08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「俺様」な男性について

2011/08/31
前回の記事のコメントで、薫さんが書かれたことが興味深かったので
それについて、ちょっと書きます。
(薫さん、勝手に取り上げてごめんなさいね)

時々気が向いたら、こんなこともします。



あなたのお陰で幸せ、を、デートの1日で出来ても、人生を通じてできるかは、少し自信なしです(^_^;)。
一人の時間が長く、専門職についてしまうと、冒険&手作りの楽しさを覚えてしまいました…
でも、私を喜ばそうとする男性は、私からチャレンジや創意工夫を取り上げ(?)
全て用意してくれるのです。
私だって、それが多少ないと、相手を男性として受け入れられないのに、
自分の力が試せなかった…と思ってしまいます。
そして男性は、私を「女はそこまで働かなくていい」「俺の方がエラい」と、何かやる気を失わせます。
結婚したら、こういう日々の繰り返しでしょうか…
結婚とは、女性が男性を誉めて支えて、頼りにし、サポートするという事でしょうか。
自分に出来るか心配です…。



なるほどね~と思いました。

こんな男性もいますね。
デキる男性に多いんじゃないでしょうか。

デキるというか、男としての自分に自信のある男性、
もっと生物学的に言うと、テストステロン(男性ホルモン)の多い男性
といったところです。

この手の男性とペアでやっていくには、
薫さんのおっしゃるような役割を引き受ける必要があります。
といいますか、そういう女性でないと関係の維持が難しい。

薫さん側が、自分の気持ちを伝えて、話し合う、という方法もあります。
男性が、それなりの柔軟性があったり、薫さんのために譲歩する用意があれば
すり合わせていくこともできます。

夫婦が、あらかじめ同一の価値観を持っているというのは
普通ありえないことですので、
どんなカップルも、結婚生活を維持していくには、
そのような、すり合わせが必要なのです。

しかし、この手の男性、つまり「俺様のほうがエライ」という男性は
すり合わせが苦手で、基本、そう大きくは変わらないと思います。
こういうタイプの男性が好きな女性もたくさんいます。
(この手の男性は、社会的に成功していることも多いため)
こういう男性の扱いに慣れている女性もたくさんいます。


結局は、女性側の選択になります。

・こういう人なんだとこちらが適当に合わせるか
(この手の男性は単純な部分があるので、コツをつかむと意外と簡単だったり?)

・すり合わせていくか
(かなりの努力が必要でしょう)

・別のタイプの男性を選ぶか
(自然と配慮できる男性もいるものです)


ただし、結論として私の考えといいますと

何度か言っているように、「男尊女卑」の考えが強い男性との結婚は

いろいろと苦労が多いです。

これがゼロという男性はなかなか見つからないかもしれませんが

できるだけ、少ない人がいいですね。


男尊女卑でない男性に対しても、前回の記事のような対応で矛盾はないのですよ。

「親友に対するように」というヒントを思い出してください。

親友が疲れていたら励ますし、何かしてくれたら、心から感謝するでしょうし、
困っていたら何とか力になろうとするでしょう。

それは、親友に対して自分の地位が低いからですか?
違いますよね。


卑屈になれと言っているのではなく、

人間としての、最大限の思いやりを、ということです。

自分の愛する人なんですから、本来は、簡単なことなはずなんです。


クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
22:43 婚活 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
ありがとうございました
こんばんは。コメントを取り上げて頂き、嬉しく思っております。ありがとうございました。

そうでしたか…彼は、「テストステロンが強い」男性だったのですね。今のお見合い相手です。

彼とは、性格や、生活スタイルが余り合わないような気がして、「早く止めないと…」と思うのですが、男性として魅力があり、自分から断れません(涙)。

率直に言うと、触れたい男性ですね。クラッとします。

しかし、何か重苦しいです(^_^;)。私は少し、中性的な女性なのです。

やや放置ぎみなのに、あっちからは切ってきません。私が挨拶メールを送ると、そこで「会おうか」と一応誘ってくれます。

関係性の主導権は、一切渡されていません。

でも、昇進を誉めたり、「どっか連れて行ってオネガイ」というと、途端に俊敏になり、高い食事をおごってくれたり、素敵な細やかなデートにご招待してくれます。

そしてまた放置…

彼はもっと、女性らしい女性に沢山甘えられて、誉められるべき男性だと思います。

最初は腰が低かったので気づきませんでしたが、徐々に俺様?な感じを醸し出してきました。

男性から断るのは、このタイプの人には難しい事なのかも…私から、相手を立てつつ、綺麗に去るべきかなと思う昨今です。

話のあう、気楽な草食男子と結婚すべきでしょうが、今度はセクシャルな面でアウトとなる事が多いです…。

何か、悩みは尽きないです。長々と済みません。ありがとうございました。
気の合う草食男子
分かります。クラッとくる感じ。同時に、共に生活できる相手ではない、冒険心を奪われる感じ。

アラフォーの私は草食男子?と結婚しました。独身時代と何も変わらない時間を過ごす事が出来ています。なのに、いわゆる『デキル男』を求めた方が良かった?と自問自答します。答えはいつも『デキル男に育てればいい』ですが。結局人は無い物ねだりですね。
まさに・・・
今お付き合いしている方は、「俺様」な人。
恋人ならまだ逃げ道あるけど、結婚して共に生活するとなると息が詰まります。
これがDV(言葉やモラルの)に発展してしまうかも?と思ったりします。やはり結婚相手は楽で安心できる人がいいですよね?

40過ぎてビジュアルも良く、こんな条件の良い方とはもう出会えないと、なかなか別れを決断できなかったけど。
価値観の押しつけ、、、もう、疲れました。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。