08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【勝間・香山論争】

2011/09/29
質問にお答えする記事です。


質問

いつもためになる記事ありがとうございます。
勝間和代と香山リカとの論争(?)について
先生が感じてらっしゃることを聞きたいと思っていました。
ネタがちょっと古いですけど、お時間のあるときに
答えていただけると嬉しいです。
いつも読んでますので遅くなっても大丈夫です(^o^)/
2011-06-23 11:41 : HURA



【回答】

香山さんは精神科医ということもあり、ときどき著書は読ませていただいてます。

勝間さんにケンカを売ったという本も読みました。

帯は「勝間和代を目指さない」。

これですね。

しがみつかない生き方




この本は今、手元にないので、記憶で書きます。
(適当でごめんなさいね)


勝間さんの目指すもの、というか彼女が世の女性に提案している生き方は
(以前TVで見ました)

「女性も年収600万円稼いで、お洒落して自立して生きよう」

というようなものだったと記憶。

一方、香山さんの批判は

「勝間さんの目指すものを、実行できない人もたくさんいる。
競争して勝つことを要求する社会の陰で、メンタル不全に苦しむ人がたくさんいる。
自分なりの生き方を目指せばよい」

というものだったと記憶。


さて、私の意見。


香山さんのおっしゃることはよくわかります。

メンタルヘルス関連で、真摯に仕事をする方の実感だと思います。

競争しなくていい、勝たなくていい、そこそこでいい。

そこは賛成です。

ただ一方で、勝間さんの目指すものも悪くないと思います。

女だって、頑張れば一人で生きていくぐらい稼げるんだ、という考え方。
そして誰かに依存するのではなく、自分自身の人生を楽しもうという考え方。

一人で稼いで生活できる女性は自由です。
その自由もまた、メンタルヘルスには重要なものです。


結論として、私はどっちにも真理があると思います。

私のような仕事をしている場合、前者を支持するのがまっとうかもしれません。

だけど、私は、今回はあえて、勝間さんに軍配を上げたい。


香山さんの意見は、頑張りすぎる人には非常に有効だと思います。
そういう人には、頑張りすぎなくていい、無理しなくていい、と私も言いたい。

だけど、何一つ努力も頑張りもしない人に、ただ楽な方へと流されるだけの人に
「そのままでいいんだよ」と言うことは、私は害悪だと思います。

そういう意味で、とりあえず、女性も自立を目指してみよう、という方向は
(600万円の是非はおいといて)
悪くないと思います。

香山さんは、自立なんて無理、一人で稼ぐなんて無理、という女性は
結婚すればいいと思ってるのでしょうか。
結婚がうまく行かなかったら、生活保護を受ければいいと思ってるんでしょうか。


職業柄でしょうか、香山さんは、弱者の側に立ち、弱者の視点で語ります。

それは決して悪いことではないし、そういう人が社会には必要です。

でも、その態度がエスカレートしすぎることが時に違和感があります。


例えば、この本の中でも、自分のことを「医師の仕事を辞めたらすぐに路頭に迷う弱者」
のように書いていました。
売れている本をたくさん出してる有名人の方なのに、です。
おそらく多くの資産をお持ちのはずで、路頭に迷うなんて考えにくいです。

もう一つ言うと、結婚されていた時期もその事実をあえて公表せず
負け犬(独身女性)の代表のように語っておられました。


個人的な姿勢と、意見は別に考えるべきかもしれませんが。

というか私には、勝間さん個人に関する情報があまりないので
そのあたりにおいて、批判するところがわからないとも言えますが。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:41 質問へのお返事 | コメント(11) | トラックバック(0)

質問へのお返事【愛情表現】

2011/09/20
今回、お答えする質問は下記の通り。


愛情表現

いつも読ませていただいています。
愛情表現について、山鳥さんのお考えをお聞きしたいと思います。
ブログでまた書いてください。

愛されてると感じられるか感じられないかというのは、どういう違いがあるのでしょうか。
相手の態度や言動からなのでしょうか。
それとも、自分の心の持ちようなのでしょうか。
もちろん愛されていると感じられることは幸せなことです。
ですが、あまりにも愛されているかどうか分からないと言う人が多いと思います。
私も、今回付き合っている男性から愛されていると感じられないことが悩みとなっています。
愛されている確信は、寂しさや幸せや自分の内面にとても影響することだと思うもですが・・・

2011-06-21 21:41 : まさみ



【回答】

愛されていると感じられない場合ですね。

それは、自分の側に問題がある場合と、相手に問題がある場合があります。

順番に説明していきます。

1.自分に問題がある場合。

一部の人は、愛情を受け取ることができません。どんなに愛情をかけられても
それを感じる感受性がないといいますか、それを信じられないといいますか。

それは、おそらく幼児期までの、身近な人との愛情関係に問題があったケースです。

どんな相手と付き合っても、愛情を感じられない、信じられないという場合は
これかもしれませんね。

あるいは、なんらかの理由で、自分を愛さない人ばかりを選んでしまうか。

人との距離を縮めることに、無意識で恐怖がある人は、自分を愛さない人ばかりを選ぶ
ということがあります。

Aさんからは愛されている実感があったが、Bさんには感じられない、というのであれば
これらではありません。



2.相手に問題がある場合

これは、2つにわかれます。

①愛情表現方法に問題がある場合 

こころはあっても、それを表現するのが苦手な人はいっぱいいます。
いわゆる古風なタイプの男性が、こういう感じですね。

言葉にも出せない、態度にも出せない。

でも、いざというときに頼りになったり、いつも見捨てないでいてくれる
というのであれば、その人は愛情を表現するのが苦手なだけでしょう。


②愛情がない場合

残念ながら、愛情がないこともあるでしょう。

男性から女性への、男女関係における感情には

・性欲
・恋愛感情
・愛情

があります。
男性にとって性欲と恋愛感情は(特に若いうちは)密接で、分かち難いものがあります。

愛情は、これらとは、一線があります。
性欲や恋愛感情は、時間とともに消えていったりしますが
愛情は、そう簡単に消えないものです。

しかし、夫婦は別として、独身であれば、愛情で結びついている
というカップルは少数かもしれません。

おそらく、多くは恋愛感情で結びついています。


ご質問も、もしかしたら「相手に恋愛感情があるのか不安」ということかな?


であれば、行動で判断することをお勧めします。

多くの男性は、恋愛感情が行動で示されます。

遠くでも会いに来る、何かプレゼントをしたがる、など

全体的に女性に気に入られる言動を取ろうとします。

それがないのなら、恋愛感情がないか、もしくは変わった特殊な男性ということです。

先にあげた、古風な男性も、じつは恋愛時代は頑張ったりするのです。


一般に、男性の行動は嘘をつきません。
逆に言うと、口では嘘をつけるのです。


上記のことで、いろいろ見極められませんでしょうか?



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
20:29 質問へのお返事 | コメント(1) | トラックバック(0)

男性の結婚相手の選び方

2011/09/09
前々回の記事のまたちょっと続編になります。


私の見立てでは、

女性より、男性のほうが、結婚相手の(内面の)選択において、シビアです。


女性より、人物像について、自分との相性について、冷静に判断しています。

女性ほど「結婚」に目がくらんでいないのです。

とにかく「結婚できればいい」とは思っていない。
(最近の婚活ブームで、そうでない男性も増えた気もしますが)


女性は、付き合った男性とすぐ結婚を考えますが

男性は、そうではないということは、

何人かの男性と付き合った女性ならおわかりでしょう。


女性は、意外と、デジタルに結婚相手を選んでしまいます。

学歴、年収、身長なんかを重視して、婚活している人の多いこと。

笑ってしまうぐらい、数字に換算できる条件です。

だからデジタル条件が有利な男性は、売れ残りにくい。


しかし、女性はそうではありません。

年収が高かろうが、ずば抜けて美人だろうが、結婚できない人はできない。


それは、男性が、内面を重視しているからです。


と書くと、人格とか、人柄重視、のように聞こえますが

それともまた違います。


自分が望む生活、相手に与えられる生活とのマッチングを考慮している

とでもいいましょうか。

たとえば、高収入の男性と結婚したい女性は

収入のデジタルな情報のみに注目して、

その男性が家族のためにちゃんとお金を使ってくれるか、については

あまり判断しません。

しかし、男性は、女性の消費傾向について、冷静に見ていたりします。


だからでしょうか。


女性は世間から勘がが鋭いなどとおだてられいて、

自分の選択眼に自信を持っている人も多いのですが、

結婚後に、「こんなはずじゃなかった」と離婚を言い出すのは

女性のほうが多いのです。

相手をよく見ていない証拠の1つのように思います。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
20:53 婚活 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。