04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【精神障害のある方の恋愛・結婚】

2013/02/22
こんにちは。寒い毎日ですね。
前回のカレンさんの質問の後に、まさみさんの書き込みがあったのですが
同じ内容のことかなと思いまして、割愛させていただいています。
またなにかございましたら書き込みよろしくお願いいたしますね。

今回は、YUIさんの以下の質問にお答えします。


再び失礼します
こんにちは
以前、間違ったところに質問を書いてしまったようなので、改めてこちらに質問させていただきます。
私は31歳で結婚がしたいのですが、精神的に問題を抱えています。
境界性人格障害や、社会不安障害やうつ病などを患い仕事もほぼできない状態で、社会的地位もなく人間的にも劣等感の塊です。
心療内科にも通い薬も飲んでいます。
このまま、35歳…40歳…と結婚できないままだと、私の精神は崩壊してしまうと思います。
今は親と同居ですねかじり状態です。
親と離れるのは想像するだけで怖いのですが、このまま独身ニートのような世間から馬鹿にされるようなままは無駄にプライドが高いので耐えられません。
そして、自分は精神的に病んでいるくせに結婚相手には心身共に健康で器の広い方がいいな…なんて思っています…。
やはり、無職の女など(派遣で月に数回はかろうじて働きにいきますが…)まともな男性からは相手にされないのでしょうか?
精神的に障害を抱えていると、よほど心が広い男性じゃない限り嫌がられますよね…?
アドレスいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
YUI URL | 2012/10/16 18:11



そうですか。
お辛いですね。
YUIさんは、私がお仕事の場面でときどきご相談をお受けするような
病状でいらっしゃるだろうと推察します。

まずは、そのご病気である自分をあまり責めないでいただきたいと思います。
精神の病も、身体の病気と同じく基本、ご自身が悪いせいではないのです。
(もちろん体の病気と同じく、生活態度、治療などの努力は必要)

生まれながらの体質だったり、育ってきた環境だったり
自分ではどうすることもできない不可抗力の部分が多かったりします。
だからまずは。そんな苦しい中で日々を生きている、それだけでいいのです。
そう思って自分を受け入れてあげてほしいと思います。
そして、少しずつ楽になれると信じて、これからも治療の努力を続けてくださいね^^


さて、ここに質問していただいたということは、下記のことを主にお聞きになりたいのだと思います。

やはり、無職の女など(派遣で月に数回はかろうじて働きにいきますが…)まともな男性からは相手にされないのでしょうか?
精神的に障害を抱えていると、よほど心が広い男性じゃない限り嫌がられますよね…?



私はこれまで、精神科・心療内科に通院する患者さんに多く接してきました。
YUIさんのような診断を受けた女性も多くいらっしゃいました。

その時感じたことを、正直に書きますね。
これが今回の結論ですが。

女性の精神障害は、恋愛・結婚に意外と影響を与えない。


これです。
まったく影響がないと言えばうそになります。
もちろん、社会に出る頻度、人と出会う頻度、コミュニケーション、
そういったことでの影響がありますからね。

でもメンタル疾患があるということは、それほど直接的な影響はないのですよ。

むしろ、健康で仕事に邁進している忙しい女性よりも
恋愛・結婚には有利なのではと思うぐらいです。

境界性人格障害と診断されておられるとのことですが
この病名がついている方の多くは、恋愛して結婚しています。
健康と言われる女性との差異を私はあまり感じませんね。

その他の疾患も同じです。
もっと重いと言われる精神病(統合失調症など)でも
結婚なさっている女性も少なくありませんよ。

むしろ、精神疾患のある方は、よくケアしてくれる優しくて面倒見のいい男性を
上手に選び、また選ばれている、と思うことがあります。


ですから、精神に病があるからといって、
恋愛や結婚ができないとは思わないことです。

必要なのはほかの女性と同じように、
あきらめないでチャンスを多く作るということではないでしょうか?

病気があろうとなかろうと、恋愛・結婚は、チャンス、出会いです。

私の考えは以上です。
役に立ちましたでしょうか。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
21:18 質問へのお返事 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こんにちは
質問に答えていただきありがとうございます。
実はまだまだ深刻な問題がありまして…
男性の生理的に許せないと思う条件が他の人より多いのです。
歯並び、歯の黄ばみ、癖毛、体毛の濃さ、骨格、ほくろやイボ、匂いなど気になると気持ち悪いとしか見れないのです。
潔癖症もあり、不潔な部分を感じると冷めます。
自分自身の立場を考えると、とても選べる側の人間ではないことは分かっています。
本当に性格だけで人を愛せる人が羨ましいです。(知人にいます)
自分の心の狭さに絶望感でいっぱいになります。
少しずつでも、何か捨てていかないと私は一生1人だと思います。
自分自身精神障害のくせに、条件のいい(というより、あまりクセのない平均的な)男性がいいと思うのは客観視するとあつかましいと思います。
先生にお答えいただいた、精神障害でも結婚はできるというのはわかりました。
ただ、そういった精神障害の方は高望みした結婚をされてない気がするのですがどうでしょうか?
No title
この回答は大変興味深いと思いました。

というのも、一般的に、男性が若い女性を好むのは
「元気な子供を沢山産んでくれそうか」
ということを遺伝子レベルで判断している結果である、というように説明されますよね。
だから美人の40歳より、普通の30歳女性の方がもてると。

にも関わらず、健康でない=子供をつくるのが難しそう、な女性は結婚出来ている・・・。

最初、「そういう女性は男性の保護本能を刺激するからではないか」と思いました。
しかしアラフォーで独身で婚活しているような女性は、案外男性に守られてい願望だってあるはずなのに、やっぱりモテない。求められない。

だとすると、本当のところ、いったい何が結婚の決め手なのだろうと。

実は私も結婚適齢期のころ、精神的問題を抱えていて(心身症や鬱など)、そのせいで自分は結婚出来ないと思い込み、殻に閉じこもっていました。
今思えばもっとあの時自分を投げ出して誰かを信じていれば、結婚出来ていたのかもしれないなと思ったりします。
でも(特に若い時は思い込みが激しいですから)完璧でない自分を自分自身が許せないのに、他人に受け入れられるなんてことは想像もできませんでした。

そうした思い込みがなくなったら無くなったで、今度は別の理由(年齢)で結婚できなくなる。
これもまた同じように思い込みなのでしょうか。
50歳になったら今の自分の愚かさに気づくのでしょうか。
大なり小なり抱えてるんじゃないかと
人それぞれ診断がついてないもののグレーゾーンで苦労してる人(たとえば私)もいると思います。
夫からの評判最悪の朝の連ドラの中で偉人の言葉を引用していて私はそれがすきです。
『世の中には不完全な男と不完全な女しかいない』
健康で、有能で、美しくて、自分が完全だと思っている人より、
すべてに恵まれていなくても自分が不完全であると知る人は
結婚に向いているのではないでしょうか。
自分は完全であるべきと思い込み、相手にも完全を望む人が結婚できていないように私は思います。
自分の足らざるを知り、それを是とした上で、今の自分を愛することから私は始めました。
自分をすきであることは結婚相手を探すために大事なことだからです。
それはたぶん健常者か精神疾患者かは関係ないことです。
人に対して許せないことが多かったとき、それで自分ががんじがらめになって苦しんでいたように思います。
まあいいか~の気持ちや許すまでいかなくてもゆる~く受け止める努力は今も続けてます。
>YUIさん
>そういった精神障害の方は高望みした結婚をされてない気がするのですがどうでしょうか?

そうですね。その通りです。
ただ障害のない人の結婚相手と大きく違うかというとそういうわけではありません。

高望みすると結婚できない。
これは障害があろうとなかろうとまったく同じです。万人共通の真実ですよ。

*コメント欄でのご質問は見落としがちなので、次からは「質問はこちらへ」の記事のコメント欄にお願いしますね。過去の記事への質問でも大丈夫ですよ♪v-290

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。