09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

妥協について

2012/02/16
結婚には妥協がつきものと言われます。

もちろん、その通りだと思います。

理想通り100%の人はいません。

自分と100%同じ価値観の人もいません。

なんらか、人は妥協して結婚相手を選びます。


妥協は必要です。

問題はどこを妥協するかです。


私の考えを言いますね。



妥協していいのは、主に数字で換算できるものです。

・年収
・身長
・容姿レベル(顔かたちなどは数値化が難しいのでレベルと書きました)
・出身大学レベル
・職業レベル


収入は、あまりにも低いのは困りますが、普通に収入があることや
今後の将来性を計るほうがより大切です。
身長・容姿に至っては、結婚にまったく関係ありません。
後述する理由で関係する場合もあります。
出身大学や職業はいわずもがなです。


妥協しないほうがいいものは、数値で換算できない、
もっと深いレベルのものです。

・生理的なもの
・性格的なもの
・自分のコンプレックスに絡むもの


生理的なもの(臭い、声、雰囲気、皮膚感覚、その他言葉になりにくいもの)は
妥協しないで見極めたほうがいいと思いますよ。
これは、遺伝子レベルの相性がかかわっているような気がしますので。

性格的なもの、これを結構妥協する人が多いんですよね。
というか、あまり見ていない人も結構いる。
その人の外的要素や、どのようなデートをしてくれるかなどに比べて。・

その人がどういう性格の人で、それが結婚生活の中でどう出現するのか
冷静にシミュレーションしてみたほうがいいです。(恋愛中は難しいのですが)

そして最後に。
やっと心理学っぽい話で、自分のコンプレックスに絡むもの。

これは妥協しないほうがいいというより、妥協できないものですね。

例えば、容姿にコンプレックスを持って生きてきた人は
美しい人以外を選ぶことができないでしょう。

経済的な問題や、学歴的な問題にコンプレックスがあれば
そこを妥協できなくなります。

コンプレックスというのは、劣等感と訳されることが多いですが
劣等意識だけではありません。

それに対する、複雑な思い、とでもいいますか、無意識的なこだわり、です。

ですから、足りないから求める、という単純なものではないのです。


そこは妥協してもいいんんでは?という点からなかなか抜けられないで

選ぶ相手が狭まっているとしたら、それは自分自身のコンプレックスと

関係しているかもしれません。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
18:45 婚活 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
その通りです!
ものすごく合点がいきました。
このところ男女関係的なことが失敗続きで、
自分でも、なにかおかしいなぁと思ってました。
仕事を変えたあたりから、変化があったので関係あるのかなぁとか、
いろいろ自分でも考えていたのですが、わからず…。

コンプレックス、大いに関係ありです。
他人を選んでしまうより、自分が変わって近づいていくほうが早いかもしれない。

年頭の所感のときも思ったのですが、
本当に道を照らしていただいているような気持ちになりました。
ありがとうございます。
納得
うんうん、と頷きながら読みました。私が結婚を決めたポイントは

①何気ない日常時間を楽しく過ごせる人
②ひとりの人間として尊敬できる部分を持っている人
③問題が起こった時に向き合って話し合える人(逃げたり嘘をつかない)

でしたので、納得でした。
自分のコンプレックスに絡む点については、私の父がギャンブル依存症・アルコール依存症・浮気性ですので、「ギャンブルを一切しない」・「依存傾向がない」・「感情優先でなく理性優先の現実主義」な人を選んだ気がします。自分のコンプレックスというか生育環境がコンプレックスだったというか‥。

やはり数値化できるラベルを全部はがした、その人の本質的な部分を愛せるかどうかかなと思います。
毎回たのしみにみてます。
妥協…そうですね、こころします。
出会い
こんにちは。妥協のお話、面白く読ませて頂きました。

生理的なものは、すぐに分かりますね。ときめくかときめかないか、自分がその人フェチだな~と感じるか否か、みたいな。

コンプレックスも、案外気づきやすい気がします。私の場合、それは相手に対する「怒り」「苛立ち」で気づかされるような…

一般的に言えば普通の範囲なのに、「それ、おかしいでしょう!」「なんであなたはそうなの!」と、相手を責めたくなる気持ちがあります。

この二つは、激しい感情の揺れを伴うので、比較的早く気づきやすいし、ガマンできない事も多かったような…。

性格が一番、隠れやすいし、恋愛中はよくしますから、分かりづらいというのは実感します。

ふと、今の…嫌だと思っても、優しくされたり、楽しいと目をつぶってしまう事があります。

特に、私が嫌うのは、男だからという理由で威張る事、こちらを支配しようとする態度ですが、少しはそれがないと、性的に惹かれない気もして…

威張らない男性の方が、100倍尊敬します(^-^)。

まだ会ってる草食系さんも、徐々に威張り始めました(-.-;)。

でも、他はほぼ、理想に近いし…と思い直し、時間が経っていきます…。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。