08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【男性と女性の性質について】

2013/01/14
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
マイペースで更新しているブログですが
これからもよろしくお願いいたします。

今日は全国的に荒れた天気のようですが
皆様が無事に過ごされていることを祈りつつ
質問へのお返事を書いてみます。


男性と女性の性質

いつも丁寧にお返事いただいてありがとうございます。
毎回、とっても考えさせられます。

今回は、性質について。
男性的な女性と女性的な男性。
男性的な男性と女性的な女性。
様々な性質をお持ちの方がおられますよね。

私は、どちらかというと男性的な女性。
外見は女性です。しかも女性的であろうと常にしているので、接することがなければ、男性的な印象を受けることはないそうです。
でも、異性が恋愛対象です。
いつも、男性的な男性に惹かれてきましたが、そんなところに我慢できないことが多いのも事実です。
もしかしたら、女性的な男性の方が、性質的には合うのでしょうか。
別に、そんな男性を嫌いな訳ではありません。
ただ、求めるものが違うだけです。
安らぎを求めるなら、結婚を求めるなら、女性的な性質をもった男性のほうが私には合うのかも知れない。
そんな風に感じています。

どう思われますか?
またお返事くださいませ。
2012-09-01 21:08 : まさみ



ふむふむ。
今回は、結論から言います。
あくまで私の考えですが。

男性的な女性であれば、女性的な男性のほうが
まちがいなく相性はいいと思われます。

そもそも、男女が結ばれること自体が
異なった性質のものの融合です。

前回も私は東洋的考えが好きだと書きましたが
陰と陽の組み合わせは、やはりとても安定すると思います。

(かといって、同性愛を否定するものではないですし
女性=陰 とも思いませんが)


男性的・女性的の定義も難しいのですが、
ここでは、世間で広く認識されているもの
いわゆるジェンダーの定義にのっとって書きます。

多くの人が「男らしさ」「女らしさ」としてイメージできる
あれですね。



男性的な男性というのは、まさみさんも惹かれるとおっしゃるように
女性一般に対して魅力的です。

女性は例外なく「お姫様願望」というんでしょうか
強い男性に引っ張っていってもらうことに憧れます。
(例外なく、はちょっと言い過ぎですかね)


これは、ある種のファンタジーだと思います。

小さい頃から、女の子として生まれた以上、
否応なく植え付けられてしまうファンタジー。


強い王子様。
そのたくましい腕に守られるお姫様。

単純であり、長い歴史を持つファンタジーです。


ですが、何度も書いていますように、結婚は生活です。
お姫様が、自分の足で歩きたいとき
守りたがるだけの王子様は、ちょっと邪魔です。


私は、男性の強さは多様だと思っています。

上記のような、長い歴史のあるイメージ以外にも
男性の強さというのはいろいろあります。


女性を自由にさせる

女性を見守る

女性の強さに従う



私はこれらも男性の強さだと思っています。

古いタイプの男性(女性も?)から見ると

男性の弱さ、弱い男性

と思われるかもしれませんがそんなことはないのです。


これを持つためには、今までの価値観と戦う精神力が必要です。


だから、男性的な女性には、

新しい価値観の強さ

を持った男性が合うと思いますし、そんな人を探して欲しいと思います。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
17:41 質問へのお返事 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
お答え、ありがとうございます。
今年も、また色々な話を楽しみにしています。

もやもやとしている、心の中の総まとめをしていただけた感じで、すっきりしてます。ありがとうございます。
ファンタジー化していること、少し意識して生活してみようと思いました。
そして、新しい価値観の男性。
とても素敵です。
そして、そうやって言葉にしていただけると、もやもやとしたものが、理解しやすく、まとめていただけて、少し前に進めそうです。

今回出会った男性も、また、強引な人でした。
思いやりが感じられなくて、今回は、その都度、私の気持ちを伝えて、改善をお願いしてみました。が、受け入れることななく、自分を主張されるので、何も変わることなく、また嫌になっています。
これを、人には「すぐ飽きる」と言われるんです。
 
新しい価値観の男性。探します♪
初めまして。質問です。
初めまして。いつも先生のブログを参考にさせて頂いています。今回、先生の質問の答えにとても気になる個所があったので、ぜひ教えて頂きたくコメントしました。

先生のコメントで、
>ちょっと話は違うかもしれませんが、最近の人々は
「自分を受け入れる」「自分を知る」
ということが苦手な人が多い気がしますね。
あるべき自分を追及しすぎて疲弊しているというか
本当の自分に目を向ける余裕がないというか。

ポジティブになるベースは、自分を受け入れることです。
内面で自分を否定ながらの、ポジティブシンキングは
あまり意味がありません。

正に自分の事だと思いました。私は高い目標や夢を将来の自分に掲げていて、それにちっとも近づいていない今の自分に自信が全く持てませんし、努力の足りない自分が嫌いでもあります。

学生時代までの自分は、自分の夢のためにとても努力していたし、自信もあったので、その時の自分は大好きです。

今はその時の夢とは全く違う目標を持ったため、大きな方針転換のためうまくいかない事がありますが、それを差し引いてもそれなのに現在は、と昔の輝いていた自分と今の自分を比べて、ますます自信をなくしています。

>ポジティブになるベースは、自分を受け入れることです。
この状態でどうやって自分を受け入れる事ができるのでしょうか。逆に、今の自分を否定する事で発奮して努力できるのでは、と思うのですがどうでしょうか。

お時間のある時に是非ご回答いただきたく、よろしくお願いいたします。

No title
同感です。
>かめさん
>逆に、今の自分を否定する事で発奮して努力できるのでは、と思うのですがどうでしょうか。

もちろん客観的に見て、自分に足りないものを得るべく努力するのはいいことです!
でも自分を否定的に見る癖のついている人は、自分への視点が客観的(ゼロ地点)ではなく、マイナス寄りなんです。そういう視点での努力は自分を苦しめます。

なお具体的な「自分を愛する方法」は下記の記事に昔書きました。
http://psychologymist.blog101.fc2.com/blog-entry-42.html

*コメント欄でのご質問は見落としがちなので、次からは「質問はこちらへ」の記事のコメント欄にお願いしますね。過去の記事への質問でも大丈夫ですよ♪v-290

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。