04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

婚活本のレビューのレビュー

2011/05/31

結婚相手を探す人は、「普通の人でいい」と言います。

そんな気持ちを表現したタイトルで、婚活中の方に話題の本というので

アマゾンで調べてみました。

その本はまだ読んでおりませんが。


普通のダンナがなぜ見つからない?




「普通」というのは実にハードルが高いです。

まあ、その話は別の機会にすることにして、

私が今回気になったのは、このアマゾンのレビューです。
(アフィリエイトになってますが、閲覧するだけでは私に何の特典もありませんので、お気になさらず)


レビューは6件。

読む限り、この本は婚活女性に対して役に立つ内容ではなさそうです。
(主観ですけど)

そして、私が注目したのは、6人のうち3人までもが(実に半数)
自分は既婚者であることをレビュー内で書いている!!!
しかも男性かな?

アマゾンのレビューで、個人的なことを書いているのを読んだことは
ほとんどありません。


既婚男性が、レビューを書く婚活本?
それで、すでに気持ち悪いと思いませんか。
サクラでしょうか?


サクラにしろ、そうでないにしろ、
結婚したい女性が読むであろう婚活本について
既婚男性が、既婚であることをアピールしつつレビューする。

なんなんでしょうか、この構図。

著者のマーケティング部長の関係者だとしたら
完全にマーケティングに失敗しています。


いや、

私が言いたかったのは、そんなことではなく、


独身というのは、既婚者から上から目線で説教されるような立場ではない ということです。

私は、既婚者が、独身に対して、勝者のようにふるまうことについて、まったく理解できません。


既婚は独身に対して、優越感を持つようなことではないし、

独身は既婚に対して、劣等感を持つようなことではない。


最近、何度もいいますが、そこまでして結婚しなくていいのです。

結婚は、自由です。



独身者に優越感を持たなくてはいけない既婚者の姿は

ほんとうに情けないと思います。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:38 婚活 | コメント(5) | トラックバック(0)

結婚の不思議

2011/05/24

恋人同士の関係性は、だいたい似通っています。
お互いに愛情(というより恋愛感情)で結びついているという点で。

もちろん、その情熱度は違うでしょうが、
不幸な関係だったり、愛情が皆無であれば、長続きすることはないため
バリエーションも、狭い範囲となります。


しかし、結婚生活は、びっくりするぐらいのバリエーションがあります。

結びつきも愛情関係だけではありません。
経済問題や、子供の問題や、いろんな要素が入り組んだ複雑な関係です。
恋人同士のように、簡単に別れることができないから、とも言えます。


端的に言うと、恋人同士に比べて、

幸・不幸の差が大きい。

と言えるわけです。


結婚したい独身の人々は、ここにあまり注目しません。

つまり、自分の知る男女関係は、恋人関係のみですので、
その狭いバリエーションを当てはめるのです。

「それほど悪いことにはならないだろう」と。

もっと単純に
「好きな人と一緒に暮らすのだから、不幸になるはずない」と。


結婚は不思議なものです。

恋人の関係性の知識では計り知れないほどの幅があります。



最近、わたくし結婚悲観論者になってますね。
あまりに楽観婚活が蔓延してるからでしょうか。


もちろん、恋人同士より、もっと幸せな夫婦もいますから
悲観するばかりではありませんけども。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
13:36 結婚生活 | コメント(2) | トラックバック(0)

この人と結婚すべきか

2011/05/02
ご無沙汰しておりました。
4月はメンタル業界もいろいろ忙しいです。
さて、久しぶりの記事では、結婚に関するお話です。

ときどき、

「この人と結婚したほうがいいか、しないほうがいいか」

という相談をお受けします。


もちろん、仕事の相談の中で、カウンセラーが答えを出すことはしません。
そのお手伝いはしますが。


ここでは、プライベートで相談を受けたときの話をします。

私がかつて、友人などから相談を受けた例を紹介します。


「好きな気持ちが100点満点で40点。でも仕事を辞めたいから結婚したい」という人に

⇒それはやめたほうがいいときっぱりと告げ、彼女から感謝されました。
 のちに、60点の人に出会って結婚したからです。
 50点の上か下かは大きいですね。


「この人しかいないと思うが、まだお互い若いからどうしよう」という人に

⇒そんな人にこの先出会うかわからないのだから、すぐにするべき、とアドバイス。
 相性ぴったりの2人だったはずなのに、残念ながら、数年後に離婚しました。


「出会って半年だけど、個性的な私を理解してくれた人。どう思う?」という人に

⇒確かに、その方ははとっても個性的な女性。
 それに30代半ばを過ぎていて、この先彼以上に出会う確率は低そうと計算。
 結婚を勧める。
 15年経った今でもお幸せそう。


思いつくまま書きましたが、プライベートでのアドバイスなんてこんなものです。
最終的には自分が決めるものであり、その先、どうなるか、誰にもわかりません。


とくに以前の私は、「離婚してもいいから、結婚するチャンスを生かせ」と考えていました。

まわりの女性が、あまりにも結婚しないからです。
しない後悔よりする後悔 ってことです。


しかし、最近は、「離婚するぐらいならしなくていい」のではないかと思えてきました。

中身のない、結婚のための結婚をして、すぐに離婚する人が増えているからです。
心からお互いを求めあって結婚し、結果として離婚するならまだいいのですが
結婚していないと世間体が悪いぐらいの理由で結婚して離婚するのは
本当に無駄なことです。

女性が結婚して、すぐに仕事を辞めたり、すぐに不動産を買ったりする場合はとくに
大きなリスクがあります。
とりあえず、結婚してもそれ以外の生活をあまり変化させないほうが安全です。

どうしたら、離婚しないで済むような相手と結婚できるのか。

それがこのブログのテーマでもあります。

今日はまとまりませんでしたがこれにて。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
00:40 婚活 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。