02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

幸せになるための選択

2012/03/23
ちょっと前、NHKの白熱教室という番組で、シーナ・アイエンガーという

アメリカの心理学教授の講義を放送していました。

タイトルは、「幸せになるための選択」



とっても興味深かったというか、僭越ながら、

私の考えに近かったので、紹介させていただきますね。


婚活にもとても役立つと思いますよ。


この先生が幸せになるために大切だとしているのは4つ。


1.数値にこだわらない

2.欲しい物を見失わない

3.幸福に過度な期待をしない

4.わかっていても間違った選択をしない



この4つをポイントに、目的を達成するために選択すること

これが、幸せになる道だ、というのです。



婚活に応用して、解説してみましょう。


1.数値にこだわらない

年収や身長にこだわる無意味さを、いつもここでも書いてますね。
最近も書いた気がします。


2.欲しい物を見失わない

ここは非常にポイントですね。

自分が欲しい結婚生活はどんなものか、よく知ることです。
「自分が」です。

この先生も、「自分が」何が欲しいのか知るのは難しい、
といったようなことを言っていました。
まったく同感です。

「親が」欲しいもの、「世間が」欲しがるもの・・・
こんなものが、自分が欲しいものと、渾然一体となってる人が多いんです。

世間が羨ましがるような結婚、高級ブランドの婚約指輪、
それは、「本当に」「あなたが」欲しいものですか?

ということです。


3.幸福に過度な期待をしない

これも何度も書いてますね。
結婚すれば、すべて解決し幸せになれる、そんな期待は捨てることです。

幸福は、作っていくもの。

この先生に言わせると、「選択」していくものです。


幸せになるには、期待しすぎて、得られなかったと嘆くより
今あるものの中から、何かをみつける力を身に付けるとよいです。


4.わかっていても間違った選択をしない

これも、大事ですね。

頭ではわかっている。

上記の1.~3.もよく理解できる。
でも正しい選択ができない、っていう事実。

この人とじゃ幸せになれない、と、頭では分かっているのに別れられない。
そんな人も多いんじゃないかと思います。

これはなかなか難しいです。
わかっててもできないんですから。

でもアイエンガー先生は、それじゃだめ、って言ってるわけですよね。

もし、あなたが幸せになりたいなら、

幸せになるための選択

を続けていくしかないんですよ、と言ってるわけです。


「選択」という言葉がいいですね。

こうなれ、はハードルが高いけど

こっちを選べ、だったらできそうな気がしませんか?


ネット情報ですが、この先生、ほかのテレビ番組では

「日本はお見合い結婚のほうが幸せになれる」といった発言をしたそうです。


私もわかる気がします。

これに関しては、また機会があったら書きます。


*たいぶ前に見た番組で、記憶で書いている部分もありますので
何か解釈が間違っていたらごめんなさいね。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
10:52 婚活 | コメント(2) | トラックバック(0)

幸せな夫婦の効果

2012/03/09
3月に入ったというのに、寒くて雨の多い日が続きますね。

こんな日が続くと、以前同じ時期に書いた記事→お天気
を振り返りたくなります。


それは、おいといて、今日は、幸せな結婚=夫婦を増やしたいという
私の野望(笑)の効果について書きますね。


今、未婚化や少子化が社会問題とされています。

それはそれで問題でしょうが、もう一つ見落とされているのが、夫婦問題です。


多くの人は、結婚して子供を作ったら、それでゴールと思っていますが
本当はまったくそんなことはありません。

その中身、質が大事なんです。


夫婦関係が良好で、子供がその環境で育成されると
社会や経済にいろんな良い効果があります。

・ストレスが低減して、仕事などの生産性が向上します

・同じく医療費が軽減するでしょう

・旅行、外出、家庭内外生活の消費が促進されます

・その影響は子供世代にも引き継がれ、良い循環が起こります

・ボケ防止にもなり介護保険料の節約にもなるでしょう

・総合として社会が良い方向へ発展します


ところが、夫婦仲が悪かったり、離婚したりということになったらどうでしょう

・母子家庭は、多くの税金で保護される必要が出てきます

・離婚した男性は、健康維持が大変になります

・その他、上記と反対なことが起きます


ちょっと効果の具体例が不十分ですが、言いたいのは

夫婦仲についての問題意識が、少子化や未婚化に比べて少ないのでは?

ということなんです。

いろんな社会的な影響があるのに、あまり議題にのぼらない。

これは、個人のレベルでも、社会のレベルでもです。


夫婦になったら、なぜか人は、内情を人に話さなくなります。
そしてある日突然離婚したりします。

結婚するより、安定した結婚生活を維持するほうが大切なのに
誰もそれについて触れない。

気づいていないのか、気づいている人も口にしないのか。


だから独身者は、ひたすら結婚という、ある一時点でしかないゴールを目指し
間違った結婚活動をする。


・・・・まとまりませんでしたが、このへんで。
もうちょっと頭が働くときに、また書くかもしれません。

早く春らしい気候になるといいですね。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

19:42 結婚生活 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。