10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「男の自分勝手を受け入れる方法」

2010/07/17
タイトルのようなご質問があったので、それについての記事を書きますね。


世の中には、ロクな男(女)がいない。
だから出会いもないし、恋もできないし、結婚できない。

という意見があります。

その気持ちがわからないでもありません。

日本人は劣化しているとかいう本を書いた精神科医のかたもいましたね。


女性から男性への不満は大きく2つ

1つは、頼りない。経済的にも精神的にも。
もう1つは、男権主義的であること。


男性から女性への不満は大きく2つ

1つは、男への要求が大きいこと。(経済力や精神力)
もう1つは、女性らしくないこと。


ごらんになるとわかりますように、対になっています。
つまり、お互いに完全にすれ違っています。
お互いから見たら、お互いが勝手至極。

これじゃあ、年々結婚する人が減るはずです。



という前提で、質問に答える意味で、女性サイドへの話を。


たしかに、選ばないほうがいい男性のタイプの1つは、男尊女卑思想のある人です。
これの強い男性との結婚は、いろんな意味で生活に影を落とすことになります。

ただ、男として生まれた以上、これが皆無の人はいません。
ですから、日本人男性の平均と比較して、ましなほうであればよし、なのです。

つまり、この問題に関して、100点満点の男性はいません。
70点ぐらいあれば、そこそこ、まともな男性なんです。

「女は、働かず家にいろなんて思わないけれど、
自分が疲れて帰ったときは、笑顔で迎えて、お茶の1杯でも出してほしい」
という要求は、男性として平均的なものです。

とくに男権的とも思えません。


その要求が、男尊女卑的なものなのか、
「男」であるゆえのものなのか、ここの見極めが大事です。


男性というのは、思いのほか、優しいものです。
人のために尽したり、人のために生きることができる人達です。
その[人]というのは、他人までも含まれていたりします。

女性のほうが、実は、個人主義的で、自分中心に生きてます。
母性で幻惑されてますけどね。
自分の分身=子供を守るための本能かもしれません。

これは、根拠はまだ十分ではないですが、いろんな人を見てきた私の直観です。(笑)


男性とはどういうものかを知るためには、もっと広く見ることは大事です。
私もかつては、世の中には自分勝手なダメ男しかいないと思っていた時期もありました。
歳を取るにつれて、いろいろ見えてきました。

ダメと思うとダメな部分しか目に入らなくなります。


ロクな男がいない、と思う方は、例外を探してください。

ロクな男を探してください。
あるいは、ロクでもないと思っていた男の例外的な部分を。

ロクでもない男でも、例外に注目されることによって、変わることがあります。
ピグマリオン効果、という、言葉が有名ですね。
↑私はこういうの、あると思います。


いかがでしょうか。
少しは、ヒントになりましたでしょうか。



【お知らせ】
読者の皆様へのアンケートを実施中です。
⇒⇒⇒
① 幸せな結婚をした人へ

いずれまとめてみたい思いますが、このテーマに関心ある方は
コメントを読むだけで、なにかヒントがありそう・・・な感じですよ。



クリックしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
22:04 恋愛 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
山鳥先生、有難うございます。
男として生まれた以上、皆無の人はいないのであれば、男権主義は無くならなそうですね。『男』であるゆえの男権なら、女性も素直に受け入れられるかも知れません。ところが、ラクをしたい時は男権を主張し、不利な時は男女平等を訴える男性が増えてきていると感じます(女も一緒かな)。例えば、デート代は割り勘だったのに、家ではお茶を入れさせる、みたいな現代思想と古風の矛盾です。例外の男性は希少だと思いますが、男尊女卑的なものなのか、『男』であるゆえのものなのか、ここをしっかり見極めていきたいと思います!!
お互いに全く同じことを要求しあうという意味の平等とお互いの違いを認め合って受け入れる意味の平等はまったく違います。平等という名目のもとに女性にものすごい力仕事を要求するのは男性に妊娠しろというのと同じ。
「良い男がいない」とか「良い女がいない」と言っていつも出会いがない人は、年を重ねた男女に多く、自分の事を棚に上げて自分を省みない方が多い気がします。
まず、自身を磨きつつ理想を描かなくては、実現しないことに気が付かなくてはならないと思います。
男らしくの矛盾
私は男尊女卑を男性は大切にしないと生物学的にか弱いから絶滅しちゃうっていう先人の知恵の一つだと思ってます。
真剣に対等に扱われたらたぶん男性は耐えられないかも。
精神面でも戦後立ち直りが早かったのは女性。
現実を見ていく力はダントツ女性が上と思ってます。
ただ、男尊女卑的な発想をしない男性は『男らしさ』を強要されることを好まない人が多いし、
頼りない雰囲気を感じるかもしれないな~と思います。
私は頭が筋肉な人を好まないので、あまり男権的な人にあったことがありません。
ふぅーん
今は女も仕事して闘ってるのに、自分だけ茶を出せ、癒せなんて都合いいよねー。

羨ましいわ。

まぁ、優しいなんて恐ろしい。

結婚したら奴隷のように扱うくせに。
妻で親孝行して、妻のことはほったらかし。

結婚したことあるんですか、あなた。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。