08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

教育

2011/11/30
とある50代女性の台詞です。


「子供の頃、当たり前のように男女差なく勉強して、

大きくなったら、男女差なく当たり前のように大学に行ったり就職したりしてたのに

20代30代になった途端、お金持ちやエリートと結婚して専業主婦になるのが

女性の一番の勝ち組のようになってしまう。

だったら、女に今のような教育なんかいらないじゃない。

子供の頃から、良妻賢母になる教育をすればいいじゃない。

女も男と同じように教育するのって、社会の欺瞞だわ。

大人になって、役立たない教育なんて何の意味もない。

女性が、一生懸命勉強したって、何の意味もない。


・・・・と思っていた。30代までは。

だけど、女の人生にはさらに先があると、気づいた。

40代50代になると、そのような勝ち組女性のその後が見えてくる。

最低の夫でも、経済的に自立できないから離婚できない女性

家庭生活だけに閉じ込められて、息苦しい思いをしている女性

離婚したものの、まともな仕事もなく路頭に迷う女性

そんな人の生活が見えてくる。


結婚しても出産しても、仕事を続けるという意欲を持ってきたこと

そのための能力と技術を培ってきたこと

そしてそれは子供の頃の勉強から続いていたこと

それによって、経済的な安定と、もっと大事な精神的安定があること

それに気づいた。


子供の頃からの、男女平等の教育は決して無駄でもないし

間違ってもいないということに、

この年になってやっと気づいた」




そんなお話、されてました。

いろいろ考えさせられますね。


教育は、女性にも最大限のチャンスを与えようとするものです。

そこからなにを選択するのかは、それぞれに任せられています。


いろんな考え方があるでしょうが、メンタルヘルス的に言うと、

まずは、自分が選択したものを否定しないことが、大切です。

どんな立場であれ、自分の選択はこれでよかったと思って

自分の生活に意味を見出せば、楽になり

それ以外の選択をした人を羨ましがったり見下したりしなくてよくなります。


ただ、ここは結婚した人というよりも、結婚前の人へのブログなので

結婚に人生のすべての勝負をかけるということのリスクについては

これからも書いていくつもりです。



クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
20:11 結婚生活 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは。
いつも心の拠り所のようにして、拝見しております。
特にこの数ヶ月、ストレスで気持ちが不安定になっています。
今は結婚相手を見つけるどころか、ごく普通の人間関係すらまともに築けないのではないかと…
でもあまり自分を追い詰めないようにしたいです。

変なコメントですみません。
人生の選択
難しいですよね。

手に職をつけようと思えば、結婚が後回しになり、結婚を優先させれば、自力で食べて生きづらくなる・・・。
女性に対して、安定した職場が少ない昨今ですが、結婚して子供を産むのが一番のセーフティネットのような気がします。

なので、私も大学を出ましたが、「何のために勉強したのか」と、最近日々思っております。(兄弟が結婚した人は、二人とも短大卒だった為。今は専業主婦で子供がいて・・・と幸せそう)

資格職ですが、会社が小さく、大学を出ていなくてもOKな会社なので・・・。

しかし、過去を振り返ると、頑固めな性格上、「普通のOLは私はあんまり向いてないのでは?」「資格を取って○○士、という肩書きを持ちたい」と内心思った中学時代がありました。

友人には「恋愛ってうつろうものやんか。そういうのって不安定で嫌。だから私はうつろわない仕事に生きがいを見出すよ」なんて語っていた思い出が・・・

(友人は「うつろっても、気持ちの問題やから。思い出が残るから・・・」なんて大人でした。私は「そんな不安なものには耐えられない。人生賭けれない」と思いました。)

お嫁さんコースは向かないと、幼少のみぎりから感じていたのでしょうか(笑)。

でも、お嫁さんコースを狙っても、果たしてめでたく結婚できていたかは謎なので、資格が取れてよかったなぁと思うべきなのかもしれないですね。

長文失礼しました。
No title
いつも拝見していたのですが、はじめて書き込みます。まだ、学生時代何のため勉強したのか、と言える方は幸せだと思います。

私は小さいころは成績のいい子だったのに、女の子は勉強やお金のことなど考えずに好きなことをしなさい、というわけのわからないプレッシャーに負け、「好きなこと」もよくわからにまま、ふわふわした文系の学部で勉強せずに過ごし、とくに資格も何もいらない小売業の会社から社会人生活をスタートしました。その後、仕事に納得がいかないまま何度か転職して20年、いまだ確固とした実績もなく、しかも悲しいことに結婚もしていない!という有様です。

ま、今からでも遅くないと、今ついている仕事関係の勉強を3年くらい前から真剣に始めました。やってみると楽しく、この勉強は何らかの形で仕事に生きるでしょうが、しかし、20代でその分野の関連する資格をとった人のような経験を自動的に会社からさせてもらえるわけではないだろうということもわかっています。

若い人で勉強が嫌いではない人はとりあえず勉強しとけばいいのではないか、とも思います。やってみたことへの後悔は少ないでしょうから。
エリートじゃなくても結婚と仕事との両立が理想です
心のなかの言葉にならないもやもやとした疑問を文章で分かりやすく解説していただき、記事にすっきりさせていただくことがとても多いです。
いつもありがとうございます。

とある50代女性の台詞の前半部分とそのまま同じことを漠然と考えていた30代女です。
それまでの人生でコツコツ積み上げてきた勉強や経験や努力よりも、一発逆転で手に入る(?)結婚生活のほうに価値があるように言われるのって何だかなーと。
世間で言われがちな「女性の一番の勝ち組」になることこそがすべて!と考える人はさすがに少ないでしょうが、それが女性にとって一番の幸せなんだろうなと考える人はまだまだ老若いっぱいいますよね。親からそう言い聞かせられて育ったせいもあり、結婚をしていない「負け組」である自分もまたその価値観を持つ一人で。

しかし後半部分を読んで、ちょっと嬉しくなりました。このような考え方もあるのですね。さすが人生の先輩。
大学まで出してもらった知識が生かされているかというと疑問が大有りな、小さな会社の資格職でもない単なる事務ですが、引き続きまじめにがんばっていっちゃおうかとちょっと思えました。

もう少し自分の「負け組」選択に自信を持てるようになりたいです。そして、もう少しだけ自分を褒めてあげたいです。ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。