07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

人生は糾える縄の如し(夫婦のこと)

2016/03/05
大変ご無沙汰しておりました。
これからもボチボチとは書いていきたいと思っています。

さて、今日のタイトル…心理学とは関係なさそうですが
この言葉について考えてみます。

言わずもがな、人生には幸があれば不幸もある、またその逆もある、という意味ですよね。

この言わんとすることは、いろいろ解釈できます。
①今不幸だけど、きっと幸せが来るよ、という希望の言葉として
②今が幸せだからといって、調子に乗るなよ、という自戒の言葉として
③つねに変化するのだから粛々と生きろ、という人生観の言葉として

どう捉えるかは人それぞれでいいと思いますが
個人的には、②のニュアンスがあることによってあまり好きな概念ではありませでした。

物事には両義性がある、表裏一体であるという考え方は
心理療法でも良く使います。
例えば、完璧主義は、良い仕事をさせる側面の一方で、人を追いつめる側面もある、など。
ごく簡単に言っていますが。

ですが、人生は糾える縄の如し、という言葉のニュアンスは
幸せでも次にまた不幸が来るよ、という訓戒めいて捉えていたのです。

しかし、糾える縄と考えれば、表裏一体という意味と大差ないのかもしれません。


前段階でだらだらと書いてしまいましたが、今回書きたかったのは夫婦のことです。

最近、ご夫婦のご相談も増えています。
上手くいかなくなった夫婦、離婚する夫婦。

上手くいかなくなっても、夫婦を続けて行く人達も多くいます。
日々、苦行です。家庭に幸せはありません。
それでも、様々な事情が、彼らを夫婦のままにしています。
変化もできないのであれば、そのまま耐えるしかありません。

へんな話ですが、こういう夫婦に一つだけ利点があるとすれば

「人生の別れが、比較的辛くない」

ということになりますでしょうか。
離れられなくても、どこかの時点で死が二人を分かちます。
その時の思いは、おそらく他の夫婦より楽なものになるでしょう。

逆に、円満で、非常に愛し合っている夫婦がいたとします。
彼らはもちろん日々幸福ですが、その幸福の中には
いつか来る人生の別れへの恐怖を内包しています。
おそらく、実際、その時が来れば、先にあげた夫婦よりも
大きな苦しみを抱えることになるでしょう。

人生は糾える縄の如し

これが、最近私が思った、糾える縄のことです。
まあ感情はそんなに単純なものではないでしょうが
比較的、そういう側面がある、という意味ですね。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
13:19 結婚生活 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
ブログ楽しみにしている一読者です
山鳥さんのブログ、とても参考になります。
前のエントリーも時々読み返しています。
これからも楽しみにしています。
心に響きました
シェアして頂き、ありがとうございます。
私は独身生活が長くなっても、やはり結婚するなら心から好きだと思える人じゃなければ続かないだろうから妥協してはダメだと信じてきました。
でも、これを読ませて頂いて、「人生の別れが、比較的辛くない」という部分がすごく心に響いています。

私は別れが苦手で元彼との別れも長年引きずったので、もし最愛の夫を失ったら落ち込むどころじゃないと思います。
それよりも、まぁ愛してはいないけどイヤじゃないというレベルの人と穏やかに暮らせて別れもそれほど辛くないというのは理想的なのかも?

ここでおっしゃりたいことと違うかもしれませんが、なるほど~そういう考えもあるかーと一人で盛り上がってしまいました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。