08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【タイミングと縁について】

2012/07/29
暑いですねえ。
季節的に苛酷な日々は、いつも以上にご自愛くださいませ。
さて、今回も、質問へのお返事です。

※なお、質問したいかたは、
こちらの記事 のコメント欄に書いてくださいませね~
埋もれてしまいますため。


タイミングと縁について

いつも、楽しみに読ませていただいてます。
モヤ~としていたことがクリアになっていくような感じがします。

結婚はタイミングとか、縁とかいいますが何だかピンときません。

私は独身の43才です。
1年程前、よく行くお店で3才上の男性と知り合ってお友達になりました。アドレスもきかれ、お互いに好意を感じていたと思います。
ある時食事に誘われOKしましたが、私が急に行けなくなり、また次回となったのですが、お互いの時間が合わず一ヶ月が過ぎていき、私は次に会ったら、お付き合いをしたいというつもりでした。ようやく会うことができ、自分の気持ちを伝えると、もう遅いといわれてしまいました。
この一ヶ月の間に、社内の女性と付き合うようになったとのこと。
じゃあ、その人の事が好きだったんだよね?ときくと、最初は私に好意を持っていたけど、君とはタイミングが合わなかったというのです。
私とタイミングが合えば付き合ってたともいうのです。
何だか納得ができず、彼の本心が知りたくて何時間も話をしました。
結局、タイミングが合わなかった以外は何もでてきませんでした。
その半年後、彼はその方と結婚されました。

結局、縁がなかったということなのでしょうが、タイミングって何なんだろう?って思うようになりました。

2012-01-11 16:23 : こざる



タイミングと縁、厳密にいいますと、それは心理学の範囲外です。
宗教的な、スピリチュアルなイメージがありますね。
それを研究する心理学者もいますけど。

っていうのはちょっと余談ですね。

今回のテーマは、厳密には、「タイミングと縁」というよりは

「男性の執着度」

に関するもの、それに関する質問だと解釈してお答えします。


この男性は、あるとき、こざるさんに好意を持った。
そしてその関係がまだ終わりも始まりもしないうちに、
たった1か月の間に、別の女性に気持ちが移り、
お付き合いをし、結婚をした。

この通りであれば、かなり移り気な男性です。
会う予定が、少し先になっただけで、これですからね。

男性には、移り気な人と、そうでない人がいます。
(女性もそうですが、男性のほうがその差が顕著な気がします)

1人の女性に執着する人と、そうでもない人。
これは、私の考えでは、性格と性欲が関係しています。
その人の個性であり、変わったり、変えたりするのは難しい。

当然ながら、結婚向きなのは、執着型の人です。

私はこの手のタイプの男性をお勧めしています。

これは、嫉妬深い、とか束縛する、というのとは全く違う性格です。

心理学的に言うと、「強迫的」な性格です。
(健康な範囲でですが)
飽きにくく、あまり変化を好まない性格ですね。
強迫的な人は、生真面目すぎたり、細かすぎたりという
マイナス面を持っている人もいますが
おおむね、よい家庭人になりうると思います。

こざるさんのご相談の男性は、その逆のタイプのように
このエピソードを読んで思いました。


あるいは、たんに、非常にプライドの高い男性か。

まれにですが、女性に断られたり、
自分が進めようとしていたペースを崩されると
その女性への気持ちが冷める、という男性がいます。
プライドが高いというか、自己中心的というか
ベースには男尊女卑があると思います。

こちらのタイプも、あまり結婚向きではありません。


総合的に、この質問のような動きをする男性は
あまりお勧めできるタイプではありません。

タイミングと縁が関係したかもしれませんが
むしろ、こざるさんにとっては、それがよいほうに働いたと思います。


ただし、

これは、男性の言葉をまるまる信じた場合の解釈です。

他の可能性も、たくさん考えられます。

あちこちで、女性に広く声をかけていたのかも。
すでにその彼女と、いい感じだったのかも。
あるいは、もう付き合っていた彼女と喧嘩でもして、
浮気心が芽生えたのかも。
さらに言うと、出会ったころには、結婚すら決まっていたのかも?


真実はわかりませんけどもね。

いずれにせよ、気に入った女性を、一か月も待てない男性は
いろんな意味で問題があると思いますよ。


お互いに本当の気持ちがあれば、タイミングと縁は

必ず、味方になります。


楽観的すぎるかもしれませんが、私はそう信じています。

その人の人生に、必要なものは、向こうからやってくるとか
言っている人もいますよね。

人事を尽くして天命を待つ

私はこんな考え方が好きです。


こざるさん、なんだかピントの外れた回答になったかもしれません。
(それ以上に遅すぎますね!)

ごめんなさいね。
他のご質問の方も、ちょっとずつ書いていきますので、
お待ちくださいませ。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:25 質問へのお返事 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
恋愛の賞味期限は1か月
山鳥先生 こざるさん 横やり失礼しますm(_ _)m
恋愛関係に至る期間は1か月という調査報告書を見たことがあります。
経験則として私も恋多き友人も1か月以内が勝負と思ってます。
この間にいかに自分の素直な気持ちを相手に伝えていくかが重要だと私は思ってます。
『食事の約束をOKしたのに向こうの都合で断られる』
これは男女共に打撃を受けることだと私は思います。
プライドで許せないこともあると思うけれど人には見せられない気弱な部分で自分からは動けなくなることもあると思います。
年上の男性だからすべてリードしてくれるわけではありません。
彼が身近な職場の女性への好意がさほどでなくても短期間に結婚に至ったのはプライドが高いにせよ、気弱にせよ、断られる不安がない、安心感もあるのではないかと思います。
男性は根本的に体も心も弱い生き物です。遺伝子的に弱者であることは間違いないです。
男尊女卑のシステムすら男性を擁護するために必死に作り上げてきたものだと私は思ってるくらいです。
そして彼が弱い人間であるのは間違いありません。
こざるさんの前では結婚相手の女性を大切に扱わず、こざるさんに気を持たせる発言すらしているからです。
執着することはいい面もあることを今回の記事で知りましたが、
彼に執着することも彼のこざるさんへの中途半端な執着もあまりいいことには思えません。
男はNoということが苦手な生き物だそうです。夫曰く。サンプル1ですみません。
迫ってくる質問に相手に不快を与えないように必死で応える態度には誠実さがありますが、
その中身は無意味だと思っていいかもしれません。
私も友人のMちゃんも出会って半年で結婚しました。
それは自分の望む結婚生活を誠実に相手と考えた結果です。
駆け引きも出し惜しみも一切なし。
正確には1か月以内に結婚を前提とした交際を開始しました。
こざるさんと彼の間の1か月がどのようなものかはわかりませんが、
こざるさんが与えた誠実さと彼が望む誠実さが噛み合わなかったというのが彼のいう『タイミング』の齟齬の問題になるのではないでしょうか。
彼とこざるさんの価値観の相違という言い方に近いかもしれません。
どちらも間違いではないと私は思います。
彼の望む誠実さと職場の女性が与えた誠実さが釣り合ったから夫婦になった。それでいいのです♪
次はこざるさんに合った誠実な男性とそうなる番なのですから。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
山鳥先生のおっしゃるようにこの男性はただこざるさんにそんなに執着していなかった、そして次に出会った女性には執着したってことのような気がします。でも、交際したわけでもない去っていきたい相手と話し合うのは無駄どころかかえって逆効果でしょう。好き嫌いは”納得”という問題ではないですから。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。