01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

とどまることなかれ

2017/02/08
新年に書こうと思っていた記事が、今頃になってしまいました。

そこで立つ春に寄せてということにして書かせていただきます。
恋愛・結婚とはあまり関係ありません。
春にもあまり関係ございません(笑)


苦しんでいる人たちの中には、「逃げるのは悪いこと」と思っている人がいます。
けっこうな確率でいます。

とくにモラハラだのパワハラだの受けている人達です。
被害者の人たちは基本まじめなので、極限まで耐えてしまったりします。

日本の教育の問題もあると思いますよ。
あるべき姿を要求され、それに従うように教育されます。
自分の頭で考えず、上の言うことに従うことを求められます。
そういう子供がいい子、です。
人と違うことをしたり、反発する子は悪い子、です。

そういう教育を受けた私達日本人は、つい、極限まで
そうあるべきと求められる場所に
とどまってしまうのです。

パワハラを受けている職場や
モラハラを受けている家庭などに。

理由としては
まず1つめ。世間体が悪いから。
そして2つめ。新しいところでやっていく自信がないから。
あるいは今以上によくなる自信がないから。

1.世間体と、2.悲観。

この2つを見ると、日本の教育の賜物だな~と思いますね。

日本人は本当に世間の価値観に従順です。そして悲観的。
その根本にあるのは、自分への自信のなさです。

日本の教育は、自己否定感を植え付ける傾向があります。
そのままのあなたじゃだめ、もっと頑張らなくてはだめ、と。
つまりありのままの自分を否定することをベースにしています。

だから、今の場所を捨てて新しいところに羽ばたく自信も持てません。
もっと違う世界があって、そこでも自分はやっていけるのだという
心理学的に言うと、自己効力感(やれるという気持ち)が育てられていないのです。

だから自分の健康や、下手すると命までも犠牲にして
良い会社や高収入の夫のもとにとどまろうとします。

もちろん、驕らないこと、謙虚さは美徳の一つです。
でも、自分を苦しめている場所から逃げられない自信のなさは
謙虚というのとは違いますよね。

私は、逃げられない人に足りないのは、自信ではなくて
勇気だと思います。

自信は、確かに長年の成育歴(親の態度)や教育の結果ですから
すぐに身につくとは思いません。

しかし、勇気、ならばそれよりもっと短い時間で身につくはずです。

いわゆる、清水の舞台から飛び降りる。
バンジージャンプでもいいです。(笑)

これはある種、一瞬の勇気です。

エイヤッ

というやつです。

別の言葉で言うと、決断、です。

自信がなくても勇気は出せる。

自信がなくても決断はできます。
(とにかく決めてしまう)

1.世間体がなんだっていうんだ、と思う勇気
2.なんとかなるさと飛び出す勇気

今極限まで来ているのに逃げ出せないと思っている人
世間体悲観、この2つと戦っていただきたいですね。

必要なのは勇気であって自信ではありません。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
11:19 人の心理 | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。