10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

男性の結婚相手の選び方

2011/09/09
前々回の記事のまたちょっと続編になります。


私の見立てでは、

女性より、男性のほうが、結婚相手の(内面の)選択において、シビアです。


女性より、人物像について、自分との相性について、冷静に判断しています。

女性ほど「結婚」に目がくらんでいないのです。

とにかく「結婚できればいい」とは思っていない。
(最近の婚活ブームで、そうでない男性も増えた気もしますが)


女性は、付き合った男性とすぐ結婚を考えますが

男性は、そうではないということは、

何人かの男性と付き合った女性ならおわかりでしょう。


女性は、意外と、デジタルに結婚相手を選んでしまいます。

学歴、年収、身長なんかを重視して、婚活している人の多いこと。

笑ってしまうぐらい、数字に換算できる条件です。

だからデジタル条件が有利な男性は、売れ残りにくい。


しかし、女性はそうではありません。

年収が高かろうが、ずば抜けて美人だろうが、結婚できない人はできない。


それは、男性が、内面を重視しているからです。


と書くと、人格とか、人柄重視、のように聞こえますが

それともまた違います。


自分が望む生活、相手に与えられる生活とのマッチングを考慮している

とでもいいましょうか。

たとえば、高収入の男性と結婚したい女性は

収入のデジタルな情報のみに注目して、

その男性が家族のためにちゃんとお金を使ってくれるか、については

あまり判断しません。

しかし、男性は、女性の消費傾向について、冷静に見ていたりします。


だからでしょうか。


女性は世間から勘がが鋭いなどとおだてられいて、

自分の選択眼に自信を持っている人も多いのですが、

結婚後に、「こんなはずじゃなかった」と離婚を言い出すのは

女性のほうが多いのです。

相手をよく見ていない証拠の1つのように思います。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:53 婚活 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
No title
>たとえば、高収入の男性と結婚したい女性は
>収入のデジタルな情報のみに注目して、
>その男性が家族のためにちゃんとお金を使ってくれるか、については
>あまり判断しません。

そんなことないでしょ(笑)
割り勘や端数にこだわったりすれば高収入でもケチな男だなと判断しますし、実際そんな理由で結婚できない男が結婚相談所にはいっぱいいますよ。
女性は自分がどう扱われるかという点については男性以上にシビアで敏感だと思いますが?

>結婚後に、「こんなはずじゃなかった」と離婚を言い出すのは
>女性のほうが多いのです。
>相手をよく見ていない証拠の1つのように思います。

「こんなはずじゃなかった」の判断基準を見抜けなかったのはお互い様でしょうし、「冷静に判断する男性」も「相手をよく見ていない」ということでは??
No title
鋭い洞察力ですね、いつも関心して見ています。

私は恋愛経験は人より多い方なので、男性目線と女性目線の違いはとても同感です!
確かに男性は美人が良いと思っていながらも、そういった内部的な事を見てますし、女性はデジタル面を判断基準にする方は多いですね、私もとても重視している条件の一部です。(現在は結婚してます)
私の経験からすると、現在の自身の生活レベルの向上心というか欲というか特にそういう思いの強い女性に見られる気がします。
でもそういった欲のない田舎の女性などは割と身近なご近所と結婚してしまったり・・・。

>女性は、付き合った男性とすぐ結婚を考えますが

>男性は、そうではないということは、

確かに私の周囲もそういう方が多く、よく話に聞くのですが
私自身の場合は例外かな?と思っています。

私がこれまで付き合って来た男性は、私と付き合い出してある程度時期が経つとほとんどの男性が私と結婚したがっておりました。(私は男性に結婚を意識されると離れたいとさえ思う事ありました)
ただ、私は昔から理想が高くて、私の条件(理想?)をクリアしていない男性との結婚する気持ち等は芽生える事は毛頭ありませんでした。
当時とても好きな男性とでもです。
いつも『結婚と恋愛は別物』と思っていたからカモ知れません。
ラッキーガール
うーん…。

最近とみにデジタル思考になってしまった私には、耳の痛い話です(^_^;)。

数年前までは、本当に信頼できて、心が通じ合わないと結婚などしない、と思い、デジタルに見合い結婚をしては浮かない顔をしている旧友を、「幸せそうじゃないなぁ。なんで間違ったん?」と訝しがっていましたが。

当時(32才)、私はのほほんとしていました。

しかし、今まさに、私もそんな結婚をしてしまいそうな勢いです。

子育て、介護、老後…が見えてくると、それをとにかく安全にこなす事に集中してしまい、勘が鈍るんでしょうか。

また、全てを備えた男性の数が少ないので、目に見えない実害を、予感はしていながらも、目をつぶってしまう…。

目に見える苦労を避けようとする事が上回ってしまう、という感じかと。


男性は、結婚によって、地位が変わる事もなさそうな気がします。

私の兄弟も、結構中身を見てましたね…
兄いわく

「奥さんが一番、性格が良かった」

「嫌な思いをしたことがない」

「自分が、っていう我が強くない」

「貧乏で先が見えない時、『努力していたら、少しずつでも、いい方に向かっているのは間違いない。もし失敗しても、またここに戻ってきて二人でやり直せばいい』と励ましてくれた」

「こいつと出会ってから、物事がうまくいくようになった」
「いくら綺麗でも、文句ばっかり言ってる女は嫌だ」

「自分がどんな人間か、限界や欠点も知った時、この先生きていこうと思うと、こういう人が自分には必要なんだと思った」


など、婚約中に色々聞きました。今は時々ケンカもしてるみたいですが。

彼女と付き合って、確かに兄はステップアップし、年収180万→700万の転職を華麗にに果たしました。

男性は、自分のラッキーガール(あげまん?幸福の女神?)みたいな存在を求めているようですね。
No title
>年収が高かろうが、ずば抜けて美人だろうが、結婚できない人はできない。
>それは、男性が、内面を重視しているからです。

これはちょっと違うと思いますよ。
男性も女性も内面重視な方もそうでない方もいますよ。
ただ女性で美人や年収の高い、つまり条件の良い方は釣り合うか、またはそれ以上の男性を求めるから結婚が難しいんです。




No title
私の周りも、デジタル情報で選んで結婚したけど、うまく行っていない夫婦がいますね。女性は好条件に目がくらみやすいですが、それだけで結婚生活はうまくいかないですからね。そして離婚を言い出すのも、私の周りでは100%女性です。
だから今の婚活ブームのお見合いは危険ですよね。
昔のお見合いおばさんの紹介は、ちゃんと相性も考えてたっていいますけど今はデジタル情報だけですもんね。
女性の痛い部分です。みなさんのコメントも読み、わが身を振り返りました。
幸せな結婚がしたいですから…

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。