08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【独身でも充実した人生を】

2012/07/08
今回は質問へのお返事記事を書きます。

大変遅くなってごめんなさい。
もう読んでらっしゃらないかもしれませんが………。



いつも拝見しております。
私は独身アラフォー女です。
もう出産もあきらめざるを得ない年齢になってきて・・・
私よりも年下の後輩たちが結婚したり、妊娠したり・・・
喜ばしいことなのですが、素直に喜べない自分がいます。
どんどん追い越されていっているみたいで・・・

結婚や出産だけが女の幸せではないとは思いますが、
このまま自分の人生、後悔と嫉妬で終わるのかと思うと
時々、焦りというか、胸をかきむしられる様な気持ちになります。

一応お付き合いしている方はいますが、このまま一生独身のような気がします。

独身のまま人生を終わるとして、充実した人生を送るにはどうしたらいいのでしょうか?
自分で考えてもぐるぐるとするばかりで、毎日すっきりしません。
どうか良きアドバイスをお願いいたします。
2011-12-21 20:11 : mahina




そうですか。辛いですね。
まず1つ。
結婚や出産を意識するとき、他人(特に後輩)がそれを得ていくのを
祝福できなかったり、嫉妬するのは、当然の感情だと思います。
それによって、自分を責めることはありません。
「人間として当たり前の姿」と思うことです。
そんな自分を受け入れ、許すことですね。

それとは別に、「後悔」とあります。

後悔に苦しむ人は多いです。

なぜあの時、あっち(A)を選ばず、こっち(B)を選んでしまったのか。
こっちを選んでしまったために、今自分はこのように不幸だ、と。

しかし、この後悔には実は、大いに矛盾があります。
私としては、ほとんど断言できることがあります。

1.
その人は、また「あの時」をやり直したとしても、おそらく、
また「こっち(B)」を選んでしまうであろうということです。
なぜ「こっち(B)」を選んだのか、冷静に考えればわかることです。

2.
もし、万が一、「あっち(A)」を選んだとしても
その人は、また別の意味で、後悔するでしょう。
人生には100%の幸せなど存在しないからです。
選ばなかったほうは、簡単に理想化します。
現実にないものなのですから。


私は多くの相談を受けていますが、

結婚しておけばよかった、という後悔をする人ももちろんいます。
しかし、結婚しなければよかった、という後悔をする人も、たくさんいます。


ですから、mahinaさんは、まず、「後悔しない人生」はないと
諦めることですね。

後悔しない人生はなくとも、後悔に苦しめられずに生きるには、
上記、1.と2.の事実を受け入れることと、
そのような選択を続けてきた、自分を受け入れることです。

充実した人生には、いろんな選択があります。

結婚が、子供がいることが、それに必須ではありません。

結婚にこだわっているときは、幸せになるためには、
それが必須と思ってしまいます。

でも、それは結婚にこだわる人の主観です。

その主観から、なんとか逃れ、
客観の視点を手にいれる努力をしてください。

呪縛から逃れるには、この努力しかありません。
毎日自分に言い聞かせることです。


何度も言いますが、
結婚・出産は、充実した人生に必須ではありませんよ!

以上です。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
17:01 質問へのお返事 | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
お忙しい中、ご回答いただきありがとうございます。

実は、今お付き合いしている方とは何度も結婚の話が出るも3年目に突入します。
他にアプローチしてくれる方もいるのですが、年下すぎたり、ここで乗り換えても上手くいかなかったら・・・と打算ばかりで、正直、自分がどんな相手と結婚したら幸せなのかもわからなくなり。。。なんだか疲れました。

理想の結婚生活はあっても、そんな相手と出会う確率はもう0%に近いと思っています。
(決して高望はしていません。穏やかな普通の暮らしです。)

そして、自分は結婚に向かないのでは?と思ったり。

最近、本当に結婚、妊娠、出産の報告が多くて。そして、そういう人たちに対して素直に喜んでいる同年代の独身アラフォーの友人がいて、私はなんて心の狭い人間なんだろうと思ったり。

私の年代になると、取引先の方に当たり前のように、お子さんは?と聞かれたりもします。
そんなとき、ちょっと肩身が狭いです・・・
独身も当たり前の時代になったら、楽なんでしょうね。

確かに、今までの人生やり直したいと思っても、また、同じ選択をするのでしょう。

でも、普通に結婚して子どもを産んでいる人を見るとなんで自分は出来なかったんだろう?と思います。
いや、あの時、仕事よりも結婚を選んであの人と結婚していれば今頃は、子どもは何歳くらいで・・と想像してみたり(汗
自分のためだけに生きるのではなく、誰かのために生きたいと・・・

でも、先生のおっしゃる通り、充実した人生に結婚、出産は必須ではないと自分に言い聞かせます!!

そして、今の自分を受け入れてみます。
先生のご回答で、少し、心が軽くなりました。

長々と乱文失礼しました。

これからも、ブログ楽しみにしております。
mahinaさん
ずいぶんと時間が経ってのお返事なのに、さっそくコメントいただいて、ありがとうございます。

そうです!
自分に言い聞かせてくださいね。
言い聞かせて行くことで、気持ちや考え方というのは徐々に変わって行きます。
自分を楽にできるのは自分だけですからね。

今候補となっている方と、ご縁があれば、それもいいですし、なければないでいいと、毎日思うようにしてください。
よく言われることですが、手に入れていないものより、手に入れているものを数えるのがいいですよ。今、mahinaさんが持っているもの、たくさんあると思いますのでね。

それから余談ですが、個人的には、年下すぎる男性でもいいと思いますよ。年が離れていても幸せなカップルはたくさんいます。
独身=自分のことしか考えない人
厳しいタイトルつけましたが、独身が肩身の狭い思いをするのは
短絡的にこの図式があるからだと私は思います。
反例としては黒柳徹子さん。
結婚、出産=充実した幸せという短絡的な図式にも疑問を覚えますが、
結婚や出産により必然的に生ずる自分以外の人のために
自分の時間を費やす姿が尊ばれることはいいことと私は思ってます。
先の黒柳徹子さんは必然的ではないのに世界中の子どものために活動される姿を私は尊敬してます。
確かに、自分さえ充実していればいいと割りきるのも一つでしょうが、
それだとだから独身なのよという視線や批判を跳ね返すには不十分ではないでしょうか。
他によって活かされ育てられてきたことを理解し、
結婚や出産とは別にいろんな形でそれに相当する役割を果たすことは各自にみあった形であると思います。
すでに果たされていることもあるはず。
仕事をされていて相応の年齢なら部下の育成や
経済生産に貢献などに寄与されていることに自信を持っていいのではないかと。
mahinaさんはもうもらうばかりの立場ではなく
与えることが期待される立場だということに気づき
行動されればその中に求めるものがあるんじゃないかと私は思います。
ちなみに、私は宗教や政治、心理関係者ではありません。
よく勧誘はされますが…。
これは30才で独身のときに結婚も出産もできずに40才を迎えたときに何をするかを考えたときに出した結論にやや加味してます。
要は『なんでもいいから人の役に立てることをし続けてればいいや』と簡単に考えることにしただけです。
自分がこの方針に従う限り人がどう言おうが思おうが、
幸せかどうかも別として生まれて生きてる意味は果たせるからいいのだ~という感じ。
お気楽に見えるかもしれませんが私なりにかなり追い込まれた上での結論です。
No title
>山鳥先生
再度のコメントありがとうございます。正直、質問したことすら忘れていたので今回取り上げていただいてとても嬉しかったです。

年下すぎる男性でも大丈夫でしょうか?(笑)
実は30代半ばのとき一回り下の方とお付き合いしてプロポーズされた経験もあるのですが、やはり人生の立ち位置が違うなと感じ最終的にはお別れしました。
でも、アドバイスありがとうございます。。。

「手に入れていないものより、手に入れたものを数えること・・・」
まさにそうですね。私は欲張りなのかもしれません。
健康で、仕事があり、友人がいて、恋人と呼べる人がいる、それだけでも幸せなのかもしれませんね。

山鳥先生のような方が近くにいたら・・・どんなにか心が休まるでしょうね。
ありがとうございました。
No title
>心暖様
コメント、読ませていただきました。
私もそう思います。
「充実した人生=自分のためだけの人生」と思いません。
「充実した人生=趣味や旅行」などという人もいるかもしれませんが、私は自分以外の誰かのために生きることと薄々感じていますので、そのうちボランティアなども始めようと思っています。
ただ、楽しいだけの人生では虚しいですからね・・・

30代でそれなりのポジションにいましたので、部下の育成や、仕事を通しての社会貢献はそれなりにしてきた自負はもちろんあります。
(会社の上場にも携わり、新規事業の立ち上げのリーダーなどもこなしてきました。)

今の会社は、女性が多く、独身の女性、既婚、お子さんがいる女性もいますが彼女たちを見ていて必ずしも「独身=自分のことしか考えない人」とは思えません。
独身でも自分のことよりもまず他人という、人徳者はいますし、お子さんを育て上げても自分のことしか考えていないとても年上とは思えない我儘な方もいらっしゃいます。

でも、世間の方はそう見られるんですね~

私は、とても子どもが欲しかったのですが、無条件に愛せる対象、そして、無条件に一番に自分を頼ってくれる存在が欲しかったのかもしれません。

私のような見ず知らずの者に、貴重なお時間を割いていただいてありがとうございました。


No title
こんにちは、いつも山鳥先生のブログを楽しみに拝見してます。今回の質問は、自分が無意識のうちに投稿したのではないかと思わず錯覚してしまいました。
昔から私は「非婚主義」で、むしろ結婚は自分の人生を束縛するものでしかない、と思って生きてきました。しかし、いざアラフォーになってみるとあせりがでてきて、結婚や出産をしないといけないのだろうかと悩み、そんな悩みを自分が抱えていることに我ながらびっくりしています。
家族から色々言われる事は慣れているのですが、女一人で生きていくのは現実問題として不自由な点もあり、世間は基本的に夫婦や家族単位で行動する事を基本になりたっているのだなーと、今更ながら気がつく始末です。
「結婚」がしたければ、手っ取り早く結婚相談所にでもいけばいいんでしょうが、いざそういうところに行くと、もう落ち着かないしなんだか自分がひどく場違いな所にいるような気がして、、。
でも、先生のおっしゃるように、たとえ過去に戻ったとしてもやっぱり今と同じ選択をしたでしょうし、「後悔してる点もあるけど、基本的には後悔しないようにしてる」というスタンスで生きるようにしてます。

決して一人が好きなのではありません。一人ではやっぱり寂しいし、孤独だなあと思う事はしばしばあります。自分がいったいこれからどこに向かっていくのか、途方にくれてしまうこともよくあります。とりあえず、悩んでもしかたないので、仕事にいきます。
40にして惑わず、なんて大嘘!です、、。
はじめまして
いつも、ブログを見させていただいています。
私は31歳になり結婚したいと思っているのですが…
問題がありまして、回避性人格障害や境界性人格障害や社会不安障害などを抱えています。
その為、正社員として働くこともできず、派遣などで月に何日か働くだけで精一杯です。
容姿や家柄はそこまで悪くありませんが、それ以外は本当にスペックが低すぎて誰からも相手にしてもらえないのではと思っています。
精神を病み、社会的に認められないような女性は結婚できるのでしょうか?
No title
私も頭では山鳥先生のおっしゃることはごもっともだと理解してはいるのですが、出産をあきらめなければならない年齢になってから交際し始めた彼の子供が産めないのは彼が好きになるほど悲しくなってきています…。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。