05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事:出会いもない、好きな人もいない人

2011/06/23
この記事は、だいぶ前に書いていたのに、UPし忘れています。
とても遅くなってごめんなさい。
もう見てらっしゃらないかもしれませんが。

たぶん、これで、過去記事での質問には全部お答えしてる…はず。

※改めてお知らせですが、質問は、
←カテゴリ欄の「質問はこちらへ」の記事へどうぞ。



今回は、この記事⇒結婚できない人

での質問です。


出会いもない、好きな人もいない・・・


こんな人はどうすればいいの?

ということですね。


出会いがないということについては、以前記事を書きました。


出会いがない悩み、が、なぜ辛いか。


出会いについては、厳密には私の専門外です。
たくさん、行動するしかないでしょう。


で、ここでは、好きな人もいない・・・のほうです。


年を取ると、徐々に恋をしにくくなります。
好きになりにくくなります。

これは性ホルモンの影響だと思います。

もうそんなに恋をする必要がなくなるのです。

もう一つ、性行動には、素因というものがあります。
体質といいますか、生まれながらのものです。

男性だとわかりやすいかもしれません。
性的な欲求が強く、ありていに言うと女好きで
いつも女性との接触や刺激を求める人。

素因は考え方や努力ではそうそう変わりません。

女性にも、このような素因があります。
つねに性的刺激を求める人、そうでもない人。
前者は常に恋愛をしているでしょう。

体質的なもの以外に、女性の場合は、常に誰かに頼っていたい
という、依存的な性格かどうか、も影響しますが。


恋愛をしにくい、男性にあまり興味を持てない女性というのは
簡単にいうと、そのような体質・性格なのです。

よって、あまり人を好きにならない。

その人にとってそんなに必要なものでないともいえます。

ですから、そういう人は、一人で十分なのだと思います。

そう思えないのが、常識へのとらわれ、社会のプレッシャー、世間の目
といったものかもしれません。

ペアで生きるべき、という思い込み。

自分が求めないものを、無理に求めることはないと思います。

好きな人ができないのに、無理に作る必要はないのです。


ただ、その根っこに、人嫌い、男性嫌い、男性恐怖
のようなものがあるとしたら、それは、そこに取り組んだほうがいいかも。

カウンセリングでは、取り組むことができますが、
ブログの記事で回答するのは難しいです。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
11:13 恋愛 | コメント(5) | トラックバック(0)

カウンセラーの結婚

2011/06/20
ちょっと内輪ネタですが。


「心理学を勉強したら、人の心が読めるんでしょう?」とむかしよく言われたものです。


カウンセラーは人の心がよくわかるから、いい結婚をしてる人が多いのでは?

と思っている人も多いのではないかと思います。


が、残念ながら、この職業の人も、

世間一般と大差ない結婚生活を送っているように思います。

離婚している人も多いような。


専門家ですら、自分の心や、人の心ってわかりにくいものなのです。



否。

それが、普通の人以上にわからないからこそ

この職業を選ぶ人も結構な比率でいるような気がしますよ。

ちょっと問題発言ですけどね。


人の心理に長けている人、は、むしろカウンセラー以外の職業の人に

多いのでは(比率としては)と思う今日この頃です。

フフ、ほんと問題発言ですね。



ちなみに、私が結婚しているかとか、子供がいるかとか、何歳かとか、

そのような個人的な質問については、現場でもここでも、お答えしていません。


カウンセラーは個人的属性をクライエントにあまりお話しないのが一般的です。

まあ、絶対的ルールというわけではないので、それぞれのポリシーがあるとは思いますが。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
20:17 その他 | コメント(4) | トラックバック(0)

老母たちの会話

2011/06/10
前回の記事を書いて、思い出したことがあります。

それは、高齢者が多い病院で働いていた人の話です。

彼女は、待合室での高齢者女性の話題が、ほぼ一種類であると言っていました。

子供の話。もしくは夫。

つまり家族の話。

70代以上ぐらいでしょうかね、彼女らは家族の話しかしない。


しかも、その家族の存在で、いかに自分が恵まれているかの話。

そのポイントはだいたい2つ。


1 子供がいかに自分に尽くしてくれるか(面倒を見てくれるか)

2 夫がいかに元気か(自分が孤独ではないか)


その2つが自分の存在証明。



その2つを、相手を変えてもひたすらと語り続ける。

とくに、より恵まれている(と一般的に思われる)人が、より饒舌に。


優越と劣等・・・・



それをどうこうとはあえて書きますまい。


ただ、私は、70を過ぎても、「子供と夫のこと」以外を語る

老人たちの1人でいたいと思っています。

そして、私の時代には、そんな老女が増えていて欲しいと思います。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


23:57 結婚生活 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。