07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

幸せな結婚をした人へ<アンケートの回>

2010/07/08
幸せな結婚の定義は難しいですが、
特にもめごともなく、平和な毎日を送れる相手
という程度で十分な気がします。


贅沢を言うなら、
一緒にいて楽しいとか
会話がはずむとか
お互い思いやりを持って接するとか
お互い感謝し合えるとか助け合えるとか。


また別の視点から言うと、
贅沢な毎日を送れるとか
いい家に住めるとか
将来が安心とか
子供がかわいいとか。


幸せとは、十分に主観的なものなので、本人が「幸せ」と思えばそれで十分です。

もちろん幸せ半分、不幸半分と、いろんな要素が絡み合うのが結婚です。
それでも全体として、おおままに言って、「幸せ」と思えるなら十分です。


というわけで、ご本人が「幸せ」と思える結婚をした人、
のデータをそろそろ、ちょっとずつ集めたいなと思ってます。


そのうち、「不幸」についても集めたいと思います。


自分が幸せな結婚をしたな、と思う方は、よかったら
何がそのポイントとなったかというご意見を、コメント欄にいただけると幸いです。

・選ぶ時のポイント(どこを重視したか)
・相手のタイプ、自分のタイプ
・自分の価値観
・結婚後、幸せと思うポイント
・これから結婚する人にアドバイスするとしたら?

などを思いつくまま、ご自由にどうぞ。



そのうちに、もっと整備されたアンケートをしていきたいと思ってます。
予備調査というか予備予備調査というか。
どの程度のご意見が集まるかもまだ未知数ですし・・・・




多くのご意見を集めるために、ランクUPしたいところです。
おかげさまで、皆様のご協力で、ランクINしてます。
やる気を出しています。


クリックしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
01:16 結婚の研究 | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
はじめまして。

>特にもめごともなく、平和な毎日を送れる相手


結婚7年目ですがこれにあてはまると思います。

自分の好みではなく合う人を選んだように思います。

知合って1年位で結婚しました。
あれこれ条件なんてありませんでした。
「いい人だから、まぁ~いいか」です。

アドバイスをするとしたら、3つです。(自分が結婚してから反省した点です。)

1つ目は、男の人って外の顔と家の顔(特に実家)があるので実家の行動はチェックするべきだったと後悔しました。まして私は田舎は知らなかったのに田舎出身の旦那なので結婚後帰省で苦労してます。まさか日本で異文化体験するとは思いませんでした。
「結婚は修行」と愚痴をこぼすと友達に言われています。旦那とケンカするのも旦那の実家絡みです。


2つ目は
独身の時家事全般できませんでした。
その中でも結婚に有利なのはズバリ料理だと思います。
特に「和食」
味付け・歯ごたえなど食べ物で家の個性がでますので、どういう育ちをしてきたか想像しやすい1つです。

3つ目はどういう育ちをしてきたか?を頭の隅にいれて会話をするべきだったと思いました。

以上です。
結婚14年目の40代の女性です。

・選ぶ時のポイント(どこを重視したか)

 理屈っぽいかもしれませんが、相手を「選 ぶ」「選ばれる」というのは、少し違う気 がします。
 お互いに寄り添った先に結婚があったとい うだけの話のような気がします。
 ただ、結婚を、一生同じ船で過ごす乗り組 員同士と考えるならば、気があわなければ 無理だと思います
 
・相手のタイプ、自分のタイプ

 恋人にするタイプ、というのならば、お互 いに絶対 に違うと思います。

・自分の価値観
 
 向上心を持たない。無理はしない。
 自然に逆らわない、ぐらいかな。 
 
 
・結婚後、幸せと思うポイント
 
 夫婦の会話って、うちだけかもしれませんが、99パーセントは、友人にも子供にも会社の同僚にも聞かせれないぐらい下世話で意味のない会話の連続です。でも、そんなくだらない話でも、遠慮も気がねもせずできる相手がいて、ゲラゲラ笑いあう相手がいる瞬間が私にとっては最高に幸せな時間です。

・今から結婚する人にアドバイスするとしたら?

 結婚前飲みに行った帰りのゲーセンの前世占いで、「あなたは前世で結婚相手に飛んでもなくひどいことをしている。現世はその償いの時間である」とでました。(笑)
 でも、トラブルがあるたびに「償いだからしょうがないか」とスル―して受け流します。結婚は確かに修行の場であると言えます。いろんなことがあるけれど、この人と連れ添った先に見えるものが 私は見たい といつも思います。
あと、思いやり(これ、わすれがちだけどすごく大事)とユーモアがあれば、たいていのことは乗り越えられると信じています。
結婚4年目。
・選ぶ時のポイント
会ったその日に好きになり、気持ちは今も 変わりません。私の場合は『直感』‥でし ょうか。どんな職業でも、どんな生活になってもこの人といたい!と思ったのが結婚を決めたポイント。

・相手のタイプ、自分のタイプ
夫は現実的で計画性のあるタイプ。好き嫌いがはっきりしていて、すぐ顔や態度に出るので分かりやすいです。私も基本的には夫と同じタイプだと思います。意見が分かれることが少ないので。違うところは物事に対する考え方のバランスでしょうか。夫はかなり偏っているので、私がよく修正している感じです(笑)

・自分の価値観
結婚願望はなかった(両親の結婚生活を見て、結婚しても必ず幸せになれるとは思えなかったから)
何かに依存せず、1人でも生きていけるよう経済的・精神的な独立を心がけるのが、幸せへの近道だと感じる。でも、無理はしない。
人生なるようになるさ!

・結婚後幸せと思うポイント
2人の価値観がとても近いので、自然体でいられる。お互い外では絶対見せない(2人とも堅い仕事です)ようなアホなことをしたり言ったりして遊び、ストレス発散できる。chikamichiさんが書いておられましたが、ゲラゲラ笑いあえる相手がいるってホントに最高です。
・今から結婚する人にアドバイスするとしたら?
うーーん‥。どれだけ色々考えても、相手がマイナス面を故意に隠していたら、結婚してみないと分からないことってあると思うんです。ある程度『運』もあるかも。でも、暴力・借金・なまけ者・モラハラは回避して欲しいです。そういう人達にはなんとなくヒントになるような言動があるよと思うんです。ここに書くには長すぎて書けませんが‥。
あとは、自分で身を立てられるようにすることでしょうか。自分に自信を持つということ。
結婚したらお互いに感謝を言い合いましょう!おはようっていうみたいに『ありがとう』を!!感謝は幸せを呼ぶと思います。
早速、コメントありがとうございます。
すでにお三方ですら、なにがしかの共通点が見えるような気がします。
いやいやそれ以外にも、こんな考えも・・・という事例もあるかもしれません。

ある程度時間が経過したらまとめてみたいと思いますが、それまではどうぞさらなるご意見をば、お書き込みくださいませ。

まずはお三方様、ありがとうございます。
・選ぶ時のポイント(どこを重視したか)
恋愛に突進系だったので十分それに疲れた頃
今までとは同じではまた同じ繰り返しをする・・と自分自身を見直した頃、選んだ相手が今のだんなさんです。
ときめきは一瞬だけど ずっと一緒に・・という相手を選びました。間違っていなかったと思っています。

・相手のタイプ、自分のタイプ
相手は 本当におおらかで 優しい。誰に対しても・・親に対しても私の親に対しても
基本・・考え方がやさしい。
そこに惹かれました。
ないものですから・・

自分は本当にせっかちで 怒りの沸点が低い。なんでもぷりぷりしてしまいます。
そこがタイプ的にまったく違います・・笑

・自分の価値観
もともと結婚にあこがれがない人間なので
なんでも、こんなもんか~って思うようになっています。
ですので、結婚生活に落胆もしませんし、
独身とほぼ変わりませんのである意味幸せだなぁっと思ってます。

・結婚後、幸せと思うポイント
同志なので 相手のことを同じように思いやれるし相手も同じように思ってくれているので・・・
一人じゃないなぁって思います。

私の友人とも本当に仲良くしてくれているのでそれをみると、本当に幸せを感じます。


・これから結婚する人にアドバイスするとしたら?
一緒に人生を歩む人ですから
何か、気を使ったり・・とかでなく
同等に物事の意見を言い合える相手がいいかな、、とおもいます。
そうなるとやっぱり相手を想う気持ちがお互い同じくらいの人。

極端に差がある人は・・よくないのでは?っとおもいますが、やってみないとなんもわからないので
直感を信じてください。。とだけ、、♪
はじめまして。
洗濯するのに、汚れが酷い時はプレ洗いをしますよね。或いはつけ置きとか。
結婚も、年齢が上にいけば行くほど、この前段階が必要な気がします。

幸せの赤い糸は人生経験が多くなるほど垢にまみれて絡みやすくなっています。
先ずは絡まった糸を解してあげないと、どんなチャンスも無駄になってしまいます。

その上で。山鳥様のアンケートについて考えてみたいと思います。


私は結婚10年です。
贅沢な毎日は送れませんが、夫婦共働きで、都心に自宅を持ち、健康で楽しく、平和な毎日を送る事ができています。

幸せな結婚相手を選ぶポイントは・・
まず、時間をかけて相手を良く知ること。
私が一番重要視したのは、「安定感」です。
どんな状況にあっても、言動が常に安定し、一貫しているということ。
日によって、あるいは状況によって態度が変わったり、言う事がまちまちだったり、ということが無いかどうか。
これは仕事・健康・彼の家族などについても同じです。
不安定な要素があるとしたら、どこにあるのかを見分けます。

それから、信頼のおける第三者に彼に逢ってもらう事。
自分から見て「この人は他人を見る目があるな」と思う人に、実際に逢ってもらうこと。
私の両親は人を見る目が非常に厳しい人達だったのですが、その両親が手放しで祝福してくれた相手が私の夫でした。

結婚後、幸せと思うのは彼の人間性に癒やされるということ。(ごめんなさい)
彼と普通に話していても、勉強になることが多いのですが、それに加えて彼が私の家族をとても大切にしてくれることです。
自宅から私の実家が近いという事もあって、私の実母の介護を手伝ってくれたり、彼はその為に仕事の傍ら勉強して、介護福祉士の資格を取りました。ちなみに仕事は全く異業種です。
母は亡くなりましたが、私の夫には最後まで感謝していました。

あと、これは余談なのですが。
彼を見ていて思うのは、神仏を大切にする人。宗教ではなく、神社参りが好きとか、物を大切にするとか、何かそういう些細なところに人柄が現れてきて、意外とそういう事を日常的にサラっとするような人には神様がついて守ってくれるような気がします。
はじめまして。
結婚4年目の専業主婦です。子供はいません、というか。。。子供は要りませんのでこの先も出産はありえません。仕事はこの先興味があることがあれば働くこともあるかも知れませんが、そうでなければ別に仕事を探すつもりはありません。わんこ3匹と緩やかに穏やかに生きてます。専業なので趣味のお料理にも精がでます。ストレスの無い生活です。
○結婚ポイント
とってもシンプルです。
ぞっとこの人と一緒にいたい、この人以外は考えられない。そう感じたからです。
○自分、相手のタイプ
お互い変わり者であり、芸術肌。変わりダネだからか、お互い異性にはモテてました。恋愛場数は両者かなりではないでしょうか。。。
○自分の価値観
世間の価値観に迎合することなく、世間の目を気にすることなく自分の居心地の良い空間、生活、人生を大切に生きて行きたい。
彼の価値観も要約すれば上記のとおりだと思います。

○結婚して幸せと思う点
世界一大好きな相手と愉しむ美味しい酒と美味しい料理(私作)、いろんな会話。セレブではありませんが、精神的にすごく豊かです

○これから結婚する人へ
えらそうに何も言えません。
ただ、幸せとは自分の中にあるものなので、既存の価値観に縛られず、夫婦オリジナルな幸せを感じる瞬間を大事にして頂きたいです。
そして、月並みですが、夫婦の基本は愛と思いやりと感謝だと思います。




こんにちは。思いつくまま書きます。
私は、結婚願望が強かった頃、相手の職業や年収とかの条件を重視してました。
当時の仕事があまり好きでなかったので、仕事を辞めるために結婚したいと思ってた時期です。
その後転職して、好きな仕事につき、結婚は無理しなくていいやと思っていた頃に、今の夫(同僚)と知り合いました。

選んだポイントは、どんなに忙しい時も、いつも冷静で穏やかであったこと、人の嫌がる仕事も進んでやる人だったこと、相手の気持ちを、自然と優先できる人だったってことです。
それから、話が合って会話が楽しかったこととか、見た目に好感が持てたこと、なども大事でした。
付き合ってるときに一度別れるかどうかというぐらいの問題が起き、大喧嘩をしたのですが、彼がその問題を何とか乗り越えようと努力してくれたときに、この人となら一生やっていけそうだと思いました。

他のみなさんが書いてらっしゃることに、同意する点も多いです。
結婚する人へのアドバイスは、やはり世間の評価に惑わされないこと、ってことでしょうか。山鳥さんの記事にもありましたよね。
自分の目で、自分に合う人を見極めるってことが大事だなと思います。
ご参考になれば。

私にとっての幸せな結婚
・選ぶ時のポイント自分はどう生きたいのか、それに合う人はどんな人か、と主体的に結婚を考えたこと

・相手のタイプ
温和でおっとりしていて理系技術者タイプ。
・自分のタイプ
好奇心旺盛で行動派の文系営業職タイプ。
・自分の価値観
おいしい酒や食事は独りで食べるより二人の方がよりおいしい♪
しんどいこともあるけど、二人で分け合えるから楽になる。
次世代を育てて自分が受けた分をお返しする人生を送りたい。
・結婚後、幸せと思うポイント
夫は私がすやすや安心しきって寝てるとこだそう。
夫の笑顔かな。
・これから結婚する人にアドバイスするとしたら?
相手への条件云々は自分を分析すると自然に絞れます。

自分を知ること、自分を受け入れること、そして誰よりも自分を愛すること
自分を大切にすることが自然にできるようになって、ようやく夫と出会えたかなと思います。
皆さん、コメント大変ありがとうございます。
いずれ皆さんのご意見をもとに、いろいろ記事を書きたいと思っています!

まだまだ受け付けたいと思いますので、引き続き、幸せな結婚のお話をお聞かせくださいませ。
初めまして!

私は結婚10年です。
結婚当初は二人とも若かったこともあり、何かを基準に選択した記憶はありません。

・・・が、私自身の性格上、
「最悪な状況のシュミレーション」を常にしていました。
良い時に良いなのは当たり前。
悪い時にどうなってしまうのか。
本人さえ自覚していないマイナスの側面が私には見てしまうのです。

結婚後は、ケンカもするけど想定内の範囲内って感じですね。

結局のところ、「洞察力」「観察力」「想像力」があれば、自分にとって幸せな結婚ができるのだと思います。
相手を分析して選ぶのではなく、自分の幸せを追求するということでしょうか。
結婚することそのものも含めて。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。