04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

災害ストレスについて

2011/03/19
たいへんな災害が起きました。

このような重大な災害は、物理的な被害も大きいですが
心にも大きなダメージを与えます。

被災された方はもちろんのこと、大きな被害がなかった方でも
余震や、原発の不安、停電や断水などのストレスが
心身に大きな影響を与えています。

私の勤務先でも、日常が大きく揺らいだ現状へのストレスを訴える方の相談が
非常に増えています。

このような災害後のストレス反応は、人間として当然のことですので
それについて知識を得て、適切に対処されてください。

どのようなストレス反応が多いか、ざっと述べてみますと、

●緊張や不安から、睡眠不足になる
●恐怖心が強くなり、胸がドキドキする
●イライラして喧嘩が増える
●考えがまとまらなくなる
●頭痛や肩こりがひどくなったり、胃腸の調子が悪くなる
●食欲が低下する
●お酒を飲みすぎる

などなど…

これは、異常なことでなく、大きなストレスに対する正常な反応です。

どう対処するか。

●いつもより健康的で規則正しい生活を心がける。
(TVやインターネットは情報を得るため最低限確認し早く寝るようにします)
●この出来事から離れてリラックスする時間をもうける。
(好きな音楽、アロマ、ストレッチ、なんでもいいです)
●自分の気持ちや状態について、できるだけ周りの人に話す
(話すことで余計に不安になる場合があるので、そこは慎重に。楽になれる相手と話しましょう)
●家族や周りの人とトラブルが起きやすい状況ですが、同じように皆余裕がないのだと理解する
●症状がひどかったり、長く続く場合は、早めにカウンセラーや心療内科医などに相談する


災害のストレスや、それに対する反応が強い場合は、
ストレス障害(ASDやPTSD)と呼ばれる、精神症状を示す場合があります。

その症状は
①過度の覚醒(神経が高ぶって眠れなかったり眠りが浅い、など)
②フラッシュバック(思い出したくない恐怖体験を何度も思い出す、など)
③回避(恐怖体験を思い出す元となるものを極度に避ける、など)

このような症状が強く見られた場合は、メンタル系の医療機関への受診をお勧めします。


今回の震災は、たいへん悲惨で恐ろしい出来事ではありますが、
災害や戦争などによるストレス障害は、
個人的な出来事(暴力被害、事故被害など)によるASDやPTSDに比べて、
一般に早く治癒すると言われています。

それは、同じようなストレスに晒された仲間がたくさんいること、
それについて、周りに話したりしやすいこと
心理的、物理的な援助が得やすいこと、
などがあげられます。
つまり、助け合うこと、人とつながることが大きな力になるのです。

今、それぞれの人ができることを粛々とやり
希望を失わず、日々を一歩一歩、過ごすこと。
まずは、それだけで十分だと思います。


被災者の支援に行かれる方には、下記のガイドブックが参考になります。

災害ストレスについても、よくまとまっています。
災害時の「こころのケア」の手引き



スポンサーサイト
21:59 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。