06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

目標が結婚のみになっている人

2011/07/25
婚活中の人の話を聞いていると、

ときどきまずい感じになっている人がいます。


たぶん、渦中にいると、気づきにくいのだと思いますが

目標が、結婚のみ

下手すると、結婚式のみ、になっている人です。


その先に、長い結婚生活があることが、すっぽり抜け落ちています。


ですから、関係がまだ熟していない、または逆に破たんに近い状態なのにもかかわらず、


結婚、あるいは結婚式をごり押ししてしまうのです。


そんなごり押しの結果、結婚生活がうまく行く可能性は

残念ながら低いです。


しかし、渦中にいる人には、結婚(式)の先の風景が見えない。


一緒にいて、不満がつのって喧嘩ばかりしている人だけど

結婚(式)という境界を越えたら、

なんとなく幸せに暮らせる気がする・・・・

というのは幻想です。


結婚したいという欲望は満たせますが、

だからといって関係が改善するものでもありません。


結婚しても、そこには何もなく

結婚という目標を失っただけの

荒涼とした生活が残っているだけかもしれないのです。




クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:27 婚活 | コメント(3) | トラックバック(0)

女がする家族の話

2011/07/16
まだこのテーマをひっぱってます。

(6/10の記事参照ください)


まわりを見ると、家族の話をよくする人としない人がいます。

親しい間柄だと、家族の問題や、悩み事の相談など、

それなりに深いテーマだったりしますが

親しくない間柄での家族の話は、相手が興味があるジャンルの話でない以上

無難な社交的会話であると同時に、非常に退屈な話題でもあります。


例えば、息子が東京大学に入学したという話題は、

そのお子さんをよく知らず、東京大学や学歴に興味がない人にとっては、

「よかったですね」と答えるしかない、退屈な話題です。


なので、普通の感覚というか、社会性がある人は、相手にとって退屈であろう

そのような話はあまりしません。

しかし、一部の女性は、そのような家族の話題を

誰かに聞いてほしいと思ったりもします。


嬉しいことを、共有できる相手であれば、それは当然でしょうが

そうでもない人を相手にでも、話したくなるわけです。

そのような家族の話題は、いうなれば自分が「獲得したもの」についての話です。

だから、自慢話にも聞こえる。


さっきも書きましたが、その喜びを共有できる相手とならいいのです。

苦労も共有していたりして、心から、良かったね、と言ってくれる相手。


しかし、そうでない相手に対して、「私はこれを手にした」「これを持っている」と話すのは

とても下品、というか幼稚な感じがします。

少なくとも、相手が退屈な話題を平気でするという点で、大人ではないといいますか

洗練されていません。

(…とずっと思っていたのですが、こういう価値観を、女性の間で共感し合えることはマレです。洗練とは、ハイソサエティ風の暮らしをすることと思う人が多いですね)



これが欲しい、という話題は、それに比べると、もっと健全です。

ですから、私は、女性たちの恋愛の話題が好きなのです。

彼女らは、「恋人が欲しい」「結婚したい」「ああなりたい」「こうなりたい」

とは言いますが、「これも持っている」「あれも持っている」とは言いません。


心のベクトルが、目標へというか、前へ向かっています。

しかし、いまある家族の話をする人は、過去の遺産(笑)で生きています。

中年以上の男性が、酔っぱらう度に、過去の遺産(自分が苦労して成し遂げたことなど)を

繰り返し話したがるのとよく似ています。


それらは微笑ましくもありますが、やはり退屈であり

人物の小ささを感じさせる行動です。



・・・・という話を身近な人にツラツラとしていましたら

坂東真理子さん(女性の品格の人ですね)が同じようなことを語っている

と教えてくれた人がいました。

この方の本は読んだことがなく、価値観も相容れないと思っていたので

あくまで印象論ですが(笑)、ちょっと意外でした。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
16:02 結婚生活 | コメント(3) | トラックバック(0)

質問へのお返事【誠実さについて】

2011/07/04
質問欄を設けながら、お返事が大変滞っていて、申し訳ありません。

もう見てらっしゃらないかもしれませんが、

またまたお返事記事です。

※改めてお知らせですが、質問は、
←カテゴリ欄の「質問はこちらへ」の記事へどうぞ。

今回お答えするご質問は以下の通り。


誠実って?

先日、「男性の魅力」の記事にコメントさせていただいた者です。
質問欄が出来て、早速質問です。

考える方向が似ている男性と出会い、嬉しくしていました。
私が離婚暦があることも彼は受け入れてくれ、結婚を意識した発言等も聞くことがありました。出会って4ヶ月ほどです。会ったのは8回ほど。で、私の離婚暦については最初に話のついでにサラリと話す機会がありました。
彼になんで今まで独身なのか?と聞くと、一番大事にしている倫理観みたいなのが合う人がいなかったから。という答えでした。かなりこだわりがあるんんだと思いながらも、その部分が同じ感覚なので安心もしました。
で、昨日。実は結婚暦があって離婚調停中で、籍がまだ入ったままと伝えられました。しかも、子供もいると。
私は、じゃ、成立するまで会うのをやめておこうかと提案しました。彼は、何を言われても受け入れると決めて言ったのかもしれません。それも受け入れそうです。
私は、離婚が大変なこともわかります。子供が居ればなお一層大変でしょう。そして、これからもそれを背負っていくのでしょう。
私が今迷うのは、彼を信じられるか?ということです。
今の私と彼の間にある問題は、よく聞く話です。
信じますが、彼がどういう誠実な態度をとってくれるのかをよく観察したいと思います。成立するのはとても時間がかかると言ってました。
それ以外に私に何が出来ることなのか。
どうぞ、私のパートナーとなる人でありますように。
そんな願いを込めながら。

お時間のあるときに、思われることや感じられたことをお話くださると嬉しいです。
宜しくお願いします。

2011-01-31 00:28 : ローズペルシャ



【回答】

この文章だけの判断ではありますが、この男性は、正直ではない人ですが、

不誠実か、というとそうも言い切れないと思います。

恐らくローズペルシャさんを失いたくないための、嘘だったわけですからね。

このような嘘を、人はときどきついてしまうものです。

それが、人を利用したり搾取するための嘘なら大問題ですが

大事な人を失いたくない嘘なら、人間の弱さであり、愛すべき部分でもあります。

この方が、一体どちらなのか?の見極めが必要ですね。


端的に言うと、これは不倫行為ということになるのでしょうが、

私は、不倫をする男性(女性)が、すべて不誠実だとは思っていません。

ただ、誠実かどうかと、この方が、きちんと離婚を成立させて

ローズペルシャさんと結婚するかどうかは、また別の問題です。

誠実な男だから、他に愛する女性が現れたら、離婚して再婚する、というわけではないですよね。

まあ、この方は調停中ですから、そのうち離婚が成立するのではないかと思いますが。


もう一つ、離婚する男性は、女性から見て、なんらかの問題を抱えている人が多い傾向があります。

あくまで女性から見て、です。
(もちろん例外もありますが)

ですので、そこは覚悟しておいたほうがいい点です。

逆に言うと、離婚する女性は、男性から見て、なんらかの問題があったりします。
(すべての人ではありません)

同性からは、何の問題もない、むしろ優れた立派な人格と評される人が、

家庭ではうまくいかず離婚してしまうのは、

そういう理由もあります。


ですから、離婚経験者が再婚する場合は、その点においても

お互い「覚悟」して向き合ってほしいです。


もうだいぶ月日が経っているので、なにがしかの結論が出ているかもしれませんね。

お答えになりましたかしら。



一般論での相談ならばあれですが、個人的なお悩みの場合は、

タイムラグがあって、答えがまったく意味をなさなかったりすると思いますので

そこのところ、ご容赦くださいませ。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
20:43 質問へのお返事 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。