09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

愛されない女性

2013/05/27
ちょっとご無沙汰しておりました。
気候が急に変わりましたので、体調をくずしている方も多いようですね。
ご自愛くださいませ。


最近、質問へのお返事ばかり書いていたので、今回久々に普通の記事を書きます。

ある婚活女性の話を聞いていて感じたことです。
(クライエントさんではありません。話は微妙に変えております)

ちょっと厳しい意見になるかもしれません。


その女性は、結婚をしたくて、2、3年ほど積極的に婚活をしています。
月に複数の男性と出会い、食事に行ったりときにデートをしるようです。

しかし私は、その方の話を聞くたび、「これでは結婚できないな」と思います。

いや。

もっと厳しく言うと、「これでは愛されないな」と思います。


そう。結婚はできるかもしれない。
だけれど、夫に愛されないだろうなと思えるのです。
そんな結婚は本当に不幸です。
独身より何倍も不幸だと思えます。


彼女が結婚に求めるものは非常にシンプルです。

1つには経済的安定。2つには子供。

きわめて本能的な欲望とも言えますね。
だから、欲望に忠実で、素直な女性なんだと思います。

徹底的にその2点のみで相手を選んでいます。
経済力を持った良い遺伝子(学歴、身長など)の男性を探しているのです。


しかし気になるのは、結婚相手を、一個の人間として見ている気配がまったくないことです。
まあすべてを私に話してくれているわけではないでしょうが、それでもそう感じます。

男性を愛すべき人間としてみていません。

お金と精子(失礼)を与える便利な存在としてしか見ていない、
それしか求めていないように感じられるのです。

男性がこんな女性を愛せるでしょうか。
こういう女性を妻にしたがる男性がいるでしょうか。

自分の経済力と精子(失礼)だけを求める相手ですよ?
男性が「産む機械」を求めるのと逆バージョンです。
(こういうのは、本人が隠しても鋭い人には見抜かれます)

男性が女性ほど単純に結婚したがらないのは
彼らのほうが冷静に考えているからです。
(まえもちょっとこんな記事を書いたような)

この女性は、自分の一生を捧げられる相手か、ということをです。

女性はあまり「一生を捧げる」とまで思いませんが
男性はこういう視点で相手を選んでいる人が意外と多いですね。
男性の場合は、「自分が養っていく」という気持ちと切り離せないからでしょうか。

だから、当然、それなりの価値を妻となる女性に求めます。

一生を捧げるに値する相手かどうか。


だから先に述べたような女性は、残念ながらあまり選ばれません。
結婚についてきちんと覚悟を決めている男性であればあるほど選ばないでしょう。

ですから残念ながら、彼女は一見したところ大変魅力的な女性なのにもかかわらず
婚活は順調とは言い難いようです。

「自分が」幸せになりたい。
「自分が」いい生活をしたい。
「自分の」子供が欲しい。

そればかり考えて婚活しても、同等の相手しか見つかりません。
結婚できたとしても、自分の幸せしか考えない相手でしょう。


自分は結婚したら、夫をどれだけ幸せにできる女なのか

それを自問してほしいです。


先の女性にも、直接こういう話をしていますが、なかなか伝わらないです。
いいものをたくさん持っている女性なので、非常に惜しいのです。
あと一歩先の、何かに気づいたらいいのに、と思います。

この話がみなさんに伝わるかどうかも・・・・自信がありません(笑)

ただのうるさいお小言のような記事になったような気もします。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
12:55 婚活 | コメント(14) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんにちは。ドキッとします。

婚活を始めた頃は、私も余裕がありましたし、一つの恋愛と同じ出会いだと考えて、「愛」をはぐくむことを考えながらお付合いしていたものです。

しかし、お見合いならではの、
信じられないほど失礼な人に出会う事件、や、
明らかに妥協で結婚しようとしつつ引き伸ばす男性、や、
色々なプロフィールが自分の望むものとかけ離れていることが分かった時(浪人やフリーターの長い過去がある、など)

などなど

アラフォーともなれば、婚活界は隠し爆弾でいっぱいでした・・・。

そういった事が重なると、ショートカットができてしまうし、残り時間も少なくなるし、で・・・。

また、婚活という便利な場ができたことで、一つ一つを大切にはぐくむ気持ちもやや、薄れがちです。

パソコンや携帯の普及が、人間関係を希薄にしたことと似ている気もします。

しかし、自分自身は、男性が同じようなことを考えているのに対しては、非常に敏感な気がします。

「親がうるさくないですか?」
「いつまでも婚活なんてやってられないよ」
「人並みになりたくて」

そんな何気ない一言を、決して聞き逃すことが無かったように、男性もそうなのだろうと思います。

昨年秋までお付合いしていた理系草食さんとはお別れしましたが・・・(理系過ぎて、意思の疎通にしばしば困難を感じた為、体ごと疲労しました)

やっぱりお互い愛情を感じていた部分があったので、忘れがたいです。

そういう人とは、うまくいかなくなっても、思い出しても悪い思い出も本当の意味での文句もありませんね・・・。

また、愛情を感じられる人に出会いたいです。
似てる
その女性、自分に似ていると思いました。
私もそうなんですが、あまり簡単に男性を好きにならないタイプじゃないのかな、と。
時間をかければ親近感や恋愛感情ができてきたりする場合もあるんですが、婚活だとそれほどよくは知らない相手なので、恋愛になかなかならないというか・・。
もちろん相手を好きになれればいいな、とは思って会ってるのですが、その過程では「相手の条件のことばかり」「自分のことばかり」などと批判されたりします。でも、男性だって自分のことばかり、ですけどね。

何年も婚活してますし、たくさんの人と会ってきたし、おかしな男もいっぱいいますし、嫌な思いもいっぱいしてます。婚活中の女性は常にそういう危険が伴ってるのも事実かと。
何度も会って警戒心(表面には出しませんが)がとれるまでは、一個の人間というよりただの「面接相手」、ですね。
恋愛感情が持てた時点で、その男性は「愛すべき特別な人」となりますが、それまでは、言い方は悪いですがone of them。

『一生を捧げる』って女性側の感覚なんだと思っていました。次回は"守りたくなる女性"について教えて下さい。私は痩せ我慢なのですが、どんな時でも『大丈夫!』と言ってしまいます。そのせいか、プライベートでも会社でもあまり心配してもらえないし、言わないと助けてもらえません。守りたくなる女性になりたいのでどうか教えて下さい。宜しくお願いします。
こんにちは
私も婚活において「この人を幸せにしたい」「この人につくしたい」なんて気持ちがありませんでした
発言小町なんかを見ていても、こういった気持ちを持ち合わせていないと幸せな結婚にはならないようですね
ですが婚活(見合い)の場合では根本的に恋愛結婚と違うのでそのような気持ちになる確率が低いのではと思うのです
その女性はこどもが欲しいとの事で、結婚そのものは過程としか捉えてないのではないでしょうか?
離婚ありきの婚活をされてるのかなと邪推してしまいました…
彼女は自分にどれだけの事をしてくれるのか、どれだけのものを与えてくれるのかで相手の価値をはかってしまうのでしょうね
でもそれに感謝感動し愛情に似た感情に変わっていけばいいのではないでしょうか?
永久就職
いわゆる永久就職(もう死語だと思うけど)を望んでいる女性ですね。私は経済的自立=精神的自立だと子供の頃から感じていたので誰かに養ってもらおうと思ったことがありません。でも、これはこれで甘えられない可愛くないオンナってことになるのかもしれないけど…。
思い愛 話し愛 触れ愛
愛されない女性は自分を愛せていない女性でもあるのではないでしょうか。

『愛されない女性』の具体例の方は自己愛が強すぎるような印象も受けますが、

根本的に人から愛されていないから愛し方がわからないのではないかと思えてなりません。

そういったトラウマがあるのかないのか素人の私にはよくわかりませんが、

聞きかじった程度でいえば、自尊感情が低い人が結婚になかなか踏みきれていない気がします。

私自身、親との関係、過去の彼氏との関係、自分の生きてきた履歴などから、

自尊感情が低い人で、その反動もあって、高学歴や高収入など自然に求めていた気がします。

なんとか結婚はできましたが、自分で自分にダメ出しをしすぎない、同様に相手にもダメ出しをしないことを心がけ、

我も人なり彼も人なりの気持ちでまず自分にとって適した結婚相手はどんな人かを具体化しました。

酒がわかる人(のまれる人は困ります)、
タバコを吸わない人(のどが弱いので生活が成り立たないし、酒の味がわからなくなる矛盾した行動をとる人は苦手)、
まじめに働く人、
私に~ならよかったのにという言い方でダメ出ししない人(同じことでも~したらいいよといういい方ができる人)、
子どもがすきな人(子どもを一緒に育ててくれそうな人)を考えました。
そして、それを諾としてくれる人はどんな人か、
果たして、その人は私と結婚して幸せになれるのか、
そもそも好きになってくれるのかというのが賭けでした。

私自身は居酒屋の女将さんの紹介で、彼の年収も学歴も知りませんでしたが、
紹介してほしいと思ったのは彼の人を大切にする姿勢が素晴らしいと思ったからです。
私自身が惚れっぽいのかもしれませんが、彼の他が為に自然に行うことができて、
偉ぶることがない人に出会うことができたのはほんとに幸運だと思います。

もちろん些細なことでげんなりさせられることはあります。
しょうもないちゃかしを繰り返していらっとさせるなど…。
ただ、それを上回る彼の矛盾の少ない生き方自身を尊敬していて、ラブラブって感じではありませんが、すきです。

この気持ちだけは結婚前から今に至るまで変わりませんが、
小娘の頃や出会ったばかりに感じたような恋愛感情(ワクワクドキドキ)とは異なるような気がします。

結婚に必要なのは忍耐よりも相手への尊敬ではないかと最近思います。
心暖さんへ
うまく言えないんですけど、いつもあなたのコメントを読んでいると、話に割り込んで聞かれてもいない自分の結婚話をを上から目線で語る図々しく空気の読めないおばちゃんに遭遇しちゃった時の気分に似ています。

こういうプロのサイトに遠征してまでそんなに自分の「結婚できた」話を人に聞いてほしいのですかねえ・・。
ご自身のサイトに人が集まらない理由を考えたことはありますか?
よかれと思っているつもりでも、人にアドバイスしたり心を動かしたりすることは難しいのですよ。


No title
わたしはあんまり気にならないですー
いろんな意見の人がいていいと思います。
私はいつも心暖さんのコメントはためになるなあと思っています。(というか皆さんのコメントそれぞれ参考になります)

既婚者の方の結婚に至るまでのエピソードももっと知りたいくらいです。

本当に色々な意見があるんですね。
コメントを記入される方へ
コメントといいますか、コピペを削除いたしました。
今後も私の判断で勝手に削除する場合がありますのでご了承くださいませ。

>トパージスト様
「質問はこちらへ」の方へ書いていただけると、順番にお答えしていきますよ~
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
申し訳ありません
不定期にお邪魔しているので、お詫びが遅れました。
私の名前が挙げられていて驚きました。
以後、ご迷惑をおかけしないよう秘密のコメントを利用します。
フォローしてくださった方はもちろん、苦言を呈してくださった方にもご指摘いただき感謝申し上げます。
心暖さま
こちらこそ対処がこれでよいのか悩んでいます。
どうぞ、気にせず公開で書き込んで下さいませ。
参考になると思われる方もいらっしゃいますし、私もいろんな意見をお聞きしたいです。
いろんな感情があるでしょうが、大人の皆様方の集まりであってほしいと思っています。
ありがとうございます
先生の丁寧なお言葉で心が洗われました。
梅雨の晴れ間のようなすっきりした気分になれたので、もう悩まれませんようお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。