12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【女性の残酷さについて】

2012/01/31
今回は、この記事 への質問にお返事してみます。

今回、コメント欄からピックアップしましたが、
もし今後質問したいかたがいたら、

こちらの記事 のコメント欄に書いてくださいませね~

埋もれてしまいますため。


【質問】
いつも楽しく拝見させていただいております。
勉強になります。

今日の記事はいろいろな意味で勉強になりました。
私も以前お付き合いしていた人が曖昧でしたので・・なるほどと
納得してしまいました。

最後の男性からみた女性の残酷さとはどのようなことなのでしょうか?
とても興味があります。
もし宜しければ、お時間があるときに記事にしていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。
2011-12-21 00:18 : みえ



【回答】

もと記事と、「対」になると考えていただければいいと思います。

男性は、結論がはっきりしている、だがそれをあえて曖昧にする

という残酷さがあります。


女性は、そもそも結論がはっきりしない、相手に結論をゆだねる

という点において残酷になり得ます。

具体的にいうと、男性から押されて、それほど好きでもないのに

付き合ったり、結婚してしまったりすることです。

そういう場合は、男性が常に女性の愛を求めることになります。

それが幸せと思う男性もいるかもしれませんけど

これが日々の結婚生活となると、男性にとっても意外にシンドイものになります。

子供が生まれたら、もっと大変です。

夫を愛さない女性でも、子供には愛を注ぎますから、

男性は家庭の中で疎外感を味わいます。


家庭で妻に愛されていない状態はけっこう悲惨ですよ。

まとめますと、

女性は、男性の経済力や、子供が欲しいために
大して愛していない男性とも結婚できるし
その結婚生活を維持できる。
そういう意味で男性を利用し、男性に愛を返さないでいられる。

これが私の考える、女性の残酷さです。

これもまた、子供を産み育てるという本能に忠実な

女性という性の姿かもしれません。

男だけを愛して、子供を愛さない女性よりも

むしろ、健全な姿かもしれませんね。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
17:48 質問へのお返事 | コメント(2) | トラックバック(0)

無償の愛 無条件の愛

2012/01/20
無償の愛という言葉があります。

何も見返りを求めない愛ということですね。


無償の愛を与えれば、相手が何も返してくれなくても

イライラしたり悲しんだりしなくていい。

つまり自分にとっても、一番いい愛の与え方。

という感じ。


母親から子供への愛に使われることが多いですかね。

恋愛において使われることもあります。


・・・・しかし、私の考えでは、人が無償の愛を誰かに与えることは

不可能だと思います。

人間は、それほど清らかな存在にはなり得ません。

本来、神から人間への愛、とされるものですよね。



それより、私が理解しやすいのは

心理学的に使われる、無条件の愛という言葉です。


神からの愛にも、この言葉が使われることもあるようですが、

ここでは心理学的な言葉として説明します。



○○だから愛する、という「条件つきの愛」ではなく

そこに存在しているそのものとして愛する、という意味です。

これは、親が子に持つことができる愛情です。

そこにいてくれるだけでいい。

もちろん、人間ですから、いろんな思いが入ることがあるでしょうが

根本のところで、この愛があるかどうか。

子がどんな状態になっても、愛情を持ち続けられるか。


子供の安定した精神的成長のためには、

親(養育者)からのこの無条件の愛情を得ることが大切と言われています。

そのまま、ありのまま、そこにいていい、と世界に受け入れられている

と子供が感るために、必要な愛情です。



恋愛や結婚でも同じで、無償の愛は難しいでしょうが

無条件の愛であれば、お互いに持つことができると私は思います。


○○だから好き、なのではなく、

その人そのものが好き、と思えること。


もちろん、親の愛と同じく、理想通りにはいかず、

いろんな思いが混じってくるのでしょうが

それでも、ふと気づいて修正して、ここに戻る。


その繰り返しが、必要なことかなと思います。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
00:46 恋愛 | コメント(1) | トラックバック(0)

核心

2012/01/08
あけましておめでとうございます。
年の初めにお伝えしたいことについて書きますね。





核心を突くことは、
なかなか相手にずばりとは言えません。

カウンセリングでは、相手と信頼関係を築いてから
ゆっくり遠まわしにやります。

でも、ブログでは、ずばりと言えます。
(いいですねえ)


それは、

今が不満なら、

変化せよ


ということです。




当たり前?

でも人って、なかなかそうは思えないんですよ。

自分は変わらずに、なんとか状況が変わるのではと期待する。


頭ではわかっても、できなかったり

どう変化したらいいのか、自分ではわからなかったりする。

変化するって、今の自分を否定すること?と不安になったもする。
(違います)



そして1人では、できなかったりする。

カウンセリングはそのお手伝いをします。

ただ、よく誤解があるのですが、カウンセラーがあなたを変えてくれるわけではありません。

あなたが変化するお手伝いをするだけです。

「自分も努力する」という覚悟が必要。
そうしないと、決してうまく行きません。

おまかせで、私を変えて~なんて言ってても、けっして変わりません。


変わるって、怖いことだけど、
チャレンジする価値のあることだと思いますよ。

ただし、何度も言うように、おまかせでは変わりません。


ここでもいろいろ、ヒントを書いて行こうと思いますが
それを読むだけで自分が変化するというのではモチロンないのです。


みなさん、今の自分に不満足なら、ことしは少し変わってみませんか!?

一気に変わるのは、誰しも難しいですから、少しずつ。


私も変えたいところがたくさんあります。

こんな記事を書きながら、自分に言い聞かせてもいますよ。(笑)



クリックしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

12:46 恋愛 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。