04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

失恋への対処

2010/07/04
★みなさんから、ご質問やご意見が届いています。
書きたいところから、マイペースで書いていきますね。
気長にお付き合い下さい。


さて、今日は失恋の話を。

恋愛関係の相談の中で多いのは、失恋の相談です。

失恋の乗り越え方、失恋からの立ち直り方、など。


どうしたら、早く立ち直れるか。

どうしたら、相手を忘れて、早く楽になれるか。


この答えは、実は簡単です。


ずばり(笑)



早く立ち直ろうとしないこと。



逆説的ですけど。


恋愛とは、特に女性にとっては、人生が、かかってたりします。

恋愛は、過去から未来へ流れるものです。

失恋は、それを、あるところで突然中断させるもの。

過去も未来もなくなったような、そんな気持ちにさせるものです。


だから、辛く悲しく、なかなか立ち直れないのが当然なんです。
体で言ったら、大きなケガをした状態。
そんな状態なのに、無理に元気になろうとしたり、動こうとしなくていいんですよ。
自分をいたわって、ゆっくりとしていればいいんです。

無理に、急いで、立ち上がろうとすることが、逆に、キズを長引かせることがあります。
体と一緒です。
ある程度の期間、安静にしてないと、治りが遅くなります。



フロイトの言葉で、「喪の作業」というものがあります。

ごく簡単にいうと、
失ったものを、きちんと悼み、苦しみ、そして最終的に失ったことを受け入れるという作業。
喪の作業ををきちんとやらないと、逆に、ちゃんと立ち直れなくなる、といわれています。

フタをして忘れようとして、表面的には忘れたつもりが
失恋の痛手が尾を引いて、次の恋ができなくなる・・・とかいうことにもなりかねないわけです。


だから失恋で苦しんでる人には、無理に立ち直ろうとしないでいい、
それから、いつまでも相手を忘れられない自分を、弱いダメな人間だと思わないでいい、
とお話します。

きちんと苦しむことが、本当に乗り越えるために必要なことなんですから。



クリックしていただけるとうれしいです



人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
00:40 失恋 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして。
無理に立ち直ろうとするのはいけないんですね。
友達には、気持ちを切り替えて、他に目を向けるようにとか、できるだけ出かけるようにとアドバイスされます。
なかなかできずにいました。
私は大事故で大けがをして生き残った人と同じ気分です。忘れることはできないし、傷跡も時間が経てば薄れるにしても完全に消えることはないことを受け入れてから気持ちがかなり楽になりました。時間はなんといっても失恋の見方です。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。