08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

心の穴について【質問へのお返事】

2014/12/29
今までの分を取り戻すべく、せっせとお返事を書いております。
ということで、今回は下記の方へのお返事です。

心の穴について

二村ヒトシさんの恋愛本について、山鳥さんの考えを伺いたくコメントさせて頂きます。
二村さんによると恋愛とは、両親によって作られた心の穴を埋めるためのもの、という定義です。
実は、私自身苦労した恋愛遍歴の末、穏やかな主人と出会い結婚し、現在小学生の娘がいます。自分と同じ苦労をさせたくない、という想いから自己肯定感のある女性になってほしいと、子育てを模索しています。
その一方で、本当に全て親のせいなの?という思いもあり、二村説はどの程度信憑性があるのか・・・山鳥さんはどう捉えているのか大変興味があります。
yakiimo URL | 2014/06/13 18:14 |



二村ヒトシさんという方を存じ上げていませんでしたので
ネット情報で調べてみました。
どういう発言をしている方かは、ネットではわからなかったので、
yakiimoさんの文章についてお答えする形としますね。

両親によってつくられた心の穴を埋める。
この言葉だけで考えると、とくに間違っているとは思いません。
女性の場合、父親との関係が、のちの恋愛関係を規定するという俗説もあります。

私の考えは、両親とか父親というよりも(それが特別異常でなければ)
一番身近で強い愛着関係、多くの場合、母子関係が影響していると思います。

幼児期に、どれだけ世界(自分以外の他人含む)に対して肯定的な感覚を得られたか。

これが、恋愛を含む、対人関係に大きく影響します。

この時期に、必要な庇護と愛情を与えられないと、世界が、不安と脅威に満ちたものになります。

二村さんのおっしゃる心の穴というのは、この時期に形成された欠乏感みたいなものかな?と思います。

だとしたらそれは根深い問題であり、それを埋めるために恋愛対象を求める
という行動に結びつくことは大いにあり得ます。
ただ、その穴は、恋愛だけで埋まるものでもありません。

つねに心に渇望、飢え、空虚感を抱えることになります。
自分のせいではないとはいえ、辛い人生だと思います。

とはいえ、上記のような状態に陥る方は、そう多くはありません。
穴で言うと、「大きな穴を抱えた方」です。

大多数の方は、いくらかの差はあっても、親からの必要なケアを受けて育ちます。

かといって、すべて完璧ではないので、それぞれに小さな欠乏感は抱えて育つでしょう。

その穴が、すべて恋愛で埋められているものなのか、は私には少々疑問です。

他のもの、仕事、学業、趣味、スポーツ、家事、子育て、娯楽etc
あらゆる人間の活動が、人の心の飢え、もっとよく言うと欲求に応えてくれます。

まとめて言うと、

・大きな穴を抱えた人→恋愛でそれを埋めようとする傾向が強いでしょう。
恋愛に依存的になることすら、あるかもしれません。

・それ以外の人→いろんなパターンがあるので一概に言えない。

ということです。
yakiimoさんのおっしゃるように、すべて親のせいなのか?というのは正しい視点です。
穴が大きければ大きいほど、親の責任の比率は高くなりますが
それでも、その子供に、人生を立て直す余地がまったくないということはありえないからです。
大人になってからは、自分が選択していけるわけですから、そこに責任が生じます。

さて、ご質問の信憑性ということですが、私にはわかりません。
ぼんやりと、そんな表現であてはまる場合もあるだろうという感じです。
あいまいで申し訳ないですが(笑)

yakiimoさんは、穏やかな夫に恵まれ、よい子育てを模索されているとのことですから
もし親の影響があったとしても、それを乗り越えた方だと思います。

つまりはそういうことなのでしょう。
親の影響は否定しないが、それが全てではない、ということです。

クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
19:03 質問へのお返事 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
紹介
日本語の起源

言 霊 百 神

kototama 100 deities

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。