04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「普通の人」を見つけるのはハードルが高い

2011/10/21
以前、結婚相手は、「普通の人」がいいというのは

結構ハードルが高いと書きました。


普通って難しいんですよね。


普通とは、何か。

2つの意味があります。

1つは、平均的であること。

統計学的に言うと、偏差値50前後ってことです。


特別秀でているわけでもないが、劣ってるわけでもない。

カタカナで言うと、アベレージ。


結婚相手として言う、「普通の人」はこちらではないでしょう。

恐らく、もう1つの意味のほうです。

カタカナで言うと、ノーマル。

平均値や偏差値よりも、もっと漠然とした印象で、
正常な人、当たり前の人、ってことですね。
(英語のnormalは、前者の意味も含みますが)


普通の感覚のある人。

常識的な人。

異常なところや変なところがない人。



前者の平均的な人は、探せば見つかります。

普通程度に優しい人、普通程度の年収の人、など。


だけど、後者は難しい。

普通の人は、身近な人と、20代のうちに結婚していたりしますから

なかなか残っていないのがひとつ。



それと、ノーマルとはいえ、他人であり、別の個性を持った人間ですから

自分にとってのノーマルが完全に一致するとは限らない。

7-8割一致すれば、かなりのものです。

それでも、2-3割は、あなたにとって、非常にアブノーマルで

「普通でない人」の部分を持っているわけです。

そこを受け入れたうえでの、普通を求めないといけません。



さらに、

普通の人は、目立ちません。

その他大勢に埋没していますので、探し出すのには選択眼がいります。

その選択眼を若いうちに持っていた女性が、身近の普通の人と

普通に、結婚していきます。

そんな彼女ら彼らは、なぜ人々がかのように結婚することに苦労するのか

まったく理解できません。

その機会を逃した方が、普通の男性を探すとしたら、

より若い方向、より目立たぬ方向、ということでしょうか。

あまりよいアドバイスができません。


なにしろ、冒頭に書きましたように、難しいんですよね。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:31 婚活 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
普通ってなんなのでしょう?
普通
大学の同級生たちを思い出します。

人当たりが穏やか、平凡、群れている感じの人たちですね。

彼女らは、モテたわけでもセクシーなわけでも、何かの才能に秀でていたわけでもなく…

しかし、確実に結婚。

人目をひいてモテるタイプの子の方が、30超えて結婚。

個性的な人、才能ある人はまだ独身。

です。

偏ってる人ほど、遅いのかも。

結婚は、普通の日常生活を、無事に長く、思いやりを持って続ける事…

で、いくら仕事の才能があっても、偏ってたら大変ですもんね。

ちなみに私は、ちょっとだけ個性的な方。

私の友人も、そんな感じで、小学校~大学の友人まで、未婚の友人が多いです。

それなら、未婚の男性=気が合う人が多いか、っていうと、そうではなく…

女性の比にならないくらい、マイペースで個性的…


最近、40代半ばの理系技術者(研究開発)とお見合いをしました。

専門では、すごく活躍してるのかもですが、デートコースはいつも波乱万丈…

老後や住居、子育て費用は初耳…

仕事以外の事が、全く子供という感じでビックリ。

笑顔が中学生です。仕事は尊敬しますし、かわいい所もありますけど…

人生の荒波に巻き込まれそうで怖いです(^_^;)。


しかし、やや個性的な女性は、最も結婚で苦労しますね…

普通の若い男の子が眩しい…(*_*)
何度も済みません
ちょっと考えたのですが、自分自身も今より、より「常識的」「ノーマル」を目指すことで、より結婚相手が見つかり易くなる、ということなのでしょうか。

No title
うまいこと言い当ててると思いました。
ほんとうにそうですよね。
普通って難しくて、いろんな普通があるし。
普通過ぎてもつまらないし、個性は欲しいけど、個性が激しいとまたこれも一緒にいるのはつらいし。
自分の背の高さという表現にすれば、自分と相手の背の高さが同じであることがその人の「普通」だと思います。
背の高さを価値観と言うと分かりやすいのでしょうか?

私は、この価値観が同じであることを追求したいと思っています。
必ず居るはずだと確信みたいなものがある、38歳女性です。
結婚よりも、恋愛をしたいのです。
恋から愛に変えたい。そうやって相手を探したい。
そんな相手と結婚したい。
親が聞くと泣きますねv-356
「まとも」と「個性」と。
ノーマルという意味での「普通」の人がパートナーを得やすい、という
論理は納得できますね。

ただ、結婚って結局「御縁」だと私は思っているので、
「ノーマルで癖がない」ことが必ずしもその必須条件ではないので
しょうね。
すごく個性的な人、例えば、うーん・・・、
ケラさんと緒川たまき(?)さんという
カップルが誕生したりしてますし・・・!
他にもうわぉ!と思わせるカップルもいるし。
内田裕也氏ときりんさん(揉めてますが)。

「ノーマル」という実は一番曖昧で難しいことに
自分を押し込めて息苦しくなるよりも、
個性をいい方向に育てていればいいのかな、なんて思います。

イイ御縁、出会いたいですね~~~(^^)
普通は存在しない
私は自分の経験から普通は幻想だと考えてます。
まず第一に自分が普通に当てはまるかという点で?です。
普通って何か?
偏差値50を出すにしてもその母集団は婚姻可能年齢から最高齢までなのか、年齢の上下限を決めるだけでもなかなか大変。
『普通の人がいい』という友人には『じゃああなたは普通なの?普通だっていえる根拠は何?仮に私にわからない普通に該当するとしてその普通の人が求める普通の結婚は自分が望むものと一致するの?』と一気には問いませんがこう問いかけたとき『普通』を求めることの不要を問いかけ
結婚できる人はどんな人かと問われれば『受け入れる人』と私はいいます。
私自身に結婚に抵抗があるときやご縁がないときは
『自分を受け入れられないがゆえに他人をも受け入れる余裕がないのにありのままの自分を受け入れてほしい』という矛盾に気づいてないときでした。
普通の人を探したり普通の人になるより今の自分や他人を受け入れる方が
自分に合った結婚に早く向かえる気がします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。