08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

結婚できない理由2 異性の気持ちがわからない

2011/08/23
前回の記事の続きです。


4つあげたうち、「異性の気持ちがわからない」

これが、思うに、一番大事なポイントです。


相手の気持ちからズレたことばかりしてると

結婚相手として考えてもらうのは難しい。

普通に恋人はできるような女性が、なかなか結婚できないのは

この要素だったりします。


男性の場合、他の条件が良かったりすると、女性の気持ちに鈍くても

・男の無骨さ
・不器用なだけ
・女性慣れしてなくてむしろ好ましい

などと勘違いされて、結婚へ至ることもあるでしょうが
(結婚後、苦労するかもしれませんが)

女性の場合、なかなかそうもいきません。


男性が「結婚したくなる」ツボを押さえなくてはいけないのです。

そう話すと

料理とか、美しくあること?

なんて話が出てくるのですが、またこれもズレています。




ちなみに、異性の気持ちを知るためには、相手を知ることが大事です。

異性の気持ちを理解できない人は、男女かかわらず、

異性のことを、自分の思い込みで判断しています。

極端に理想化しているか(自分のすべてを受け入れてくれる聖人のような人として)

逆に、極端に敵視しているか(身勝手で搾取的な存在だとか)。

そういうふうに、異性を極端な視点からとらえていると

当然ながら、相手の気持ちも正しく理解できません。


まずは、異性も自分たちと同じ人間であり、自分と同じように

良いところも悪いところも持っていると理解しなくてはいけません。


そのような理解を前提として、相手を、人間として配慮する。

結婚したいほどの相手なのですから、それ以上に

自分が愛する人間として配慮する。


まー簡単に言うと、相手の気持ちに沿うというのは、それだけのことですが、

もうちょっと書いてみます。



男性はどんな女性なら結婚したいと考えているか。

その本質を見なければいけない。

たとえば、手料理一つとっても
気に入られるために必死に料理してはだめなのです。
見透かされます。
逆に安い女と思われることにもなりかねません。

やってあげたという態度を取られるぐらいなら
むしろ外食をおごって、感謝されたいと思うのが男性です。

男性は人間関係の中で、形のないものを重視します。

女性はプレゼントを喜びますが
男性は感謝の言葉を喜びます。

女性の役に立ったこと、女性を幸せにしたこと、
女性から尊敬されること、などを喜びます。

彼らが必要な時に、必要なものを提供する。

その多くは形のないものです。

それができるかどうかです。

漠然となってきましたが、わかりましたでしょうか?
(恋愛マニュアルを書くつもりがないため…)


最後にちょっとヒントを。


たとえば、大事な女友達がいたとしたら、

その人に対するのと同じような配慮を、男性にも持ってみたらどうでしょう。

うまく行って結婚し、結婚しても幸せなカップルの多くは

どこか親友同士のような風情があるものです。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
18:46 婚活 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
いつも楽しみに読ませていただいています。

今日の記事も共感できる部分がたくさんありました。
特に、↓この部分。

男性は人間関係の中で、形のないものを重視します。
女性はプレゼントを喜びますが
男性は感謝の言葉を喜びます。
女性の役に立ったこと、女性を幸せにしたこと、
女性から尊敬されること、などを喜びます。

↑本当にそうですね。
特に、男性度の高い男性には、それを踏まえて関わっていくこと、大事だと思います。

私も、「男に負けたくない」というある種の敵対心から、(男性の目から見て)かわいげのない女でした。まぁ今も若干。。(笑)

でも、あることがきっかけで改心!し、

あなたを尊敬している
あなたに感謝している
あなたが居て幸せを感じる
あなたを強い男だと思っている

これらの事を、意識的に言葉や態度で伝えるようにすると、関係がかなり良くなりました。

男性に勝ちたいのか
男性と幸せになりたいのか。

愛は技術ですよね。ほんとに。修行あるのみ!

友人として
こんにちは。

男性とうまくやっていく、とは、地道で基本的なことなんですね…。

あなたのお陰で幸せ、を、デートの1日で出来ても、人生を通じてできるかは、少し自信なしです(^_^;)。

一人の時間が長く、専門職についてしまうと、冒険&手作りの楽しさを覚えてしまいました…

でも、私を喜ばそうとする男性は、私からチャレンジや創意工夫を取り上げ(?)

全て用意してくれるのです。

私だって、それが多少ないと、相手を男性として受け入れられないのに、

自分の力が試せなかった…と思ってしまいます。

そして男性は、私を「女はそこまで働かなくていい」「俺の方がエラい」と、何かやる気を失わせます。

結婚したら、こういう日々の繰り返しでしょうか…

結婚とは、女性が男性を誉めて支えて、頼りにし、サポートするという事でしょうか。

自分に出来るか心配です…。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
100%同感です!
No title
はじめまして最近読ませて頂いておりますが
何度も読み返す程、凄く勉強になりました
彼は社会的地位の高いエリートですが
誕生日には豪華なお花を届けてくれるのですが

私からのプレゼントに対しては凄く気を使うようで
お金を使わなくていいから、普通に元気でいてくれればいいからと
いわれる気持ちがわかりました
ありがとうございました

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。