力が女性にない。

これは一概にはどうい点かとは言えず、男性のタイプによって様々なことが考えられます。
一般に、下記のような女性の態度は、男性の結婚への気持ちを萎えさせます。

・依存的、束縛的
・口うるさい(結婚後が想像つく)
・だらしない
・思いやりがない
・一緒にいて楽しくない、癒されない

その男性がイメージする結婚生活に合わないと思われてしまう女性は不利ですね。
一部の男性の場合、非常に即物的に、女性の見た目や年齢が
自分の妻のイメージに合致しないと言う人もいます。


3つには、男性が結婚プレッシャーに強い。

多くの男性は、なんだかんだ言いながらも世間からの、あるいは恋人からの
結婚へのプレッシャーに折れて結婚します。
もともとする気があった人が時期が早まる、という程度かもしれませんが。
なかなかしない男性は、この圧力をあまり気にない人々です。


ざっくりと考えれば、恋人から妻になれない理由は上の3つです。
今日考えたところでは(笑)

ですから、妻になりたければ、それの逆を行けばいいわけです。

1つには、結婚を考えられるような年齢と、まじめさのある人と、まじめな付き合いをする。
2つには、相手にとって結婚をイメージできるような、よい恋人である。
3つには、上手にプレッシャーを与える。

書きだしてしまうととても簡単に聞こえ、友達から恋人になるより圧倒的に楽な気がしてきます。
この3つをクリアしたら、すぐにも結婚できそうな感じです。

そんなに簡単じゃないと思われる方も多そうですね。
でも、簡単じゃない場合は、この3つの、どれかがクリアされてないんだと思います。
とくに難しいのは2つめです。

親友に接するように優しく思いやりを持って
彼のよさを褒めたり、がんばりをねぎらう。
かといって尽くしすぎず、言いなりにはならず
自分の大切なものは譲らず大切にする。

いつもではないが時にはわがままを言い
相手のわがままを時には受け入れる。
ただし基本、自分のありのままで、ありのままの中のよい部分を出していく。

ということが大切かと思います。
漠然としていて巷にありふれたアドバイスと同じでしょうかね。

私の思う大事なポイントは最後に書いた、ありのまま、の部分です。
ありのままを忘れてしまい、結婚したいがために無理をすると
相性の悪い人と結ばれてしまうことがあるので用心しないといけません。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



23:17 恋愛 | コメント(1) | トラックバック(0)

脈の判定法

2016/08/07
いつの間にか季節は真夏です。
夏にふさわしいかわかりませんが、今回はときどきある相談について書きますね。

恋愛相談のうち、自分の望み通りの親密さになかなかなれない、というものがあります。

友達から、恋人になれない
恋人から、妻になれない

今回は、最初のほう、恋人になれない、という場合についてお話します。

一緒に食事したり、お出かけしたりする。
それなりに近しい関係ではある。
だけど、恋人ではない。

いずれ付き合いたいとあなたは思っている。
だけども、その先にはなかなか進まない。

いわゆる片思いですね。

まあこれが、高校生大学生なら、このあと進展する可能性はあります。
なぜなら、彼らはこれから先、環境も、考え方もまだまだ変化するからです。

しかし、お相手が25歳以上の男性であれば、
一定期間(3か月以上と言いたいところですが長めに見積もって半年以上)
この状態が続いている場合は
はっきり申し上げて

脈はありません。

もし、できるだけ早く恋人が欲しいと思っているのであれば
次の男性を探されることをお勧めします。

時間の無駄であっても片思いをするのも人生ですから
人生に急いでいないならば、それはそれでもありです。

よく「奥手な男性」「草食系の男性」であれば恋愛が進展しにくいのでは?
と自分の都合のいい解釈をしたがる女性もいますが
前も書いた気がいたしますが、どんなに草食であろうと
もし男性も「恋人になってもいい」と思っているのであれば
何らかの意思を示したり、行動もしないということはまずありません。

男性の意思は、言葉がなくとも行動でわかります。
向こうからも連絡がある、誘いがある、二人になったら
何等かの好意を示す行動がある・・・などなどです。

それらが一切なく、ひたすら自分から連絡したり誘ったりしているのであれば
おそらく脈はありません。

男性は、意外と、好きでもない女性から誘われたり好意を示されることが
嫌いではありません。
そういう女性を、ムゲに切り捨てない男性が結構いるのですよ。
そこは用心していただきたいと思います。

繰り返しますが、半年がんばっても相手の気持ちがわからない、という場合は
諦めて、他の人を探すことをお勧めいたします。
そういう方の、脈を判定しようとするのは、厳しいようですが
あまり意味がありません。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
22:26 恋愛 | コメント(2) | トラックバック(0)

嫉妬と優越感について【質問へのお返事】

2016/06/27
大変ごぶさたしております。
夏が近づいてきましたね。
さてさて、今回も質問へのお返事です。

| 2016/04/26 02:17 | にいただいた質問ですよ。
非公開ご希望なので、内容を簡単にまとめますね。

恋愛、結婚にまつわる女性同士の嫉妬や優越感に関する質問です。

・自分が独身のとき、幸せな同性への嫉妬心
・逆に、恋人ができたり結婚した時、独身から受ける嫉妬心
・一方で自分の中に芽生える優越感
これらとどう付き合えばいいかという点
に回答しますね。


女性の人生は多様になりました。
それでも、どうしても社会の目は恋愛・結婚の側面で女性を判断することが多いです。
「恋人がいるか」「結婚しているか」「子供がいるか」などですね。
特に、女性同士で暗黙のうちに、こういったことで比較する場面を
たしかに何度も目にしました。

社会の目、といいながら実は「女性同士の張り合いの目」だったりします。
もちろん政治家の発言にもみられるように(これが例だなんて情けないですが)
女性一般にたいして、結婚・出産に価値をおく男性も多くいます。
しかし、これらの視点は「女性一般」であり、「あなた個人」への目ではありません。

こういう視点で、あなた個人に目を向けるのは、男性ではなく身近にいる女性です。
自分の人生と比較するのですね。
(男性もあれこれ考えているでしょうが、もちろん自分の人生と比較することはありません)

そしてその女性は、先にあげた「社会の目」を内在化させてしまっている人達です。

つまり、女の価値は、結婚・出産である、という価値観です。

この価値観でもって自分と他の女性を比較して、優越感や劣等感にさいなまれます。

これをしない女性は、日本ではほとんどいない、と言えます。
つまりは、劣等感や優越感は多かれ少なかれ皆が持っている感情だと言えるのです。

早くも結論が見えてきました(笑)

つまり、ほとんどの人が持っている感情であるということは、
それについて思い悩んでも仕方ないということです。

人はなぜお腹がすくのだろう、と悩んでも仕方ないのと一緒です。
こちらは本能ですが、深く身についた考え方や感情は、
人間である以上、本能と同じぐらいに抵抗できないものなのです。

ですから、他人と比べて劣等感を抱くのも、優越感を持つのも
それが自分が人間である証拠ぐらいに思っておくしかありません。
他人から思われることも同じです。
状況によって、優越感を持たれたり、劣等感を持たれたりするでしょう。
そんなときは、この人も人間なんだな、と思うしかないということです。

ただ、一つ。

劣等感も優越感も裏返しの感情です。

人と比較することが強ければ強いほど、この感情が強くなります。

なぜ他人と比較するのか。

というか

なぜ他人と比較せざるを得ないのか。


それは、自分がこれでいい、という思いが弱いからですね。
日本は、「あなたはそのままで価値がある」という教育が弱いとされています。
他人と常に自分を比べて、もっと価値のある存在になるように、と教育されるのです。
だから、日本人は謙虚になる一方で幸福度も低い。

人と比べて苦しくなる場合は、自分は「日本の教育」を受けて
その通りに生きてきた素直な人間だと自分を認めつつ、
そこから脱却する努力をすることですね。
つまりは、自分はそのままで価値があると思うことです。
いきなりはなかなか難しいですが、少しずつ。

人と比べる他人に苦しめられる場合は、その人もまた「日本の教育」を受けて
その通りに生きてきた素直な人なのだ、と思うことです。
その人もあなたに見せないところで、強く劣等感にさいなまれて苦しんでいることでしょう。
劣等感は苦しい感情であり、優越感もまた劣等感という苦しい感情から生まれます。

私はこのあたりは、日本人の煩悩のようなものだと思っています。

あなたに嫉妬したり優越感を持つ女性は、この煩悩を共有する仲間なのです。

広い心で許してあげてやってください。

(なんだか心理学的ではない話になりました)


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
12:39 質問へのお返事 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。