04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【ストーカー殺人などをする男について】

2014/05/06
ずいぶん遅れしまいました。
読んでおられないかもしれませんが、ともみさんへのお返事を書かせていただきますね。
社会問題にもなるテーマです。
タイトルは勝手につけさせていただきました。

別れ話や離婚が原因で男性が相手の女性やその家族を殺める事件がひと昔よりも増えた気がします。(世間の注目度や報道のあり方の変化などもあるでしょうが)
別れ話程度でそのような行為をやってのける男のニュースを見るたびに、こういったおぞましい行為について憤りと理不尽さを感じると同時に、婚活する立場として、このような男を見分けるポイントなどがあるのかも知りたいのです。
DVやモラハラのようなものが前兆なのでしょうか。また、事件の前は相手に再三ストーカー行為を行っていたともよく報道で目にしますが・・・。
婚活での交際はよく知らない相手なだけに心配が募ります。

ご意見いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

ともみ URL | 2013/06/21 22:56 |



こういう男性については、女性はぜひともよく知っておいていただきたいと思います。
自分の身を守るために!

ともみさんのおっしゃる通り、モラハラ・DV・ストーカー・ストーカー殺人、これらは関連しています。
もちろん殺人まで至るのはごくごく一部のかなり特殊な事例とは言えますが。

ここでは、相手側、自分側、2つの側面からリスクを解説したいと思います。


■相手側(加害側)の特徴

この手の行為をする人々は、精神医学・心理学的には人格障害の範疇です。
こまかい分類の説明は避けますが、

相手への共感性がなく自分のことしか考えない。
相手を自分の思いのままに操りたいという欲望がある。そのためときに魅力的。
社会のモラルを良心の呵責なく無視する。

こういう特徴が、最悪の形で表現されると殺人になってしまいます。
最近では、共感性のなさが発達障害が原因とされることもあるようですが。


では、こういう人達をどう見分けて避けるか、です。

最初はソツがなかったりします。
むしろ魅力的だったりします。
思いやりがあるように見えることもあります。

彼らの特徴の一つは、「演じることができる」という点です。
いや、演じている自覚はないでしょう。
相手に気に入られたい時、自分の立場がまだ弱い時には、自然とそうなるのです。

でもじつは、隠しきれるものではありません。
この手の相手に苦しんでいる人に話を聞くと、多くの人は、最初から片鱗はあった、あれを見逃していなければ、と言います。

付き合い始めでもわかりやすい特徴をいくつか書きますね。
すべてがこれに当てはまるのではなく傾向としてとらえてください。

1.メール、電話がやたらとマメで、返事が遅れたりすると「どうしたの?」としつこく聞いてくる。
2.嫉妬深く、それを隠さない。自分以外と会うのといやがる。会っていない時になにをしているか知りたがる。
(恋愛中は、上記1、2はそれを愛情と勘違いしやすい)
3.男尊女卑な、またはこちらを見下すような態度、発言がある。または「男はこうあるべき」という理想像がある。(恋愛中はそれが男らしく見える)
4.感情の起伏が激しい。不機嫌になったりイライラしやすいが、すぐ機嫌が直ったりする。
5.優しいときは、そこまでするかというほど尽くしてくれる。ロマンチックなことや言葉も大好き。

ざくっとですが、特に1~3の特徴が揃えばかなりの赤信号です。

ちなみに、上記は、相手が男性の場合で書いています。
というのは、病的ではなくても女性には多い傾向だったりするからです。
ストーカー等になりやすい男性の特徴は、恋愛中の女性の特徴とやや似ています。

本来、メールや電話が少ないのは男性、それを気にするのは女性、
相手の自由時間を気にするのは女性、それをうるさく思うのが男性です。
これは、男女の本能(性質)に従っている傾向です。
これが逆転していることが異常なのです。

ストーカーになりやすい男性は女性の自由を認めず、支配下に置きたがり、ひどいときは暴力をふるい、そこから逃げようとすると再度支配下に置くためにさらにひどい暴力へと至る。

よくストーカーは、愛情の行き過ぎた形、と勘違いする人がいますが
(愛しすぎてこうなった)
まったく、違います。

愛情とは全く別のものです。

一言でいうと、支配欲 です。

そこには愛のかけらもありません。



■自分側(被害側)の特徴

こわい話をしましょう。

上記のような人物は、相手を選ぶことに長けています。
自分の支配下における相手を、うまく、選ぶのです。
(一方的なストーカーは除く)

付き合うまでに至るのは、そうやって選ばれているからです。

どんな相手が選ばれやすいかというと、一言でいうと、「真面目ないい人」です。
人をあまり批判せず受け入れる人。
期待されるとつい期待に応えようとする人。
人に尽くしがちな人。

そして、厳しく育てられた人。
あるいは親からもモラハラや暴力を受けていた人。

こういう人は、加害側には魅力的にうつります。
たぶん、利用しようとか支配しようと思って付き合うのではありません。
単純に魅力的にうつる。
そしてまた被害側からも、加害側は魅力的にうつる。

引力で引き合う感じです。



■対応、予防方法

大切なのは、自分を殺しすぎないこと、尽くしすぎないこと、言いなりになりすぎないこと、意見をはっきり言うこと。
そうすれば、相手から逃げていきます。

そして最も重要なのは

モラハラ、暴力行為は1回でも許さない態度

です。

たった1回だから。
他は優しいから。
たまたまイライラしていたから。

などと理由をつけて見なかったことにしないこと。

暴力であれば1回あった時点で別れてください。

モラハラであれば人格を否定する態度だとして本気で怒り、絶対に許さないと告げ反省を促し、その場で別れるか、2回目があったら別れるか決めてください。
そして2回目があったら、必ず別れてください。

私はストーカー被害の相談は受けていませんので、これは正式な対処方法かどうかはわかりませんが、恋愛相談であればこうアドバイスしています。

付き合いの早い段階で女性が怒りをあらわにすると、相手も執着が形成されていないまま気持ちが冷めやすいためです。

ただ、それでも別れられないとか、ストーカーになってしまった場合は私も専門外なので、警察に相談してください。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
16:06 質問へのお返事 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。