08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

結婚相手の選び方

2015/07/20
繰り返し同じようなことを書いている気がするので
話がだぶったらごめんなさい。

結婚は何十年も続く関係です。
毎日顔を合わせ、ともに食事して、ともに眠る。
新しい人間を創造(!)し、ともに育む。
そして最後は、人生を見送り見送られる。

さあ。
こんな相手を選ぼうとすると、荷が重い。
自分にとって完璧な相手を選びたいと思う。

一方では、ここのところを、非常に簡単にとらえる人もいます。

とりあえず式を挙げて、既婚の身分を手に入れ
次には母親の身分を手に入れてしまえば
自分が満たされて完璧になれると思う。
こちらの人にとっては、相手選びは比較的容易です。
学歴、職業、容姿が許容範囲で、相手にも結婚の意思があればクリア。


いろんな人生があります。
それはその人が、意識してようがしていまいが、選び取ったものです。
だから失敗した人には、私は何もいいません。
しかし!
失敗する前の人にはいろいろと口を出したくなります。

相手の選び方もその一つ。
ここでは私のお勧めの「安全な結婚相手の選び方」を
手を変え品を変え(?)アドバイスしています。
ただそれをそのまま受け取るかは人それぞれ。
私のアドバイスが完璧なはずもありません。

その前提で、繰り返しになるかもしれませんが、
次のようなポイントを重視されることをお勧めします。

①生理的なもの
②価値観
③恋心、あるいはときめき

あまりにも当たり前!?
いやそうでもない!?

①生理的はものはいわずもがなですねえ。
でも恐ろしいことに、「結婚だけ」がしたいためにここを妥協しようとする女性がいるんですよ!
けっしてお勧めしません。

(簡単な判定ポイント)
・髪の毛が好き
・においが好き
・一緒にいるとよく眠れ、よく食べられる
・彼のパンツ(下着)が汚いと感じない(笑)

恋愛は頭で、結婚は感情で、というのが私の提案です。
定説とは、逆です。


②価値観
ここが一番相性に関係する部分です。
ものの考え方、捉え方、と言い換えてもいいかもしれません。
価値観が違っていてもいいのです。
譲り合えれば。
「ぶつかったら譲り合おう」。これもその人の価値観です。
それから、男性が男尊女卑でなければ。
(女性側も男尊女卑ならかまいません)


③恋心、あるいはときめき
とにかく結婚がしたいとき、これは、あまり重視しない、という人もいます。
恋愛をあまりしたことがなく、それが恋かわからないまま結婚という人もいます。
情熱的な恋愛をすれば結婚生活がうまくいくものでもないでしょう。

ただ私は恋心は「本能の呼び声」であると思っています(笑)
遺伝的に、自分から遠い人に惹かれやすいと言いますね。
それは、強い子孫を残すための、本能だとか。
やっぱり、惹かれる感覚は、大事だと思います。

結婚したい気持ちが恋のように感じられるときもあります。
まあその時は仕方ありません。
相手が選んでくれず、間違った結婚をしないことを祈るのみです。

結婚にときめきが必要などと言うと、恋愛至上主義の愚かなざれごとと思う人がいます。
どうせ、恋愛感情は冷めるものなのだから、冷静に条件などで選ぶべきだと。

一理あります。
が、ここでお勧めするのは「よい結婚」であって「普通の結婚」ではありません。

最近、ある結婚についての本を読みました。
著者は男性で、まさしく古いありふれた結婚についての価値観がしたためられていました。
曰く、最後まで幸せな夫婦というのは存在しない(なぜなら年老いた醜い姿に恋が覚めるから。!)
曰く、配偶者に愛情を持ちづづけることは不可能だから、何も期待せず共同生活の相手と思え
曰く、恋愛して結婚する必要はない

などなど・・・適当にまとめて書いていますが。

この方・・・おそらく、ありふれてはいるけれど、
形だけの夫婦関係を維持していると思われる著者(違ってたらごめんなさい)が
恋愛して結婚する必要はないと書いていることで、私は逆に確信を持ちました。

やはり、いい結婚にはときめき(恋愛)が必要なのだと。
たまに、お見合いのような出会いで、結婚後に恋をしたという人もいますね。
とても運がいい方々だと思います。
あるいはとても人を見る目があるか。

いろんな人を見てきて、思うことは、単純に、

好きな人と結婚してほしい

ということなのです。
こんなに自由が与えられている現代日本で、何を好きこのんで、
世間や親のプレッシャーに自ら勝手に押しつぶされて
好きでもない人と形だけの結婚をする必要があるでしょうか?

そんな結婚はしなくていい、というのが私の考えです。
それより一人で生きていけるだけ稼ぐほうがいいと思います。
結婚のための結婚しても今以上に幸せになる確率は低いです。
短くてほんの数か月、長くてほんの数年、幸せになったような気がするだけです。

こんなことを言っていると、少子化がどんどん進みますね・・・
でも世間のために生きるというのは、不幸への第一歩なのです。

社会の幸福が先にあるのではなく、個人の幸福の先に社会の幸福がある
というのが私の好みです。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
18:52 婚活 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
私は最近、その著者の方のような結論にたどりついていました。いずれ醒めてしまう恋愛感情よりも、尊敬できるとか信頼できるという視点で決めたほうがいいだろうと。(まぁ後者も生涯続くとは言い切れませんけどね)

というのも私は、「大好き」「この人しかいない」などと思っていた人でも付き合いを重ねるうちに「なぜ好きになったか分からない」と嫌悪感を抱くほどイヤになるのです。飽きるというのに似ているのかもしれません。

なので私にとって「好き」という感情は、むしろ一時の気の迷いで危険だと思えるのですが、一般的に(人によって?)「好き」という気持ちがそれほど信頼できるものなら羨ましいです。

至言ですね。
いい記事だと思いました。ただ、女性は独身よりも結婚している方が社会も守ってくれるので丈夫で長持ちしていられると思います。出産できるうちに好きな人をゲットしてなんぼな気がします。
No title
数年前から結婚するため、出会いを探しています。

数ヶ月前、とある人とお別れしました。

家庭環境や知的に近い所があり、男性としてときめいてもいましたが、知ると結婚したくないなぁと思いました。

今回の理由は探すならば、仕事に対する価値観と金銭感覚でした。

後は、頭が良すぎて相手のペースに常になってしまうこと。
頭が良い分、最初は完璧に合わせてきましたが、一度対立すると勝てない感じが大変で、もしかすると一番の理由はその「油断ならない」とこだったかもしれません。

なかなか難しいですね。私は心のサイレンを無視できずなかなかまとまりません。

友人は、私が不安症·心配症だから、全て潰しそうだといいますが、自信がなくなってきました。

山鳥先生の今回のお話は、感じる気持ちに従うことが大切ということですね。

また数名とお会いしていて、ひとりは会うとフワッとリラックスしますが、あまり間が持たず、はやめ解散が多いです。

もうひとりは、話すことはたくさんありそうですが、第一印象でなにか邪気を感じました。



やっぱり老後が心配ですね~。
それを考えすぎると、また二の舞でギリギリお断りになりますので、自然にいきたいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。