04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

質問へのお返事【自分の話しかしない男】

2013/04/20
春先は調子を崩す方が多い季節ですが、皆様いかがでしょうか。
本日はローズさんの下記の質問にお答えします。

別件ですが、コメント欄等に宣伝らしき書き込みがあった場合は
削除しておりますのでご了承ください。


<自分の話ししかしない男>

こんにちは。
いつも楽しく拝見しております。
最近お見合いをしました。
私は38歳相手は40歳のバツイチ。

最初の印象はおとなしそうな人、という感じでしたが時間と共に場の空気も和み色んな話しをしましたが、次第に相手の方は自分の事しか話さず全く私の話すら聞いてこない、私のこと興味ないのかな?と思うほど自分の事ばかり話す人で約3時間ずっと相手の話しを聞くばっかりで正直疲れました。
会話の途中に私の事も話し始めても、私の話しには興味はない、と言う感じで早く切り上げようと思って『もうこんな時間なんでそろそろ引き上げましょうか?』
と言って帰る準備をしても『また自分の事ばかり話してしまいましたね…よく友達からもラジオを聞いてるみたいだと言われるんですよ。』
と自分の話ししかしないことへの自覚はあるみたいです。

おそらく自分はこんな人間なんだ、と理解して欲しい気持ちからの事だと思いますが、自分の事をペラペラと話す人は嫌いではありません。
が、会話にはバランスが必要なんじゃないかなと思うのです。
容姿や釣書には何の問題もありません。
ただ私が感じたのは、こういったタイプの人間は今後の結婚生活において長く続くものなのか。
まだ出会って一回目なので直ぐに判断を下すのは早いのかも知れません。
最後に自分の話ししかしなった自覚のある相手の男性に『私のこと何にも知らないでしょう?』て嫌味半分冗談半分で言いましたら、バツの悪そうな様子でした。
ちょっとガッカリしたところもありましたし、3時間も相手の話しを聞くだけなのも疲れました。

こういう男性は最初だけなんでしょうか?
相手の話しを聞こうとする姿勢はあるんでしょうか?

お時間のある時にまたお返事を頂ければと思います。
よろしくお願いします。

ローズ | 2013/01/13 23:12



なるほど。
自分の話ばかりしたがる男性ですね。

これも、じつは前回回答したことと重なる部分があります。
これもまた、男性の一つの特徴なんですね。

2つの側面で判断したほうがいいと思います。

1つ目。
男性共通の特徴であると理解して、ある程度は許容する。

男性というのは、自分をわかってほしい、自分をよく見せたい
と頑張るとき、自分のことだけを話す傾向があります。
必死に自己アピールするわけですね。

お見合いなどの出会いの場で、よく見られる光景ではと思います。
相手の女性を気に入ればいるほど、こうなってしまう男性は多いのでは。
その男性は、ローズさんのことを気に入ったのかもしれませんね。

ですから
男性が女性の話を聞こうとしない=興味がない
というわけではないのです。

男性は、女性に対して、直感的に興味のあるなしを判断します。
興味があるとなったら、相手の女性を詳しく知ることよりも
「まずは自分をアピールする」ことに重点を置いてしまうんですね。
だから売り込むためにしゃべり続ける。

これが男性共通の生態の一つです。
これにあてはまる部分なのであれば、最初のうちは大目に見てもいいかもしれません。


2つ目の側面は、ローズさんが危惧されているような
いつまでたっても「自分の話しかしない」というタイプの男性の場合です。

こういう方も確かにいます。残念ながら。

このタイプはさらに2つに分かれます。(私の考えでは)

2-1 自分にしか関心がない。つまり自己愛が強い。

自分だけを認めて欲しい。相手などどうでもいい。
相手は自分の聞き役、賞賛役であればいい。

こういう人ですね。
そう多くはいませんが。
しかし、こういう人は、初見では意外とそつない感じだったりするので
もしかしたらこの男性とは違うかもしれません。

この手の男性は、お勧めできません。



そして、もう一つが、結構多くて別の意味でやっかいな男性群。

2-2 悪意はないがコミュニケーションが苦手なタイプ。

会話のキャッチボール、やりとり、相手への配慮などが苦手な人達。
知的職業、高学歴、理系の男性たちにも、案外と多いタイプです。

なんといいますか、脳の造りがコミュニケーション向きじゃないんですね。

しかも、これは努力して簡単になおる傾向じゃないのがやっかいです。

この手のタイプの男性も、あまり結婚向きではありません。
安定した生活を与えてくれるでしょうから、そういう意味では悪くない夫なのですが
日々のコミュニケーションという点で、妻はストレスを抱えます。


ローズさんが会った人が、上記のどれにあてはまるのか
お会いになったのが1回だけということもあり、なかなか判断は難しいですが、
『よく友達からもラジオを聞いてるみたいだと言われるんですよ』
と言われるエピソードや、バツイチであることを考えると
2-2のタイプの男性なのではないかな?

と勝手ながら想像しました。

この手の男性は、時間をかけてもあまり変わりません。

ただ1つ目の男性なのであれば、時間をかければ
あるいは、彼の売り込みタイムが終われば
女性の話を聞くことに意識を向けるようになれるでしょう。


いずれにせよ、男性一般は、女性の話を聞くことが苦手です。

それを前提としたうえで、
自分はどの程度聞いて欲しいのか、どの程度なら許容できるのか
男性を変化させるための力が自分にどの程度あるか
その男性の他のポイントとのバランスを見ながら
それぞれの女性が判断することかな、と思います。

もちろん個人的にお勧めするのは
女性の話をよく聞けて、コミュニケーションが豊かな男性ですが
最初からそういう男性は、そう多くはないかもしれません。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
11:12 質問へのお返事 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
自分の話は害がない
ジムでおばさま達とお風呂で話をしていて聞かされた言葉です。

人の悪口や噂話を聞かされるよりは自慢話でも自分の話は害がないという発想は新鮮でした。

ご相談の男性は自覚はあるけど、余裕がないように見えました。

余裕がないのも悪い意味ではなく、ローズさんを気に入ってのことかも。

気に入らなければ、3時間も自分の話をする労力を払うでしょうか。

男性は無意味だと感じれば、動かないと聞きます。

男性の自分話はくじゃくの雄の羽を開くことのような求愛行動みたいなもんでしょ。

友人からラジオみたいと言われるという自省的な言葉は私には好印象でした。

『ラジオとはご友人も上手いこといいますね。次はリスナーの私の話題も取り上げてください。』
という程度の毒舌に留めて次は私の話も聞いてよね!とメッセージを送ります。

最初から結婚がうまくいくタイプの男性かどうかなんて見極めは関係ありません。

いかに自分にとって会話のキャッチボールが大切かを結婚前にきちんとつたえるかが肝心です。

誠意と好意がある男性ならば、きっとこれに応え続けてくれると思います。

それをしないでなんとなく結婚をした人から、結婚前までは男性もそれなりに対話をがんばるけど、結婚後はさっぱりという話はよく聞かされます。

また、会話のキャッチボールが最初から適度にできる男性が見合に臨む必要があるでしょうか。

冷静に考えれば、見合に来る前に結婚してしまっているのではないでしょうか。

どこの国の格言か忘れましたが、『夫は長男と思え』というのがありました。

男と女の差はそれくらいあるのかということを暗示すると共に、

男のいつも一番かまってほしい気持ちを端的にいいあててるなぁと思います。

結婚をして二人で楽しく生きて行けるかどうかは女性の力量(許容力)次第だなぁと最近私は感じます。

なくてななくせ、ローズさんの毒舌も、お相手の自分話と大差ないとはたからみる私は感じました。

お互いさまの気持ちで、お見合いでいいご縁が結ばれますように。
ありがとうございました。
山鳥先生・心暖さんへ

ローズです。
この度は私の話題を取り上げて頂きありがとうございます。
先に結論を申しますと、この男性とはご縁がありませんでした。
お見合いでしたので翌日に仲人さんに結果を連絡するのですが、私はもう少しこの男性のことを知ってみたい(今度は私の話しを聞いてくれるかも知れない可能性に期待して)と思い【yes】の返事を、男性からの返事も【yes】でした。
仲人さんを通して男性から私へ連絡が入る予定になっていたのですが、1週間経っても連絡がないので仲人さんに連絡を取ったら「最初はyesと返事をしていたんだけれど、もう少し返事を待って欲しい」という内容でした。
そんな事情でしたので男性からの返事を待ったのですが半月経っても返事が無いのでもう一度男性に連絡を取って貰い、返ってきた返事は「あまり返事を引き延ばすのは相手に失礼なので、今回はお断りします」
との事でした。
私も仲人さんもあっけにとられ「はぁ?」と思うしかありませんでした。
バツイチとあって、次の結婚には慎重に行きたかったのかもしれません。
ですがお見合いを断る理由にならないと思いましたし、ま、こんな男性と結婚してもいざと言うとき頼りになるのかどうか・・・ご縁が無くて良かったのかも知れません。
あれから3カ月が過ぎ、今ではその男性に対する気持ちなどこれっぽっちもありませんが、先生が仰る通り結婚生活には「コミュニケーション能力」が必須だと思います。
バツイチの理由を聞いていましたが、おそらくこの手の理由が一つにあったのではないかと勘繰ります。

そして先生の仰る通り、この男性は2-2に当てはまる男性でした。
高学歴、仕事も全国民が知る知名度のある職業ですので年収も良かったです。
でもやはり結婚生活を送るに金銭的なことも大事ですが、お互いを尊重し一緒にいて楽しい人が一番良いと思っていますし、今回の経験を通して気付きもありました。
そしてどんな男性が私にとって一番楽しくいられるのか。
学歴職業で振り回されることなく、自分にピッタリと合った男性を生涯を共に過ごしていこうと思います。
No title
私もお見合いで2−2タイプばかりに遭遇します。
いい年なのに相手の話を聞くふりをすらできない「社会性」のなさが、痛々しくってダメです。
2−2タイプは2−1の要素も多分に併せ持ってますよね。天然かそうじゃないかの違いかな。
両方に「どうして結婚したいか」と尋ねたら、きっと同じような自己中な答えが出揃うと思います。

でも2群は「結婚に向かないタイプの男性」だと知らしめていただいて、すっきりしました。
結婚相談所では、この手の男性をお断りするたび「100点の男性などいないのだから妥協が必要」と、「妥協できない勘違い女」の暗示と烙印を押されますから。



しかし婚活者のうち多数を占めるであろう2群は「結婚に向かない」とすれば、残るは1群。
この1軍も生理的にアレだったり、条件的に厳しい点(低収入とか)があったり、自分は40超えているけど相手の女性は30歳までじゃないと!とか仰ったりするので、婚活女性は苦労しているんですけどね。
ローズさん
お返事ありがとうございました。

私の知人がお見合いでバツイチの方といい感じになりかけてたのに、結局、お断りのときにほぼ同じ返事でした。

その人も年収が高く、誰でもすぐわかる仕事の人でした。
ただ、すごくよく話を聞いてくれる人だったようですが…。

それともお見合いでの断りの作法?なんでしょうか。

謎ですが、妙に引っ張って貴重な時間を無駄にさせる人よりはいいと思います。

ちなみに、私の夫は理系です。自分の話をしてくれる方が楽なんじゃないかと思うくらい口下手でした。

初対面レベル時は…で今はすごくよく話します。

結婚前と結婚後で全く同じ人っていうのも難しいような。

結婚前にすべて見極めようと思うとまたかなり難しくなってしまうような気がします。

いいご縁がありますように~。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。