05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

嫉妬と優越感について【質問へのお返事】

2016/06/27
大変ごぶさたしております。
夏が近づいてきましたね。
さてさて、今回も質問へのお返事です。

| 2016/04/26 02:17 | にいただいた質問ですよ。
非公開ご希望なので、内容を簡単にまとめますね。

恋愛、結婚にまつわる女性同士の嫉妬や優越感に関する質問です。

・自分が独身のとき、幸せな同性への嫉妬心
・逆に、恋人ができたり結婚した時、独身から受ける嫉妬心
・一方で自分の中に芽生える優越感
これらとどう付き合えばいいかという点
に回答しますね。


女性の人生は多様になりました。
それでも、どうしても社会の目は恋愛・結婚の側面で女性を判断することが多いです。
「恋人がいるか」「結婚しているか」「子供がいるか」などですね。
特に、女性同士で暗黙のうちに、こういったことで比較する場面を
たしかに何度も目にしました。

社会の目、といいながら実は「女性同士の張り合いの目」だったりします。
もちろん政治家の発言にもみられるように(これが例だなんて情けないですが)
女性一般にたいして、結婚・出産に価値をおく男性も多くいます。
しかし、これらの視点は「女性一般」であり、「あなた個人」への目ではありません。

こういう視点で、あなた個人に目を向けるのは、男性ではなく身近にいる女性です。
自分の人生と比較するのですね。
(男性もあれこれ考えているでしょうが、もちろん自分の人生と比較することはありません)

そしてその女性は、先にあげた「社会の目」を内在化させてしまっている人達です。

つまり、女の価値は、結婚・出産である、という価値観です。

この価値観でもって自分と他の女性を比較して、優越感や劣等感にさいなまれます。

これをしない女性は、日本ではほとんどいない、と言えます。
つまりは、劣等感や優越感は多かれ少なかれ皆が持っている感情だと言えるのです。

早くも結論が見えてきました(笑)

つまり、ほとんどの人が持っている感情であるということは、
それについて思い悩んでも仕方ないということです。

人はなぜお腹がすくのだろう、と悩んでも仕方ないのと一緒です。
こちらは本能ですが、深く身についた考え方や感情は、
人間である以上、本能と同じぐらいに抵抗できないものなのです。

ですから、他人と比べて劣等感を抱くのも、優越感を持つのも
それが自分が人間である証拠ぐらいに思っておくしかありません。
他人から思われることも同じです。
状況によって、優越感を持たれたり、劣等感を持たれたりするでしょう。
そんなときは、この人も人間なんだな、と思うしかないということです。

ただ、一つ。

劣等感も優越感も裏返しの感情です。

人と比較することが強ければ強いほど、この感情が強くなります。

なぜ他人と比較するのか。

というか

なぜ他人と比較せざるを得ないのか。


それは、自分がこれでいい、という思いが弱いからですね。
日本は、「あなたはそのままで価値がある」という教育が弱いとされています。
他人と常に自分を比べて、もっと価値のある存在になるように、と教育されるのです。
だから、日本人は謙虚になる一方で幸福度も低い。

人と比べて苦しくなる場合は、自分は「日本の教育」を受けて
その通りに生きてきた素直な人間だと自分を認めつつ、
そこから脱却する努力をすることですね。
つまりは、自分はそのままで価値があると思うことです。
いきなりはなかなか難しいですが、少しずつ。

人と比べる他人に苦しめられる場合は、その人もまた「日本の教育」を受けて
その通りに生きてきた素直な人なのだ、と思うことです。
その人もあなたに見せないところで、強く劣等感にさいなまれて苦しんでいることでしょう。
劣等感は苦しい感情であり、優越感もまた劣等感という苦しい感情から生まれます。

私はこのあたりは、日本人の煩悩のようなものだと思っています。

あなたに嫉妬したり優越感を持つ女性は、この煩悩を共有する仲間なのです。

広い心で許してあげてやってください。

(なんだか心理学的ではない話になりました)


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
12:39 質問へのお返事 | コメント(0) | トラックバック(0)

結婚したくない男性 その2【質問へのお返事】

2016/04/23
こんばんは。
九州は個人的にかかわりの深い土地ということもあり
この度の災害に心を痛めております。
今後の復興を陰ながらお祈りしています。


さて、今日は質問にお答えしますね。
もう1年前の質問になります。
大変お待たせいたしました。

| 2015/04/29 08:30 |の非公開の方です。

内容は簡単に言うと

「○○の時がくるまで結婚を待って欲しい」と
3年ほど待たされている、という方です。
長く付き合っていきたい、でも結婚はしたくないというのが本音なのか?
結婚をずるずると先延ばしにする男性への対処方について。


ということですね。

こういう場合、彼が本気で言っているのか、その場逃れのために言っているだけなのか
簡単にはわかりません。
ただ一つはっきり言えることは、

今すぐ結婚したいとは思っていない

ということです。当たり前ですが。
今すぐ、あなたという人を妻にする、という気持ちはないということですね。

男性が今すぐ結婚したくない、と思っていたり、
あと○年後に、○○した後に、と女性を待たせることはよくあります。

いろいろなケースを見てきて、感覚的に言うと

それでもいずれはすると考えているのは2割
自分でも今は決めきれておらず曖昧なのが5割
本当は結婚するつもりがないのが3割

という気がします。
根拠はありませんが。

その見極めはなかなか難しいものがあります。
究極的には、事実で確認するしかありません。

結婚は一般的に、準備などを考えると当人同士が決めてから
半年~1年ほどかかりますので
それを見越すと、質問の例で言うと、その人が2年後に決められるのか?
ということですね。

それまでどう過ごすか。

対処方法の質問ですので、どう対処するかについてお答えします。
これは、2つしかありません。

1、そのまま相手の言うことを信じて、結婚準備も含めて2年~2年半待つ。
 ここで結論が出ないようなら、またその時にどうするか決めなくてはいけません。
 引き延ばされても、ずるずる待ってはいけません。
 その覚悟で、その期間は楽しく、いい付き合いをします。
 待つと決めたら、約束の期限が来るまで、結婚の話題は、こちらからは出さなくてもいいでしょう。

2、それまで待てないと告げる。
 これは、別れることも視野に入れた選択となります。
 別れることになるか、結婚が早まるか、どちらになるかは
 相手の気持ちと、これまでの関係性次第です。
 上記の3割はこれで別れることになります。
 上記の2割はこれで結婚が早まります。
 残り5割は、わかりません。
 ただ、ここで別れることになったとしても、後悔は不要です。
 なぜなら、ここで決断できない男性は、2年後3年後もおそらく決断できないと思えるからです。
 時間が無駄にならなかったと思いましょう。
 ただ、2を選んで、別れたのにもかからわず、次に出会った女性と
 その彼が本当に、約束のタイミングで結婚するということもあります。
 その時は、縁がなかった人だと諦めてください。

相手を信じるか、信じないか。
あるいは彼が信じられる人か、信じられない人か。
おそらく、付き合っている当人が一番わかっていると思います。
その心に従って、行動を選ぶしかありません。

一般的にですが、
女性が強く結婚を望んだり、無理やり結婚に持ち込むと
その後の結婚生活に何らかの影響を落とすことがあります。
それでも結婚は結婚です。
いろんな幸せの形がありますので、自分で選び取ったことに
責任を持つことが大切ですね。

答えになりましたでしょうか。

クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
00:08 質問へのお返事 | コメント(2) | トラックバック(0)

結婚したくない男性【質問へのお返事】

2015/12/05
寒くなってまいりましたね。
これから年末年始にかけてお忙しい方も多いでしょうから
皆様体調にはお気をつけください。
さて、今回も質問にお答えしますね。

結婚したくない男性について

はじめまして。
付き合って3か月の彼(40代)についてですが、ソーシャルワーカー兼大学講師で、人に奉仕する仕事をしており、付き合う前から「自分はこのような仕事をしているので、結婚は将来も考えていない。20代のときからそのつもりで生きてきた」と言っていました。現在も同意見のようです。信念をもって生きている人なので、この意思は変わらないのかなと思います。
とても理想的な男性で、私の事をとても愛してくれています。人間性も問題なさそうです。私が結婚を望まなければ、長期間一緒にいることはできそうです。

ただ、私は30代前半なので、ずっとこのままでいいのか悩みます。

彼と結婚しなくても関係を続けて一緒にいるか、それとも付き合いたての今のうちにお別れして、別の人を見つけたほうがよいのか。

先生のお考えをお聞きできたらと思います。
よろしくお願いします。

ゆき URL | 2015/02/20 12:32 |



なるほど。
40代であれば、筋金入りの、結婚したくない男性のようですね。
これが20代30代であれば、一時的な思いか、
あるいは結婚を迫られないための逃げ口上か、
とも思いますが、40代ともなれば、まあ実際に
結婚を選んでこなかった人と言えますね。

その方は、それでは、一度も結婚をしていないのですね。
離婚歴もなし、ですね。

ただ。

>「自分はこのような仕事をしているので、結婚は将来も考えていない」

ここは気になりますね。
この方のポリシーかもしれませんが、実際のところ
こういった対人援助職の方は、結婚は早いと思います。
一般に、人とかかわることが好きな人達だからでしょうか。
心が細やかで、いい意味での女性的なタイプが多いので
結婚向き、という方が多いような気もします。

だから、本当のところは、彼の結婚したくない気持ちは
仕事とは関係ないのではないのかな?と思いました。

そしてこれ。

>「20代のときからそのつもりで生きてきた」

こっちがなんだか深みがありますね。
まるで求道者のような姿勢です。
仕事に、生涯を捧げるお気持ちなのでしょうか。
今や牧師や僧侶も結婚する時代に、大変珍しいです。
正直、私の知る援助職の男性たちに、こういう人はいません。

珍しいな、と思うとき、職業病でしょうか、私はそこに何かあるな、と思います。

しかしこの情報だけでは知る由もありません。


彼の可能性としては3つ。

一つには、何らかの事情で、本当に結婚する意思がない。………可能性①
恐らく、仕事とは関係のない事情だと思います。

もう一つは、「今は」結婚を考えられない。………可能性②
今の時代、40代で結婚する男性も多いです。
40代だからこそ、いよいよ、する、という人もいます。
芸能人だけでなく、一般人にもちらほらと。

彼が、この先本当にしないかどうか、わからないと思います。

この時点で、出会って、3か月ですね?
今後変わる可能性は、あるとは思います。
「今は」結婚する気がないのなら、待っていれば変わる可能性があります。

最後には、厳しいようですが、「ゆきさんとは」結婚を考えられない。………可能性③
これは、彼がはっきり自覚しているとまでは思いません。
ただ「結婚の意思がない」ということがこの答えです。
そうでない人に出会えば、あっさりポリシーを撤回するかもしれません。


①-③のどの可能性にかけるのか、
どういう人生を選ぶのか、
それを決めるのはゆきさん自身です。

幸せになれるのは、②のパターンですが、それがあるかはわかりません。

もし彼が、同棲したり、子供は作ってもいい、という人であれば
欧米人のように、カップルのまま子育てもできます。
「結婚」という形式にとらわれないだけ、というのならば
今、日本も「事実婚」として法的にも守られます。
ゆきさんの中での価値転換も必要だとは思いますが。

そういう形を取ることもなく、
自分が結婚したいのに結婚したくない男性のそばにいるのは大変です。
一緒にいる幸せより、満たされない苦しさが上回ることも考えられます。
彼と共に過ごすのは、相当な強さがいるでしょう。
もちろん、それでも、自分がよければいいのです。

結婚できないならきっぱり別れる、それも、一つの選択です。
しかし好きな人と、関係が良い時に別れるのも大変な勇気がいるとは思います。

そこで、現実的にアドバイスするとしたら、
ありきたりですが、「期限を決めたらどうか」ということですね。

あと、○年、この人との関係を大事にしていこう。
この人に没頭しよう、でもいいです(笑)
そして、○年後に決めよう、と。

問題の先のばしです。

もし、子供が欲しいなどの希望があれば、30代半ばぐらいがリミットになるかもしれませんね。

時間が経過すれば、おのずと出てくる答えというものもあります。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
21:24 質問へのお返事 | コメント(0) | トラックバック(0)

父親と似た男性①【質問へのお返事】

2015/11/18
またまたご無沙汰しておりますが、今回は迷子さんの質問にお答えしますね!


初めまして。どうぞよろしくお願いします。

よく女性は無意識に父親に似た男を選んでしまうと聞きますが、まさに私自身がそうで悩んでいます。

幼少の頃、父にかわいがられなかったために、甘えたい欲求は残っているのですが、男性として見ると優柔不断で内弁慶で薄情な人だなと思います。
付き合う男性は最初は心に余裕があって、きちんと自分の意見を言う大人の男に見えます。でも深く付き合い出すと父にそっくりで、なぜ早いうちに見抜けなかったのだろうと愕然とします。

父に似た男性を選ぶのを避けるようになりたいのですが、何か対策として、できることはあるでしょうか。

迷子 URL | 2015/01/30 02:27 | 編集



はじめまして。
なるほど。
父親に似た男性を選んでしまうということに悩んでらっしゃるのですね。

まずは、
>よく女性は無意識に父親に似た男を選んでしまうと聞きますが、

この点ですが、これは心理学的にはとくに根拠はありません。

余談になりますが、こういうテーマの本を出した方がいましたが、
心理学者でもなくなんだか怪しげな精神療法を行って
クライエントに訴えられて逮捕されましたね。

ただし、対人関係の基本は、早期の親子関係に影響されます。

つまりその人が、世の中でどういう対人関係を持つかというのは
幼い頃の親子関係から読み解くことができる、ということです。

対人関係は、恋人関係に限らず、友人関係、仕事関係、すべて共通です。

私は、親子関係のうち、より密度の濃い方、
多くの方は、「母親との関係」が影響していると思います。

対人関係の基礎は、多くの場合、母子関係で作られます。

迷子さんは、父親に甘えられなかったとのことですが、
母親にはどうですか?
お母さんには十分甘えられ、甘やかされましたか?

もし、母親との関係が十分に良いものであったならなお
父親と似た人を選んでしまう、と思う理由は別にありそうです。

人を見る目、というのは、いろんな要素があります。

①もともとの能力(生まれながらに鈍感な人達がいます)
②人生経験(どれだけの人に出会い、関わったか)
③思索(どれだけ考えたか。小説、映画なども参考になるでしょう)

これらの要素の積み重ねで、その人の、人を見る目が培われます。

父親に似ているかどうかは、あまり関係ありません。
見る目が培われれれば、嫌いなタイプを避けることができます。


>付き合う男性は最初は心に余裕があって、きちんと自分の意見を言う大人の男に見えます。

このあたりにヒントがありそうです。

>優柔不断で内弁慶で薄情な人

とあるのはお父さんの性質で、これを避けたいわけですね?

もっと分解してみると、
付き合う男性:心に余裕/自分の意見を言う/大人の男
お父さん:優柔不断/内弁慶/薄情
となります。

心に余裕のある態度は、一面では優柔不断と取れませんでしょうか。
自分の意見を言うということは、家でそうであれば、つまりは内弁慶です。
大人の男は、ときにクールで薄情なものです。

ということは、「一見したところ」ですでに、お父さんの片鱗があります。
具体的なところを聞いてみないとわからない部分もありますが
この表現だけでは2つの男性の性質の例に私はあまり差を感じませんでした。

お父さんと違うと思って選んでいるポイントはもっと他にありませんか?

容姿だったり、スマートな身のこなしだったり、
経済力だったり、会話力だったり、職業だったり・・・

だとしたら、男性の魅力のうち、
自分が弱いポイントに気づくことが大切です。
それが、「目くらまし」になって、
よろしくない性格の男性を選んでいる可能性があります。


父親に似ているかどうかに関係なく。

失敗しないようにするには、自分の弱点を知ることから始めるしかありません。

ちなみに、上に出ている性質のうち、一番重要なのは「薄情」というポイントです。
結婚相手として、薄情な人は避けるべきでしょう。

となると、そこを一番、見極めなくてはなりませんね。

同僚とか友達としてある程度長く付き合えば見えてくるでしょうが
たとえばお見合いなどで判断するのは大変に難しいでしょう。

上にあげた①~③で力をつけていれば短期間でわかるでしょうが
やはり、ある程度時間をかけて付き合って見ていくしかないでしょうね。
だいたい半年~1年、密な関係でいればわかるものです。
相談に来る方には、1年程度付き合って見極めることを勧めています。

自分で判断ができなければ、よいお相手を選んでいる女性に
話を聞いてもらって判断してもらってもいいと思います。
正直に言ってくれる人がいればですが。

話が少しテーマからずれた気配がありましたが、いかがでしょうか。

この質問で連想した話を次回また書こうと思います。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
00:33 質問へのお返事 | コメント(3) | トラックバック(0)

喧嘩するのは相性が悪いから?【質問へのお返事】

2015/07/07
七夕ですね。
七夕にふさわしいのかふさわしくないのか、
今日は、下記のご相談にお答えします。


相性が悪いのか?

山鳥先生こんにちは。

いつも楽しく拝見しております。
今回先生にご質問したいのは好き同士でも相性の悪いカップルはあるのか?です。

現在お付き合いしている彼は57歳。私は40歳の年の差カップルです。
年は離れていますが私にとってはかけがえのない彼であり、今まで付き合って来た恋愛相手ではとても素晴らしく、普段は穏やかで怒ることをしません。

しかし、気持ちのズレや意見の食い違いで喧嘩になると彼は感情が激しくなりとても弁が立つので、最初に怒っていた私が何も言われなくなり、彼の気が収まるまで私が謝ると彼も言い過ぎたのか、穏やかな彼に戻ります。
彼は怒りながら『いつも喧嘩になる原因はお互いの相性が悪いからだ』といいます。
喧嘩の発端は私が彼の言動で不愉快な思いをし、それを言うと喧嘩になるといったパターンが多く、私も我慢すればいいのを我慢しきれなくなり喧嘩になります。

そして最後はいつもお互い相性が悪い。
と言いながらも仲直りするとそんな事が嘘のようにまたいつもの2人に戻ります。
お互い喧嘩をするのは嫌いなので、できるだけ喧嘩のない様に相手を気遣っているのですが、喧嘩をすることは相性が悪いのでしょうか?

相性が悪ければお互いが自然に離れて行くと思うのです。

彼に相性が悪いと言われ、今後の付き合いに自信が持てなくなっています。
付き合っていれば喧嘩も時にはあるもので、喧嘩を否定していません。

普段は穏やかで優しい彼ですが、喧嘩になると激昂し彼を落ち着かせるまでが大変です。

やはり私たちは相性が悪いのでしょうか?

お時間のある時にお答え頂ければ幸いです。

ヒロ URL | 2014/08/27 14:32 |



こんにちは。
読ませていただきました。
私も、つねづね、夫婦には相性が大切、と書いています。
好き同士でも相性が悪いってことは、もちろんあります。

ただ、ヒロさんの彼が言う「相性」はちょっと違う気がしますね。
彼の「相性が悪い」という発言の意味は、単に
「ヒロさんに頭に来たから言い返したい」ということではないかと思いました。

彼はヒロさんに怒られると、何かひどく責められているように感じて
その攻めから、自分を防衛しているのです。
非難されると、自分を脅かされるように感じてカッとなる人は男女かかわらず意外と多いです。
逆に、そうじゃない人のほうが少ないかもしれませんね。

そのカッとなっている部分をなんとか説明しようとして
相性が悪い、という言葉を持ち出しているだけで
ちゃんと二人の関係を考察した結果として、「相性が悪い」と思っているわけではないでしょう。
もしかしたら、怒らない女性となら相性がいいと思っているかもしれませんが
そんな女性はそうそう存在しないし、それを彼もどこかでわかっていると思いますよ。

なので、彼の言葉をあまり真正面からとらえる必要はないと思います。

という前提の上で、お二人の相性について、ですね。

喧嘩をよくするカップルと、しないカップルがあります。

喧嘩とカップルの相性については、
・喧嘩の頻度
・その中身
・付き合い始めからの期間
などが関係しているので、一概には言えません。

相性がいいのはもちろん、喧嘩が少ないカップルですが
喧嘩するほど仲がいいという言葉がある通り
喧嘩が多いからといって、即、相性が悪いというわけでもない。

また、相性にも、正の相性(仲睦まじくいられる関係)と
負の相性(喧嘩ばかりなのに離れられない、最悪はDVカップル)があります。

私がお勧めしているのは、もちろん、正の相性ですが
不思議なことに、穏やかな関係は刺激がない、と思う人もいるのです。
トラブルが起きて、ぶつかって、仲直りする、という一連の過程が
関係を維持するために必要な人達もいます。
そういう価値観を共有している二人ならば、
喧嘩が多くても相性がいいと言えます。

なので、喧嘩しながら、一生添い遂げる夫婦ももちろんたくさんいます。
これもまた一つの夫婦の有り様です。

ただ、繰り返しますが、私が夫婦にお勧めするのは、正の相性です。
夫婦は、無駄な喧嘩は避けたほうがいいし
家庭では、負の感情より、正の感情が多いほうが絶対によいのです。

その視点で、ヒロさんたちの相性ですが、
上のほうでも書いた通り、正直、この文面だけで、良い悪いはわかりません。
書いていただいたような喧嘩の頻度が高いなら、悪い。
半年に1回程度なら、そう悪くない、という感じでしょうか。
年1回程度なら、むしろ相性はいいのかもしれません。

それより気になるのは、喧嘩の中身ですね。

>喧嘩の発端は私が彼の言動で不愉快な思いをし、それを言うと喧嘩になる①
>彼の気が収まるまで私が謝ると彼も言い過ぎたのか、穏やかな彼に戻ります②

この2点が気になります。

まず①
不愉快になったのが、どんな言動かにもよりますが、彼がヒロさんからの意見を許さない、
という人なら、少々、柔軟性に欠ける気質を感じますね。
ただ、彼の年齢的に(時代的に)、対女性に柔軟でないことも、許容しなくてはいけないかもしれません。
もしですが、ヒロさんがちょっとしたことで、相手の言動を非難している、というなら話は別です。
相手を責めるようにきつく批判的な物言いをすると、男性は反応しやすくなります。
変わって欲しいならうまく気持ちを伝えなくてはいけません。

それから②
これは、①よりも気になりますよ。
喧嘩したらつねに一方的に責め立てられ、ヒロさんが謝る一方なのでしょうか。
これも、彼の年齢も関係しているかもしれませんが、対等な関係になっていない気がします。
喧嘩は両成敗、これがカップル間もほぼあてはまります。
たとえ、あきらかにどちらかが悪くても、喧嘩にまで発展して言い合いをした場合
最後は「こちらも悪かった」とお互い反省するというのが、いいカップルのありようだと思います。
ただ、ここまでそれでやってきた男性に、大きな変化を期待することは難しいかもしれませんね。
定年後などに性格が穏やかになる男性もいますが、彼はどうでしょうか。

ヒロさんが、もし付き合うだけなら、その方との相性や、上記の問題は、特に気にしなくていいと思います。

ただ、結婚を考えているなら、相性という以前に、この①②のパターンについて
ヒロさんがどう考えるかですね。
おそらく大きな変化はないと諦め、彼の良い所だけ見ていくというのも一つ。
変化を望むなら、思っていることを、彼に伝えるのも一つです。
その場合は、彼の機嫌のいいときを見計らって「冷静に」「真剣に」言ってみてください。

「私が不愉快な思いをしても、伝えるとすぐ喧嘩になる、
喧嘩のたびにいつも自分だけが謝っている、そういう関係では私は苦しい」と。
これを告げた時、「いつもお前が悪いからだ」と言い、
また喧嘩になってしまうような男性ならば、要注意ですよ!

ただ、それでもなお、彼が魅力的で離れがたいとヒロさんが思われるならば
結論として、相性は良い、ということでしょう。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
20:32 質問へのお返事 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。